接待と手土産

すべて実食! 自慢の手土産。#21
「オーボンヴュータン」のプティ・フール・サレ

2019.04.15

写真・図版

食べ出したら止まらない感動のおいしさのスティックパイ


味にうるさい人にこそ自信をもって贈りたい「オーボンヴュータン」の菓子。お菓子通のあいだでは超が付く有名店で、オーナーシェフの河田勝彦氏は300人以上の菓子職人を自身の店から巣立たせたお菓子界の重鎮。パティシエたちの憧れの存在だ。1981年にオープンした世田谷区の尾山台の店内には、フランス伝統の焼き菓子や生菓子から、ジャム、紅茶、ハムやソーセージなどのシャルキュトリーまで、数えきれないほどの“おいしいもの”が並んでいる。いつ訪れても店は活気に満ちていて、商品は飛ぶように売れていくのだ。

しつこいようだが、店内の商品はとにかく多彩、そしてどれも驚くほどおいしい。味には人それぞれ好みがあるが、いままで贈った相手の反応は上々、みんなこのおいしさにハマってしまうようだ。ラインアップの中心は、やはり甘いお菓子だが、筆者が頻繁に購入しているのが「プティ・フール・サレ」。白ごま、黒ごま、グリュイエルチーズの3種の塩気の利いたスティックパイの詰め合わせだ。どうしても甘いお菓子が多くなるビジネスシーンおいては、とても重宝している。

一見、どこにでもありそうなスティックパイだが、侮るなかれ、これまでどれだけの人を魅了してきたことだろう。まずサクサク感がまったく違う。驚異的な軽さで口溶けもいい。上質なバターやごまの風味が、口からも鼻からも押し寄せてくる。1本食べたらまた1本と、やめようとしてもやめられない、ついつい手が出てしまう魔力があるのだ。

オーボンヴュータンのお菓子を食べるたびに、何が違うんだろうとよく考える。おびただしい数の菓子店があって、好きな店もたくさんある。ただこの店の焼き菓子には、ほかと一線を画す上質感と深みがあるのだ。詳しい作り方は知らなくても、おいしさは伝わってくる。

河田シェフは、売ることを第一に考えた商品開発は一切しない、菓子作りが好きで好きで、自身の好きなものを納得のいくまで作っているのだという。40年以上、毎日毎日手を抜かず真摯(しんし)に向き合いつづけるシェフの愛してやまないお菓子を、ぜひ手土産に選んでほしい。きっと、贈った相手を幸せにしてくれるはずだ。

写真・図版

オーボンヴュータン
東京都世田谷区等々力2-1-3
営業時間/9:00~18:00
定休日/火曜・水曜
価格/プティ・フール・サレ(3種詰め合わせ)1944円 ※価格は税込み
問/03-3703-8428
http://aubonvieuxtemps.jp/

◎おすすめの手土産を探しているなら……

Photograph:Hiroyuki Matsuzaki(INTO THE LIGHT)
Styling:Keiko Katanozaka
Edit & Text:Mayo Morino

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  2. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  3. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第5回 下北沢 胃袋にズキュン はなれ

    週末の過ごし方

    2022.11.30

  4. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第4回 下北沢 発酵デパートメント

    週末の過ごし方

    2022.11.22

  5. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館1階 メンズアクセサリー
    スタイリスト 星野聖人さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2022.11.25

紳士の雑学