旬のおすすめ

伊勢丹新宿店 メンズ館のスタッフが推す、いま買うべき男の名品。
第4回/革靴編

2017.08.24

写真・図版

伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴
高橋健志さん

イギリス、イタリアの名門ブランドが充実している伊勢丹新宿店 メンズ館だが、最近では日本製やスペイン製もシェアを伸ばしている。高橋健志さんはその理由をこう語る。「やはりコストパフォーマンスですね。日本製の確かなつくり、スペイン製のイタリア靴とは違ったデザイン性など、商品としての魅力も秀でていると思います」

写真・図版

カルミナ
イタリアの影響を受けながら、英国的な仕様も採り入れているのがスペインの靴の特徴。このストレートチップも、かっちりとしたつくりとともに少しスリムなシルエットにすることでスタイリッシュなニュアンスを出している。底は縫い目が見えないヒドゥンチャネルを採用。靴の返りもよく、履きやすい。¥66,000

写真・図版

エスポアール
エスポアールの靴は、品質とデザイン性の高さに比べて手ごろな価格に定評がある。このモデルは縫い目がないホールカットでフォーマル度が高く、ビジネスシーンはもちろん、ドレッシーな装いの場にふさわしい。少しハードルの高さを感じるかもしれないが、このプライスならトライしやすいのでは。¥34,000

写真・図版

オーツカ シンス1872
底の貼り換えができるグッドイヤーウェルト製法を採用しており、長期にわたって愛用できることを考えれば、このプライスはお得といえるだろう。創業1世紀半近くの歴史を有しつつ、最近のトレンドを反映したダブルモンクストラップのデザインが進化する老舗の底力を感じさせる。¥36,000

写真・図版

マグナーニ
陰影のあるパティーヌを施したウイングチップ。表面が微妙なニュアンスのある革の質感、ノーズが長い細身のシルエット、内側まで大きく切れ込むメダリオンの意匠など、シルエットとディテールにスペインならではのつやを感じさせる。着こなしの基本を押さえた大人にこそふさわしい一足。¥66,000

写真・図版

クロケット&ジョーンズ
スエードにゴム底のタッセルローファーも、英国を代表するシューブランドが手がければどこか気品が漂う。スーツはともかく、ビジネスカジュアルでのジャケットスタイルには十分コーディネート可能だろう。もちろん製法はグッドイヤーウェルト。長く愛用できることは請け合いだ。¥79,000

問/伊勢丹新宿店 03-3352-1111
掲載した商品はすべて税抜き価格になります。

←第3回 ベルト&ブレイシーズ編

 第5回 ビジネスバッグ編→

Photograph: Takao Ohta(T8)
Styling: Tomohiro Saitoh(GLOVE)
Text: Mitsuhide Sako(KATANA)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    5シルエットの機能素材!
    ニューバランスのアパレルライン
    「MET24」からデニムパンツが登場。

    カジュアルウェア

    2021.04.26

  2. 写真・図版

    いまさら…な人のためのゴルフ入門
    GEAR 005名門ブランドの本気
    [先輩ゴルファーも認める ウエア&グッズを選ぶ。]

    カジュアルウェア

    2021.05.06

  3. 写真・図版

    宇垣美里が「時代」になる。[前編]

    特別インタビュー

    2021.05.07

  4. 写真・図版

    都心には「母屋」、別荘は「離れ」という
    しあわせな関係。
    【ニューノーマル時代の別荘探訪。】

    週末の過ごし方

    2021.04.27

  5. 写真・図版

    「母の日」に感謝の気持ちを伝えよう!
    贈り物にふさわしいブルガリの
    厳選されたギフトコレクション。

    小物

    2021.05.06

紳士の雑学

調べ・見立て