特別インタビュー

その男、木村拓哉。

2020.03.23

写真・図版

「らしく、ぶらず」を実践するスターのこだわり

こんな男は珍しい。希代のスターと言えよう。
俳優であり、ミュージシャンであり、アイドルであり、
ファッションアイコンでもあり……。
時代を呼吸し、常に更新されているように見せつつも、
その実、芯にまったくのブレがない。そのどれもが、
木村拓哉らしく、木村拓哉ぶっていないのだ――。

撮影のため用意したギターを手にすると、自らチューニングを行いロックライブが始まった。派手なチョーキング、かき消されるカメラのシャッター音、哀愁漂うLed Zeppelinの『Stairway to Heaven』……。その男、立てばそこがステージになる。

昨年は主演ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)は平均視聴率16・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。2020年1月4日・5日放送の『教場』(フジテレビ系)では、白髪に義眼の冷徹無比な警察学校教官という難役を好演した。1月8日にはソロアルバム『Go with the Flow』を発売し、東京、大阪でコンサートを開催。そして、この4月からはハードなアクションとスリリングな展開が魅力の『BG〜身辺警護人』(テレビ朝日系)がスタートする。

昨年から今年にかけて「木村拓哉が変わった」「やっぱり国民的スターだ」という称賛の声をよく耳にする。デビューから29年目、いまなお「木村拓哉」を更新しつづけられるのはなぜか。

「『更新している』という感覚は自分では特にないです。周りがそうさせてくれているだけ」

木村はしばしばインタビューで「求められることに全力で挑む」と発言している。周りに求められつづけることに葛藤はないのか。

「もしそういう葛藤があるなら、やらないほうがいい。やるなら自分で責任を持つべき……。

この続きはアエラスタイルマガジンVol.46で。
ここでは見られない写真も多数掲載!
購入はコチラから>>

ジャケット¥310,000、Tシャツ¥46,000(参考価格)、パンツ¥130,000、ベルト¥42,000、靴¥75,000/すべてサンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(サンローラン クライアントサービス 0120-95-2746)、アクセサリーは私物

木村拓哉(きむら・たくや)
1972年生まれ。国民的グループSMAPの全活動期(1988~2016年)のメンバーで、現在はソロアーティストとして活動。4月16日(木)より『BG~身辺警護人』がテレビ朝日系にて放映開始。

Photograph: Masaya Takagi
Styling: Tsugumi Watari@TW, Hidetoshi Nakato[PROPS]
Hair & Make-up: Asumi Takamura
Text: Yukiko Anraku

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    原宿「Marvin’s」
    古着はやっぱり面白い 第3回

    カジュアルウェア

    2020.09.23

  2. 写真・図版

    伝説のコラボレーションが再び!
    デザイナー「ジル・サンダー」が「ユニクロ」と再タッグ、
    伝説のコラボ「+J」コレクションが復活。

    カジュアルウェア

    2020.09.11

  3. 写真・図版

    黒のスーツはビジネスでOK?
    着こなしのポイントやコーディネートを解説

    スーツ

    2020.09.25

  4. 写真・図版

    使うほどに味わい深くなり、
    カジュアルながらも品格が漂う
    スロウのベジタルシリーズ。

    バッグ

    2020.09.25

  5. 写真・図版

    印象的なデザインに充実の機能。
    持つ人のライフスタイルに寄り添う
    ホグロフスを代表するバックパック。

    バッグ

    2020.09.18

紳士の雑学

調べ・見立て