旅と暮らし

プライベートジェットで通う常連客も!
極上の赤身肉を味わう
[部長の名店]

2018.06.27

写真・図版
幻の宮崎県産「尾崎牛」をはじめ、九州から北海道まで肉の“旬”を追いかけて仕入れる。この日はすべて山形牛の「お刺身盛り合わせ」(2人前)。トモ三角、亀の甲、ランプなど赤身のさまざまな部位を使う。山かけ、握りなど和のアプローチのものからおなじみのユッケまで。貝柱と合わせたり、イクラ丼に仕立てたり、海鮮との相性も抜群だ。

接待、歓送迎会、家族の記念日に使うハレの店なら、部長に聞こう。今日は自分においしいランチを奢(おご)りたい、そんな日も部長に聞こう。そっと会社の近くのいい店を教えてくれるはずだから。

さまざまな企業で働く部長たちに聞いた「名店」をご紹介します。

IT企業のエグゼクティブには肉好きが多いと聞く。だからおいしい店の情報は常に飛び交うけれども、会話も楽しめる落ち着いた雰囲気の店というのは案外少ない。そのなかで個室(全9室。2〜8名まで)のみのここは「会食にも使えるからうれしい」と部長。

写真・図版

健康志向から赤身ブームの昨今だが、部長は上質なものを生で味わうのが好みだ。コース(1万〜2万円)はいずれも赤身中心で刺身、ユッケを堪能できるほか、やわらかな厚切りのタン、ハラミも人気。スペシャリテの「けんしろう焼き」(写真。「特選膳コース」)は希少部位のシャトーブリアンを低温調理し、桜チップの香りをまとわせた一品。漂うスモークに思わず動画に収める人も多いとか。

写真・図版

この春、新料理長が就任。先月から始まった「おまかせ」では自らテーブルに出向きヒアリング。常連でなくともわがままを聞いてもらえる粋なサービスだ。若いスタッフのつかず離れずの距離感も心地よく、また来たいとの思いを新たにする。

<<東京の日本料理の代名詞のひとつで和食の概念を変える

  アメリカンスタイルのボリューム満点サンド変わらぬ味を楽しむ>>

Photograph:Reiko Masutani
Text:Sachiko Ikeno, Akane Matsumoto

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    忙しいビジネスマンのほったらかし投資術講座
    Vol.1 ほったらかし投資のススメ

    紳士の雑学

    2019.02.06

  2. 写真・図版

    コーチの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.29

  3. 写真・図版

    フルラの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.28

  4. 写真・図版

    これで差がつく! スーツを綺麗に保つブラシがけの方法とブラシの選び方

    紳士の雑学

    2019.02.06

  5. 写真・図版

    ハードなライダースジャケットは小物使いが着こなしのカギ

    旬のおすすめ

    2019.02.08

紳士の雑学

調べ・見立て