旬のおすすめ

職人かたぎの技術が細部に宿る、
トフ アンド ロードストーンのリュックサック

2018.12.07

写真・図版

ハンズフリーがもたらす柔軟な運動性。これがリュックサックの最大の利点だ。昨今、各メーカーはこの強みに注目し、スーツスタイルでの使用にたえるビジネスリュックの開発にこぞって名乗りを上げている。

2004年創立の純国産ブランド、トフ アンド ロードストーンの「ミモザゴート・バックパック」。ミモザゴートとは、使用されるオリジナル製法のレザーへの命名。ミモザの樹皮粉だけでなめしたやぎ革であることがその名の由来で、従来よりもはるかに軽くてやわらかいことが特筆される。またやぎ革の丈夫で傷つきにくい点も加味されるので、ナイロン素材のバッグのような扱いでも問題はない。また、ファスナーのつまみなど、使用される金具はすべてハンドメイドの真ちゅう製で、象徴的な意匠になっている。これら真ちゅうのパーツとやぎ革とが織り成す、経年による質感の深まりは大きな楽しみとなることだろう。

H40×W32×D13cm ¥46,000/トフ アンド ロードストーン(ティーアンドエル 03-6455-5520

掲載した商品は税抜き価格です。

<<マスターピースのビジネスリュック

  ブルックス イングランドのリュックサック>>

Photograph:Hiroyuki Matsuzaki(INTO THE LIGHT)
Styling:Tomonori Kobayashi
Text:Koki Nakasu

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    世界で恥をかく日本ルールの着こなし

    紳士の雑学

    2019.04.11

  2. 写真・図版

    3万円以内で買えるポーターのビジネスバッグ

    旬のおすすめ

    2019.05.13

  3. 写真・図版

    NHK連ドラ『まんぷく』女優の小川紗良、働き方が一変
    [MUSE]

    旅と暮らし

    2019.03.12

  4. 写真・図版

    3万円以内で買えるシーのビジネスバッグ

    旬のおすすめ

    2019.05.15

  5. 写真・図版

    すべて実食! 自慢の手土産。#24
    「九段一口坂 さかぐち」の京にしき

    旅と暮らし

    2019.05.13

紳士の雑学

調べ・見立て