特別インタビュー

女優・伊原六花の2020年。
「好きなことを極めている男性から教えてもらいたい」
[MUSE]

2020.02.06

写真・図版

“バブリーダンス”で話題を呼んだ、大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテン・伊原六花。2018年に女優として第一歩を歩み出したのち、CMイメージキャラクター抜擢、連続ドラマ出演、写真集発売、ラジオ番組MC、映画初主演、さらに今年は念願のミュージカルに初挑戦。話題に事欠かない“運と実力を兼ね備えた最強ガール”である。

「2020年、まずはミュージカルの世界に思い切り飛び込んで、どっぷりと浸って、がむしゃらに学び、成長したい。公演が始まる前と終わった後では、違う私が存在する気がしています。そこからさらなる未来を切り拓きたいと思っているんです」

仕事の充実ぶりがうかがえる一方、プライベートについて聞くと、弾ける笑顔でこんな答えが返ってきた。

「バンジージャンプにトライしたい! あとはスカイダイビングも。仕事もプライベートも思い切って飛ぶ、そんな年なのかもしれません」

人生すべてをダンスにかけた高校時代を経て、あらゆるジャンルへと活躍の場を広げる今、あらためて“ダンス愛”を再確認しているという。

「好きだからこそすべての時間を費やしても惜しくなかったし、他人と本気で、本音で話し合いができた。あの時間はかけがえのない宝物です。だから何かモヤモヤすると踊ることにしています。初心に帰るというか、目の前のことをただやればいいだけ、と気分がスッキリするんです」

自分がひとつのことに愛を注いできたからこそ、男性も「何かひとつ自信をもって熱く語れる人」に惹かれるのだそう。

「料理でも音楽でもアニメでもゲームでもなんでもいい。これだけはだれにも負けないという熱量をもつ人が好き。デートをするなら、その得意分野を一緒に経験したいです。極めている男性の話ってすごくおもしろいから、ぜひその世界を教えてもらいたい。そうやってお互いに刺激し合いながら、成長していきたいんです」

写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
写真・図版

<<女優・伊原六花、2020年はバブリーダンスからミュージカルへ! はこちら

※衣装はすべてスタイリスト私物

Photograph:Ari Takagi
Styling:Masae Sakurai
Hair&Make-up:Ayaka Kanno
Text:Maho Honjo

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    スーツやビジカジに合わせたい 最新の黒スニーカー3選

    2020.07.30

  2. 写真・図版

    野菜たっぷり。一流フレンチのラップサンド。
    丸の内テイクアウトグルメ厳選10 その④
    【mikuni MARUNOUCHI】

    週末の過ごし方

    2020.07.31

  3. 写真・図版

    おいしさとボリュームがうれしいイタリアンランチ。
    丸の内テイクアウトグルメ厳選10 その③
    【デリツィオーゾ フィレンツェ】

    週末の過ごし方

    2020.07.29

  4. 写真・図版

    スーツやビジカジに合わせたい 最新の白スニーカー3選

    2020.07.17

  5. 写真・図版

    オーストラリア在住のイラストレーターによる
    優雅で涼しげなプリントTシャツ

    カジュアルウェア

    2020.07.31

紳士の雑学

調べ・見立て