紳士の雑学

社内プレゼンテーションを乗り越える必勝Vゾーン

2017.09.13

スーツスタイルの要となるVゾーン。コーディネートの印象は、スーツ、タイ、シャツの組み合わせによって大きな差が出る。今回の企画では5着のスーツとともに、スタイリッシュなVゾーンの合わせ方を20日間にわたって披露。同時にやってはいけないNG例も紹介しつつスーツの着こなしテクニックを磨く。

社内プレゼンがある大事な日は自分の気持ちを引き締めて、なおかつ上司に説得力を与える着こなしがポイントになる。とはいえ、気合が入りすぎて過剰なスタイリングになってしまうと、かえって悪いイメージを与えかねないので、適度に印象に残る着こなしを心がけたい。

写真・図版
スーツ¥150,000(マッキントッシュ ロンドン/SANYO SHOKAI 0120-340-460<カスタマーサポート>)クレリックシャツ¥14,000(ドレステリア/ドレステリア 銀座店 03-6274-6217)ネクタイ¥15,000(ポール・スチュアート/SANYO SHOKAI 0120-340-460<カスタマーサポート>)

グレーのストライプスーツはシャープで落ち着いたイメージで、どこか頼りがいを感じる。タイはグリーンを基調にいくつかの色が入ったストライプを選び、相手の印象に残るように意識。
ここでポイントになるのが合わせるシャツだ。白いブロード地のシャツだと、タイとのコントラストがつきすぎてしまうし、サックスだとなじみすぎて印象に残らない。そんなときには、クレリックシャツを合わせるのがベスト。タイの主張が上手に引き立ち、バランスのいい着こなしになる。

間違えやすいNG例

写真・図版

ただし、アクセサリーを使ってタイの主張を強調するのはよくない。冒頭にも書いたように過剰なスタイリングになってしまうからだ。ネクタイだけでも十分な主張があるので、コテコテの着こなしにならないように注意しよう。

掲載した商品はすべて税抜き価格になります。

Photograph:Sunao Ohmori
Styling:Masahiro Tochigi
Text:Yuichiro Tsuji

SHARE

写真・図版

社内プレゼンテーションを乗り越える必勝Vゾーン

シェアする
Hatena Bookmark

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッション トレンド スナップ8「イタリアでアメカジが流行中!?」

    旬のおすすめ

    2017.08.28

  2. 写真・図版

    メルセデス・ベンツCクラス カブリオレは高級なだけのオープンか?

    旅と暮らし

    2017.08.31

  3. 写真・図版

    大人の余裕を感じさせる色気のあるドライブスタイル

    旬のおすすめ

    2017.09.15

  4. 写真・図版

    同僚からの信頼を獲得する有能なVゾーン

    紳士の雑学

    2017.09.12

  5. 写真・図版

    『スター・ウォーズ』ファン注目! 人気キャラクターのクリスタル・オブジェが登場

    旬のおすすめ

    2017.09.13

紳士の雑学

調べ・見立て