旅と暮らし

すべて実食! 自慢の手土産。#10
「ヴォアラ」のシュトーレン

2018.12.03

写真・図版

慌ただしい年末に豊かな時間を贈る、ヨーロッパ伝統のお菓子。

12月に入り、今年も残りわずか、華やぐクリスマスシーズンも目前だ。こんな心ときめくシーズンには季節感を添えた手土産をセレクトしたい。そこでオススメしたいのが、焼き菓子の「シュトーレン」だ。この時期に多くの菓子店が販売を開始するが、白い砂糖をまとった外見は似ていても味わいは多種多様。ひとつひとつが個性豊かでオリジナリティーあふれるお菓子なのだ。

筆者の一押しは、オープンして33年、世田谷の名店「ヴォアラ」のシュトーレンだ。フランス菓子界の草分けと言われる、先代の棟田純一シェフの味を受け継ぐ、2代目棟田直樹シェフのシュトーレンも相変わらずの絶品。たっぷりとお酒を利かせた大人向けのものを出す店が多いなか、ヴォアラは家族みんなで楽しめる優しい味を目指す。そこには33年もの間、地域の人たちに愛されてきた店の特別な思いが詰まっているのだ。

例えば、なくてはならないラム酒漬けのレーズンも、ここではキャラメルで煮たものを使う。そこにたっぷりのクルミ、松の実、国産オレンジピールなどが入る。もうひとつ、桃のコンフィを加えるのがヴォアラ流。生地に溶け込み、一見入っていることすらわからないが、独特の風味とほんのりとした甘みをプラスしている。使用するエピス(ミックススパイス)とも好相性で、いまではなくてはならない材料のひとつなのだそう。

表面に刷毛で塗ることの多いバターも、ヴォアラでは焼き上ったケーキをグツグツの溶かしバターに漬けて、じっくりと染み込ませる。筆者のお気に入りの理由のひとつがこのバターのコクとしっとり感。ひと口食べるとまた今年も食べられてよかったと、しみじみと幸せな気持ちにさせてくれるのだ。

ヨーロッパではクリスマス前の4週間のアドベント(待降節)の間、シュトーレンを少しずつスライスして食べながら、家族みんなでクリスマスを待つのが伝統だ。そんなのどかな12月を夢見ながらも、実際は山積みの仕事でヤマ場を迎えているビジネスパーソンたちには、優しい味わいのシュトーレンを手土産にして、慌ただしい師走にほっとできるようなひと時を贈りたい。

写真・図版

世田谷洋菓子店 ヴォアラ(VOILA
東京都世田谷区桜丘3-27-4
営業時間/9:0020:0011日~4日は短縮)
定休日/無休
価格/小1,480円、大2,360円 ※写真は大。価格は税込み
問/03-3706-6662
https://www.patisserie-saint-honre.com/

<<#9「サニーヒルズ」のパイナップルケーキ

  #11「鈴懸」の〇すず籠>>

Photograph:Hiroyuki Matsuzaki(INTO THE LIGHT)
Styling:Keiko Katanozaka
Edit & Text:Mayo Morino

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    SIHH2019 ジュネーブサロン・リポート
    IWC

    美しい時計

    2019.02.15

  2. 写真・図版

    コーチの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.29

  3. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ36
    スーツの着こなしに異変あり!?
    ピッティもカジュアル化が止まらない!?

    旬のおすすめ

    2019.02.14

  4. 写真・図版

    フルラの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.28

  5. 写真・図版

    コクがあるのに爽やか、アンチョビとオリーブのとろとろマッシュポテト
    [長尾智子 料理の歳時記]

    旅と暮らし

    2019.02.14

紳士の雑学

調べ・見立て