旬のおすすめ

サルヴァトーレ フェラガモのローファーに潜む2つの顔

2018.07.11

写真・図版

多様性への寛容こそが社会に必要とされるものである……。少し例えが飛躍しすぎた感も否めないが、社会には周りと違う人が居てもいいように、ファッションだって時にはルールを逸脱していろいろな着用法を試せたら楽しい。近年よく見るアウターを内側に差してレイヤードを楽しむスタイルなんて、その最たる例。でもそんな高度なテクニックがなくても、ひとつのアイテムで違う表情が楽しめたら便利だ。フェラガモの一足にはそれをかなえてくれる小粋なアイデアが隠されている。

柔らかなカーフスキンを採用した、フェラガモらしい優美なシルエットのローファー。ブランドの象徴ともいえるガンチーニの意匠をビットに使うことで、エレガントなたたずまいに個性を加えた。そのガンチーニビットはゴールドとシルバーのリバーシブル仕様で、装いに合わせた表情の変化を楽しめる。

¥85,000/サルヴァトーレ フェラガモ(フェラガモ・ジャパン 0120-202-170

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

<<ディオール オムが描く鮮やかなカラーパレット

  トム フォードで、大人の時計遊戯を>>

Photograph:Yoshinori Eto
Styling:Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Text:Tetsuya Sato

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    知っておきたい!靴ひもの結び方

    紳士の雑学

    2018.11.07

  2. 写真・図版

    ワンランク上の紳士たちよ、
    デルタのビジネスクラスで上質なフライトを!

    旅と暮らし

    2018.11.14

  3. 写真・図版

    アポはキャンセル、名刺は破られ……
    サムライインキュベート代表取締役 榊原氏インタビュー[後編]

    紳士の雑学

    2018.11.13

  4. 写真・図版

    銀座の眺望とともに極上の腕時計の数々を。

    美しい時計

    2018.11.15

  5. 写真・図版

    すべて実食! 自慢の手土産。#7
    「廣尾 瓢月堂」の六瓢息災

    旅と暮らし

    2018.11.12

紳士の雑学

調べ・見立て