旬のおすすめ

今年の春も、ジャパンスーツ。
第1回 五大陸

2018.03.05

春になると、どうにもスーツを新調したくなる。新年度のはじまりに、気持ちだけでなく装いも新たにしたくなるのだろう。春は自らを顧みる季節。今一度、自分のスーツへの美学を確認したくなり、ふとジャパンスーツに手を伸ばす。
第1回は、多様なスタイルを日本の美意識で解釈する、五大陸。

英国のテーラリング哲学をベースに、フランスやイタリア、アメリカなど、多様なスタイルからエッセンスを抽出。それらを、日本のフィルターを通して解釈する五大陸からリリースされたこのスーツは、さしずめイタリア的エレガントを、日本の実用に馴染ませた1着といったところだ。

今シーズン提案するキーワードのひとつに、機能性を挙げる同ブランド。あくまでドレスの流儀から逸脱することなく、リアルな日本のビジネスマンに向けたスーツを作り出す。このスーツでは、生地選びにそれを見ることができる。

採用するのは、ドーメル社製のエクセル・ブルー。これは、ウール100%と天然素材にこだわりながらも、一般的なウールの2倍以上の伸縮性を備える新しい生地だ。また、仕立てにおいても柔らかく通気性があり、従来のセミ毛芯と比べて30%も軽量化を果たしたメッシュ毛芯を新たに開発。エクセル・ブルーとの組み合わせにより、美しいネイビーの発色と滑らかな表面感から漂うエレガントな雰囲気と、日々の着用で求められる快適性の両立を果たしたのだ。

五大陸ならではの多様性の共存は、まさしくジャパンスーツに求められること、そのものなのだ。

写真・図版

白シャツにネイビーの小紋タイというベーシックなVゾーンも、上質な生地感が様に見せる。そのシャープなシルエットは、ストレッチ生地によるコンフォート感を悟らせない。スーツ¥89,000、シャツ¥11,000、タイ¥14,000、チーフ¥4,500/すべて五大陸(オンワード樫山 お客様相談室 03-5476-5811)、シューズ¥38,000(42ND ロイヤル ハイランド/42ND ロイヤル ハイランド 代官山 03-3477-7291)

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

第2回 ニューヨーカーはこちら→

Photograph:Hiroyuki Matsuzaki(INTO THE LIGHT)
Styling:Tomohiro Saitoh(GLOVE)
Hair & Make-UP:Ryo(COME HAIR)
Text:Masafumi Yasuoka(BEARD MAN)

シェアする

あなたへのおすすめ