美しい時計

SIHH2018 ジュネーブサロン・レポート
ボーム&メルシエ

2018.02.19

新作時計の初春到来を高らかに告げる恒例の「SIHH(ジュネーブサロン)」が1月15日から19日まで開催された。昨年は毎年3月に実施される「バーゼルワールド」からジラール・ペルゴとユリス・ナルダンが移行。今年もエルメスが新しく参加したほか、カレ(Carré des Horlogers)と呼ばれる特設会場に17ブランドが出展。大型パビリオンを構える18ブランドと合わせて、過去最多となる35ブランドが競演した。ラグジュアリーな雰囲気の中で静かな熱気が漂う会場で発表された新作から、魅力的なモデルを紹介していこう。

5日間ロングパワーの自社開発自動巻きムーブメントを「クリフトン」に搭載

リーズナブルな価格帯の高級機械式時計を展開してきたボーム&メルシエが、自動巻きムーブメントを初めて自社開発した。ムーブメントメーカーのヴァルフルリエとリシュモン開発チームとの協力体制によって、数年がかりで完成した「ボーマティックBM12-1975A」だ。

時計の心臓部であり、精度に直結する調速脱進機構にシリコン素材を導入していることが際立った特徴。シリコンは耐磁性や耐食性に優れており、通常の合金に比べて3分の1という軽量にもかかわらず高硬度で摩擦に強いため、機械式時計には不可欠な潤滑油が僅かで済むという利点がある。こうしたシリコンの特性を活用した独自設計の脱進機構などによって、「耐磁性」「精度」「耐久性」「永続性」の4点に優れたムーブメントが誕生したという。

ユーザーにとっては、120時間=約5日間というロングパワーリザーブが特に注目できるだろう。一般的な機械式ムーブメントは完全に巻き挙げた状態で放置すると、50時間前後で停止する。たとえば金曜日夜に時計を腕から外してそのままなら、月曜朝には巻き上げて時間などを合わせなければならないが、「ボーマティック」は動き続けているので、そうした手間は不要。他の腕時計につけ替える場合も同様で、パワーリザーブの「5日間」さえ意識していれば、不用意に停めてしまうことがないわけだ。

この自社開発ムーブメントが搭載されたのは、5年前に発売されたコレクションの「クリフトン」。センター3針にバーインデックスというオーセンティックなスタイルだが、都会的でエレガントなデザインにブラッシュアップされており、ファッションやシチュエーションを選ばないので、ビジネスからオフタイムまで含めたデイリーユースとして長く愛用できる。

価格は税抜きで29万円から。5日間のロングパワーリザーブというハイスペックを考慮すれば、かなり魅力的なグッドプライスといえる。

また、ボーム&メルシエは1830年に創業したスイスでも老舗の時計ブランドであり、今年は日本に上陸して50周年となる。これを記念して、人気のクロノグラフコレクション「ケープランド」から、日本限定130本の特別モデルが登場した。ダイヤルとアリゲーターストラップの配色をホワイトとブルーで統一した爽快感のあるカラーリングが特長だ。

  • 写真・図版
    「クリフトンM0A10398」。自動巻き(自社開発「ボーマティックBM12-1975A」)、パワーリザーブ120時間(5日間)、ケースはステンレススチール、直径40㎜、厚さ10.3㎜、50m防水、\290,000 (税抜き予価)、4月発売予定。
  • 写真・図版
    「ボーム&メルシエ日本上陸50周年記念モデル」。ベースモデルは「ケープランド」。自動巻き、ケースはステンレススチール、直径42㎜、厚さ14.9㎜、\460,000(税抜き)、日本限定130本。

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

問/ボーム&メルシエ 03-4461-8030

プロフィル
笠木恵司(かさき けいじ)
時計ジャーナリスト。1990年代半ばからスイスのジュネーブ、バーゼルで開催される国際時計展示会を取材してきた。時計工房や職人、ブランドCEOなどのインタビュー経験も豊富。共著として『腕時計雑学ノート』(ダイヤモンド社)。

シェアする

あなたへのおすすめ