旅と暮らし

丁寧に作られた料理は珠玉。
親しみやすい「蕎麦がある料理屋」[部長の名店]
本枯

2019.10.11

写真・図版
生の鴨を半生で仕上げた「合鴨とねぎの塩焼き」(1800円)は、臭みがなく、やわらかい。酒類も充実。

だしにこだわって2003年に開業した蕎麦屋。店名の由来も最上級の鰹節“本枯節”にちなんでいる。一流料亭を経た2代目店主は、だしへのこだわりはそのままに、「蕎麦がある料理屋」を目指した。

ひとつひとつ丁寧に作られた料理は、定番が30前後、季節ものが20前後と実に豊富。

どれもがしみじみ味わい深く、その実力は、席に着いて最初に供される先付(1000円~)でわかる。「何度もお邪魔していますが、一度も同じ先付だったことがないんです」と部長。

写真・図版
日によって替わる先付。この日は「蟹と湯葉のジュレがけと積丹産うに。うには焼き海苔に巻いてわさび醤油で」(1200円)。後方の箱に入ったのりはその場であぶる。

コースは4400円~6600円で、それぞれの要望に合わせて組み立ててくれるが、コースをオーダーするよりも「とりあえず刺身と天麩羅。あとはその場で決める」と頼むほうが通。締めの蕎麦はのど越しと香りで、接待する相手を満足させること必至だ。

夜席は半数以上が接待客。パーティションで囲われた個室風の席が1つ、そのほかはご覧のとおりのフロアだが、プライベート感が守られているのがありがたい。

「アエラスタイルマガジンVOL.44 AUTUMN 2019」より転載

<<黄金色のロティサリーチキンに歓声が上がる居心地の良い空間「ル・プーレ ブラッスリーうかい」

<<過去の部長の名店一覧

Photograph: Reiko Masutani
Text: Sachiko Ikeno

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    「生酛」「山廃」? 日本酒の造りや用語
    知れば日本酒がもっと好きになる│第4回

    旅と暮らし

    2019.11.15

  2. 写真・図版

    ワゴンか? SUVか? その迷いに応える、
    ボルボV60クロスカントリー

    旅と暮らし

    2019.11.21

  3. 写真・図版

    第58次南極地域観測隊と共同開発した
    THE NORTH FACEの極寒地対応ダウン
    【語れる、ダウン。01】

    旬のおすすめ

    2019.11.13

  4. 写真・図版

    何事にも自信を持って挑める男はカッコいい――。
    宮沢氷魚【新しい紳士の肖像。】

    旬のおすすめ

    2019.11.15

  5. 写真・図版

    ユニクロが生んだ名作の進化系
    環境に配慮したウルトラライトダウン
    【語れる、ダウン。02】

    旬のおすすめ

    2019.11.14

紳士の雑学

調べ・見立て

迷ったら聞く。
ASM webは
チャットを装備!

気になるアイテムがあれば、すぐにチャットで相談。着こなしに迷ったら、すぐにチャットで相談。
ギフトで購入するものに迷ったらチャットで相談。簡単な会員登録で、店舗のお調べや予約もできます!
※14時~20時の間はチャットコンシェルジュがお待ちしております。

特典

着こなしで困らない!
有人のチャットに相談

どう着る?何を買う?
着こなしコンシェルジュが回答します

特典

買い物で困らない!
取り置き&予約が可能

購入を検討したい店舗への
訪店予約が可能!(一部ブランドのみ)
※取り置き&予約サービス利用には
会員登録が必要となります。

特典

ギフト選びで困らない!
チャットで良品をお見立て

あの人に贈るには、何がいい?
そんなときにはチャットで相談

close