旬のおすすめ

7つの視点で選ぶ。
男を格上げする「贅沢品」
視点4 育てる

2018.12.07

もう中途半端なものはいらないのではないか。身につけた自分が輝く姿を想像できるような特別なものにだけ惹(ひ)かれる。それは、現代の贅沢品。上質な素材がもたらす肌触りや優れた機能性による快適さなど、7つの視点でいま欲しいものをリストアップした。贅沢品を、自分を磨き上げるためのひとつの手段と考えれば、必要なものが見えてくるに違いない。手にすることで得られる高揚感、それは明日からの活力ともなる。

多忙な人ほど、最高の贅沢に〝時間〞を挙げる。それはある意味、モノにも当てはまる。使い込むほど味わいを増し、じっくりと時間をかけて〝育てた〞モノは、持ち主にとって掛け替えのない逸品となるからだ。流行のサイクルが速く、あっという間にモノが打ち捨てられてしまう現在。そんなエイジングが楽しめるモノと向き合った時間は、最高の贅沢である。

<HACKETT LONDONのスーツ>

写真・図版
スーツ¥150,000、ベスト¥35,000、シャツ¥26,000、タイ¥12,000/すべてハケット ロンドン(ハケット ロンドン 銀座 03-6264-5362

往年のハリウッドスターであるフレッド・アステアは新品のスーツを壁に何度も打ちつけ、味を出してから着用したという。希代のしゃれ者だった彼らしい逸話だが、ハケット ロンドンのスーツは、そんなアステアがこだわったスーツの楽しみ方が味わえる一着だ。フランネルの代名詞である英国フォックス・ブラザーズ社の丈夫な肉厚フランネルを使用。着込むたびやわらかさが増し、こなれて体になじんでくる。シーン不問のチョークストライプ柄に加え、凛々(りり)しい肩まわりやサイドアジャスター付きのパンツなど、普遍的なデザインにより末長く着用することもできる。時が経つほど、手放せないワードローブとなる。

<SOUTHWICKのジャケット>

写真・図版
¥110,000/サウスウィック(シップス 銀座店 03-3564-5547

アメリカのモノづくりは、質実剛健という枕詞とともに語られる。1929年の創業以来、アメリカントラディショナルを支えてきた名門ファクトリーブランド、サウスウィックのジャケットはまさに典型だ。ヘリンボーン織りのツイードを用い、3つボタン段返り、ボックスシルエットという王道のスタイル。末長く愛せる耐久性と普遍性を備えるが、柔軟なライトツイードやわずかにシェイプさせたウエストなどにより、現代的に着こなせる。

<WHITEHOUSE COXのベルト>

写真・図版
¥22,000/ホワイトハウスコックス(グリフィンインターナショナル 03-5754-3561

“エイジング(経年変化)”という言葉を日本に定着させたのは、ホワイトハウスコックスの功績が大きい。英国伝統の馬具革のブライドルレザーを用いたレザーアイテムは、使い込むことでしなやかさとつやを増し、自分だけの宝物となる。なかでも革本来のナチュラルな表情が味わえるヴィンテージブライドルレザーのベルトは、厚みのある一枚革を贅沢に使用。使いつづけると自分の体形を記憶し、抜群の締め心地となる。30㎜幅で使い勝手もいい。

<ALDENのシューズ>

写真・図版
¥126,000/オールデン(ラコタ ハウス 青山店 03-5778-2010

長年丁寧に履き込んだ革靴ほど美しく、また贅沢を感じさせる足元もない。オールデンの「990 クリッパー オックスフォード」は、そうした贅沢感を満喫できる数少ない靴のひとつだ。素材は磨き込むと美しいつやを帯びる米国ホーウィン社のシェルコードバン。さらに特筆すべきは、1935年に完成されたクリッパーと呼ばれる接ぎのない一枚革のパターンを採用している点。履くたび美しさを増すコードバンをより楽しめるというわけだ。

<<視点3 唯一

  視点5 精緻>>

Photograph:Osami Watanabe
Styling:Masayuki Sakurai Akihiro Mizumoto
Hair & Make-up:Masayuki(The VOICE)
Text:Yasuhiro Takeishi(City Writes)
Edit:Kenji Washio

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    SIHH2019 ジュネーブサロン・リポート
    IWC

    美しい時計

    2019.02.15

  2. 写真・図版

    コーチの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.29

  3. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ36
    スーツの着こなしに異変あり!?
    ピッティもカジュアル化が止まらない!?

    旬のおすすめ

    2019.02.14

  4. 写真・図版

    フルラの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.28

  5. 写真・図版

    コクがあるのに爽やか、アンチョビとオリーブのとろとろマッシュポテト
    [長尾智子 料理の歳時記]

    旅と暮らし

    2019.02.14

紳士の雑学

調べ・見立て