旬のおすすめ

ジョルジオ アルマーニで、これが欲しい。
男性美と寛ぎを両立させたベルベットジャケット

2017.10.12

写真・図版

着る人のエレガンスを引き出す服、特に男性美を際立たせる服の作り手という意味において屈指の存在であるジョルジオ アルマーニ。彼が、自身のブランドを興したのは1975年。

「確かな素材」「美的なシルエット」「最高の着心地」といった要素を完璧に備えたアルマーニのウエアは、デビュー当時から高く評価されていた。さらに1980年公開の映画『アメリカンジゴロ』で手がけた衣装が出演者から絶賛され、それを機に名声は世界的なものへと広がった。以来、モードの帝王として現在まで、シーンをリードする偉大なデザイナーとして君臨している。

写真の新作ジャケットは、まさにザ・アルマーニと言えるエッセンスを取り込んだ注目の一着。コーデュロイを彷彿とさせる起毛素材は、筋目がポイントのベルベット。シルク混紡ゆえのエレガントな光沢感と、歩くたびに揺れるドレープがアルマーニらしさを物語る。芯地を排した完全アンコン仕立てにより、カーディガンのような軽い着心地が楽しめるところもポイントだ。

昨今はオフタイムの上着として、廉価なジャージージャケットに関心を寄せる人も多いが、オフのリラックスウエアこそ吟味を尽くすべき。ジョルジオ アルマーニのこの一着ならば、決して“緩いだけのルックス”に陥らず、くつろいで見えながら男性美が匂い立つ装いになること保証しよう。

<写真>
ベルベットはジョルジオ アルマーニ本人もお気に入りの素材。筋目入りのベルベット素材は、コーデュロイにも似たくつろぎ感を放つのがポイント。フロントを開けて着てもルーズに見えないダブルブレスト型も、同ブランドらしい計算された仕立て。¥270,000/ジョルジオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070)

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

Photograph:Tetsuya Niikura(SIGNO)
Styling:Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Text:Tsuyoshi Hasegawa (04)

SHARE

写真・図版

ジョルジオ アルマーニで、これが欲しい。
男性美と寛ぎを両立させたベルベットジャケット

シェアする
Hatena Bookmark

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    スーツにハイソックスを履いていないことは恥であると知るべし
    [男の服飾モノ語り]

    紳士の雑学

    2017.12.01

  2. 写真・図版

    ダウンベストを着こなすときに気にするべき2つのポイント。

    旬のおすすめ

    2017.11.02

  3. 写真・図版

    モンクレールで、これが欲しい。
    一着で二度美味しいダウンセーター

    旬のおすすめ

    2017.11.17

  4. 写真・図版

    メルセデス初のクロスオーバーモデルは、
    都会人のジレンマを払拭するか?

    旅と暮らし

    2017.12.01

  5. 写真・図版

    プロゴルファー・堀 琴音、束の間の素顔 #1
    [美女スナップ]

    旅と暮らし

    2017.12.04

紳士の雑学

調べ・見立て