旅と暮らし

味、質、量、値段、すべてに満足度が高い
クラシカルなフレンチ[部長の名店]
レストラン シャルム

2018.10.10

写真・図版
ディナーは2種のアミューズ+前菜+魚料理+肉料理+デザート+お茶の『ディナーコース』(7000円)、2種のアミューズ+前菜+メイン料理の『プリフィクスコース』は『A』がデザート付き(5800円)、『B』はデザートなし(5000円)。食材などをリクエストできる『オーダーメイドディナーコース』(1万円)も。写真は「タスマニア産仔羊のロースト 季節野菜を添えて」。

接待、歓送迎会、家族の記念日に使うハレの店なら、部長に聞こう。今日は自分においしいランチを奢(おご)りたい、そんな日も部長に聞こう。そっと会社の近くのいい店を教えてくれるはずだから。

さまざまな企業で働く部長たちに聞いた「名店」をご紹介します。

白を基調にした店内は明るく爽やかで、それだけでハレ感がある。整ったテーブルセッティング、エレガントなスタッフ、それでいて堅苦しい空気はなく、共にする相手が誰であっても、失礼のない時間を過ごせる〝予感〞がいい。

写真・図版

料理は非常にオーセンティック。オリジナリティーに流れるフレンチが目立つなか、正統派フレンチは逆に新しく感じる。フランス料理の入り口として訪ねるのはもちろん、フレンチに慣れた人も「クラシックはいい」と実感するはずだ。

シェフの宮地澄人氏は仏・リヨンの三つ星レストラン、二つ星レストランで研鑽を積み、東京・代官山の老舗で料理長として活躍した人物。味はしっかりめ、「熱い料理は熱いまま、冷たい料理は冷たく」と料理の基本に忠実だ。

写真・図版
「鴨肉のコンソメジュレとトウモロコシのムース 生ウニ添え」

特筆すべきはこのボリューム! 小さな皿が並ぶイメージもあるフレンチだが、シェフはかつて感じたフランスならではのサイズ感を表現。ひと皿食すたびに料理についての会話が膨らむ。それもまた、ハレの食事の大切な要素だ。

<<伝統を継承しつつ、独創的にアレンジした江戸前寿司の名店

  大山鶏と9種類の濃厚スープを味わう新感覚ラーメン>>

Photograph:Reiko Masutani
Text:Sachiko Ikeno

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    SIHH2019 ジュネーブサロン・リポート
    IWC

    美しい時計

    2019.02.15

  2. 写真・図版

    コーチの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.29

  3. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ36
    スーツの着こなしに異変あり!?
    ピッティもカジュアル化が止まらない!?

    旬のおすすめ

    2019.02.14

  4. 写真・図版

    フルラの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.28

  5. 写真・図版

    コクがあるのに爽やか、アンチョビとオリーブのとろとろマッシュポテト
    [長尾智子 料理の歳時記]

    旅と暮らし

    2019.02.14

紳士の雑学

調べ・見立て