接待と手土産

毎朝さばく新鮮な伊達鶏を
余すところなく楽しめる名店[部長の名店]
鳥焼 笹や

2020.01.22

写真・図版
人気の「つくね」「砂肝」「ねぎま」(各230円)。その他、焼き鳥は27種。野菜は「ししとう」「長ネギ」(各230円)など11種。「チーズ(ゴーダ)」(400円)も人気。タレはしょうゆとみりんであっさりとした仕上がり。

部長が「プライベートで伺うこともある」と言う焼き鳥の名店。

味わいのバランスがいい伊達鶏を毎朝2~3羽丸ごとさばく焼き鳥は、備長炭で香ばしく焼き上げる。定番部位はもちろん、「腰皮」「背肝」「鎖骨肉」「胃袋」(各330円)など珍しい焼き鳥や「食道焼き」(650円)を食べられるのも一羽丸ごとさばいているゆえ。

5名以上の場合は、自動的に「おまかせ」に。接待なら5名に満たなくても「おまかせ」がおすすめ。通常「つくね」「砂肝」「ねぎま」(各230円)から始まり、焼き鳥に野菜焼きなどがバランスよく加わる「おまかせ」はおなかがいっぱいになったところでストップできる。平均で10本強で満足するらしい。

ビール、日本酒、焼酎はもちろん、シャンパンを含めたワインなど酒は種類が豊富。酒好きの客を接待しても満足度が高い。

焼き鳥を焼くライブ感を味わいたいならカウンターを、少人数ならテーブル席を、プライベート感を守りたいなら個室を、バラエティー豊かにシーンを演出できる。

写真・図版
胸肉の下にはたまねぎが山ほど!「胸肉のたたき」(700円)。一品料理も充実。

活気あふれる店内は全30席。焼き鳥を焼く香りと煙と威勢のいい「いらっしゃいませ!」の声にリラックスした接待の予感を得る。

アエラスタイルマガジンVOL.45 WINTER 2019」より転載

<<いまの東京を見下ろしながらゆったりと珠玉のフレンチを「ジランドール」

<<過去の部長の名店一覧

Photograph: Reiko Masutani
Text: Sachiko Ikeno

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    伝説のコラボレーションが再び!
    デザイナー「ジル・サンダー」が「ユニクロ」と再タッグ、
    伝説のコラボ「+J」コレクションが復活。

    カジュアルウェア

    2020.09.11

  2. 写真・図版

    経年変化によって輝きが増していく。
    コンバースの「ジャックパーセル」から
    独特のツヤ感をもつ新作が到着!

    2020.09.10

  3. 写真・図版

    スーツのジャケットだけを使った
    賢いコーディネート術

    スーツ

    2020.09.10

  4. 写真・図版

    俳優・宮沢氷魚、
    ─遊び心とジャケットをはおって─

    ジャケット

    2020.09.14

  5. 写真・図版

    自分だけの特別な一本を手に。
    ウブロが期間限定のストラップフェアを開催

    腕時計

    2020.09.15

紳士の雑学

調べ・見立て