調べ・見立て

快適でスタイリッシュな、ビジネス靴の正解を教えます!
編集長の「見立て」。#28

2020.02.13

写真・図版 山本 晃弘

写真・図版

ビジネスで履くべきは、レースアップのひも靴。読者の方から相談を受けたときには、シンプルにいつもそのようにお答えしています。具体的な靴の形でいうと、ストレートチップ、プレーントウ、もしくはウイングチップを履くのがおすすめ。

もっともドレッシーなのはプレーントウですが、靴のノーズに何もデザインが無く、間が持たないと感じる人もいるようです。となると、トウに一文字のアクセントがあるストレートチップがビジネス靴の最右翼となります。ウイングチップは飾りが多くてドレッシーに見えますが、狩猟用のブーツにルーツを持ち、水切りや通気性のために穴飾りが生まれた起源を考えると、プレーントウやストレートチップと比較すると、ドレス度は高くありません。モンクストラップは、名前のとおり僧侶が式典のときに履いたシューズがルーツなので、レースアップのひも靴以外で唯一ビジネスシーンでの着用を許される形となります。

今回の「調べ」の結果、上記の4タイプ(ストレートチップ、プレーントウ、ウイングチップ、モンクストラップ)を選んだ人の合計は80%。読者の皆さんの着こなしマナーに関する意識の高さに、驚かされるばかりです。

ローファーを学生服の足元に履いていた経験から、ドレッシーな靴であると思い込んでいる方もいます。しかし、英語の”Loafer”には「怠け者」の意味があるのでもわかるように、本来は「スリップオン=つっかけ」タイプのカジュアルな靴です。ポロシャツなどを着用するクールビズの足元であればビジネス靴としても履けますが、きちんとしたスーツに合わせるのはおすすめしません。通勤靴としてのスニーカーは、ファン+ウォークやスニーカー通勤の掛け声で話題にはなりましたが、それほど定着していないようです。

写真・図版

「通勤で使うシューズを買うときに何を最も重視しますか?」に対する回答は、「履き心地」が50%と圧倒的。いまや、快適性はビジネスウエアやシューズにおいても選ぶときの絶対条件となりました。外を歩き回る営業マンであれば、なおさらでしょう。そして、「デザイン」と回答した読者も30%に上ります。足元がスタイリッシュであれば、着こなしの格が一気にアップするもの。それに気づいているビジネスマンが多いことの証明です。

そこで、皆さんに朗報。「履き心地」はスニーカーとほぼ同様、見た目はドレッシーなストレートチップやプレーントウといった靴が、さまざまなブランドから提案されているのです。なかには、梅雨時にも履けるように撥水加工が施されていたり、靴の中の蒸れを防ぐ透湿機能があったりするシューズもあります。快適であることとスタイリッシュであることは、もはや相反するものではありません。どちらもかなう靴を履いて、フットワークの軽いビジネスマンを目指そうではありませんか。

(関連記事)
アンダー3万円で手にする軽快な靴

プロフィル
山本晃弘(やまもと・てるひろ)
AERA STYLE MAGAZINE
WEB編集長 兼 エグゼクティブエディター

「MEN’S CLUB」「GQ JAPAN」などを経て、2008年に編集長として「アエラスタイルマガジン」を創刊。ファッションやライフスタイルに関するコラムを執筆する傍ら、幅広いブランドのカタログや動画コンテンツを制作している。トークイベントで、ビジネスマンや就活生にスーツの着こなしを指南するアドバイザーとしても活動中。2019年4月にヤマモトカンパニーを設立し、現職に就任。執筆書籍に、「仕事ができる人は、小さめのスーツを着ている。

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    伝説のコラボレーションが再び!
    デザイナー「ジル・サンダー」が「ユニクロ」と再タッグ、
    伝説のコラボ「+J」コレクションが復活。

    カジュアルウェア

    2020.09.11

  2. 写真・図版

    経年変化によって輝きが増していく。
    コンバースの「ジャックパーセル」から
    独特のツヤ感をもつ新作が到着!

    2020.09.10

  3. 写真・図版

    スーツのジャケットだけを使った
    賢いコーディネート術

    スーツ

    2020.09.10

  4. 写真・図版

    俳優・宮沢氷魚、
    ─遊び心とジャケットをはおって─

    ジャケット

    2020.09.14

  5. 写真・図版

    自分だけの特別な一本を手に。
    ウブロが期間限定のストラップフェアを開催

    腕時計

    2020.09.15

紳士の雑学

調べ・見立て