旬のおすすめ

ラルフ ローレンで、男の“聖域”を遊ぶ。

2017.10.30

写真・図版
左と中は各¥2,500、右は2足セットで¥2,100/すべてポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン0120-3274-20)

靴下こそは男性ファッションに残された、自由が許される数少ないアイテムだ。
そもそも、大人の男性のおしゃれほどさじ加減が難しいものもなく、スーツスタイルでは個性を採り入れることがほぼご法度であり、オフのカジュアルスタイルにおいても、昨今はスタンダードかつさっぱりした装いがよしとされている。

ただ唯一、パンツの裾でほぼ覆われながら、足もとということもあって視線が届きにくい靴下だけが、装う人の主義主張を存分に込められる“聖域”として残されているのである。

そのことが関係あるのかないのか、英国の老紳士がネクタイを締めるようなシックな装いの足もとに、真っ赤な靴下を合わせているところをしばしば見かけることがある。

そういった思わずハッとさせられる小粋なおしゃれを、日本のジェントルマンにも実践していただきたい。

今回紹介する靴下は、ベースのカラーこそオーセンティックであるが、足筒の部分にかわいらしい熊のキャラクターを編み込んだラルフ ローレンの特別製。キャラクターの名前は「ポロベア」。かの有名なテディベアに発想を得て、ミスター・ローレンが独自のアレンジにて生みだした無垢(むく)なる熊のマスコットだ。

少しばかり子どもっぽい? いやいや彼は時折マティーニをたしなみつつ、誰よりも上手にトラッドスタイルを着こなす立派な紳士。それが証拠にピンストライプのスーツもネイビーブレザーも、非常に小粋に着こなしていることが、写真からも見て取れる。

いくら自由が許されているとはいえ、真っ赤な靴下ではちょっと気恥ずかしいときもあるだろう。しかしこの靴下ならそんな心配はまったく不要だ。なぜなら脚を組むような姿を見せられる相手にしか、このおしゃれな熊は姿を現すことがないのだから。

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

Photograph:Fumito Shibasaki(DONNA)
Styling:Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Text:Tsuyoshi Hasegawa (04)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    1億円のコラボ作品も⋯⋯
    多才なアーティスト・三浦大地、
    自身初の個展を伊勢丹新宿店で開催中。

    特別インタビュー

    2022.07.29

  2. 写真・図版

    『TIME』誌で“世界一快適な靴”と称された、
    オールバーズのスニーカー

    2022.08.01

  3. 写真・図版

    井桁弘恵さんと巡る、TOKYO写真探訪。
    第3回 ライカ銀座店

    週末の過ごし方

    2022.08.03

  4. 写真・図版

    天然成分で染め上げた優しい色合いが目を引く、
    コンバース オールスター

    2022.07.28

  5. 写真・図版

    「帝国ホテル」の黒毛和牛のローストビーフ
    自慢の手土産 #93

    週末の過ごし方

    2022.07.26

紳士の雑学