美しい時計

SIHH2018 ジュネーブサロン・レポート
パネライ

2018.02.09

写真・図版

新作時計の初春到来を高らかに告げる恒例の「SIHH(ジュネーブサロン)」が1月15日から19日まで開催された。昨年は毎年3月に実施される「バーゼルワールド」からジラール・ペルゴとユリス・ナルダンが移行。今年もエルメスが新しく参加したほか、カレ(Carré des Horlogers)と呼ばれる特設会場に17ブランドが出展。大型パビリオンを構える18ブランドと合わせて、過去最多となる35ブランドが競演した。ラグジュアリーな雰囲気の中で静かな熱気が漂う会場で発表された新作から、魅力的なモデルを紹介していこう。

「ルミノール ドゥエ」でスーツにもフィットする初の38㎜小径モデル

圧倒的なボリューム感を持つ大型スポーツ時計の先駆けとなったのは1993年に発表されたパネライの「ルミノール」だが、今年の新作では薄型・小型化のトレンドを的確に反映。同ブランド史上で初となる、ケース径38㎜のモデルが登場した。

もともとパネライでは、2016年にマイクロローターによって厚みを抑えた自動巻きムーブメントを自社開発。これを搭載した「ルミノール ドゥエ」のケース厚は10.7㎜であり、それまでに比べて40%も薄く軽量化された。ただし、ケース径は最小でも42㎜に留まっていたが、今年のSIHHで初めて男女を問わない小径の38㎜モデルが追加されたことになる。ケースは僅かに厚くなって11.2㎜。

この「ルミノール」は、イタリア海軍特殊潜水部隊が標準装備していたダイバーズウォッチがルーツ。にもかかわらず、ミリタリーとはとても思えない優美な曲面で構成されたクッションケースに丸型のダイヤルなど、エレガントなフォルムと個性的なデザインで人気を高めてきた。新作の「ルミノール ドゥエ」は、リューズを衝撃や誤動作から保護するレバー式プロテクターも含めて、パネライのアイデンティティを継承。スタンダードである3日間巻きのロングパワーリザーブも備えており、実用性も高い。腕の細い男性や女性に似合うだけなく、スーツの袖にも無理なくフィットする。ビジネスユースも可能になったことが、最も嬉しい変化かもしれない。

ちなみに、「ドゥエ」とはイタリア語で「2」の意味。パネライの真髄をスタイリッシュにブラッシュアップした「第2章」の本格的な展開が始まったといえそうだ。

  • 写真・図版
    「ルミノール ドゥエ スリーデイズ オートマティック アッチャイオ−38㎜」PAM903。自動巻き(キャリバーOPⅩⅩⅩⅣ)、パワーリザーブ約3日間、ケースはステンレススチール、直径38㎜、3気圧防水、\670,000(税抜き予価)、6月下旬発売予定。
  • 写真・図版
    「ルミノール ドゥエ スリーデイズ オートマティック オロロッソ−38㎜」PAM908。自動巻き(キャリバーOPⅩⅩⅩⅣ)、パワーリザーブ約3日間、ケースは18Kレッドゴールド、直径38㎜、3気圧防水、\1,730,000(税抜き予価)、6月下旬発売予定。

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

問/オフィチーネ パネライ Tel.0120-18-7110

プロフィル
笠木恵司(かさき けいじ)
時計ジャーナリスト。1990年代半ばからスイスのジュネーブ、バーゼルで開催される国際時計展示会を取材してきた。時計工房や職人、ブランドCEOなどのインタビュー経験も豊富。共著として『腕時計雑学ノート』(ダイヤモンド社)。

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    モンクレールで、これが欲しい。
    一着で二度美味しいダウンセーター

    旬のおすすめ

    2017.11.17

  2. 写真・図版

    スーツにハイソックスを履いていないことは恥であると知るべし
    [男の服飾モノ語り]

    紳士の雑学

    2017.12.01

  3. 写真・図版

    知っておきたい、コートのディテール
    [トレンチコート]

    紳士の雑学

    2018.02.07

  4. 写真・図版

    バーバリーで、これが欲しい。
    より着やすく進化した英国老舗の本格コート

    旬のおすすめ

    2017.10.10

  5. 写真・図版

    ダウンベストを着こなすときに気にするべき2つのポイント。

    旬のおすすめ

    2017.11.02

紳士の雑学

調べ・見立て