旅と暮らし

ジンベースカクテルの進化系
奥深いジンの魅力を探る 第6回

2020.07.03

写真・図版 小松宏子

写真・図版

ジンがカクテルのベースに向いていることは、これまでの連載で充分おわかりいただけたと思うが、最終章では、もともとジンをベースにしていたものから、ウオッカベースをジンに変えたものまで、今、注目されているカクテル3点をジェーニャさんに作ってもらった。

<<第1回はこちら

老舗リストランテで生まれたネグローニ

写真・図版
ネグローニ

このカクテルの発祥は、フィレンツェの老舗リストランテ「カソーニ」の常連客、カミーロ・ネグローニ伯爵がアペリティフとして愛飲していたカクテル。同店のバーテンダーが、許可を得て1962年に発表した際、同時に美食家として高名であった伯爵の名を冠する事を許された。発祥の地と言われているフィレンツェのレストランでは、同じ材料を等分量でシェイクしていたとか。

嗜好がドライ寄りになった昨今では、ドライ・ジン1/2、カンパリ1/4、スウィート・ベルモット1/4を氷を入れたオールドファッションドグラスに注ぎステアするのが一般だ。ジェーニャさんのそれは、敢えてレトロなレシピを踏襲したもので、それがかえって新しさを生んでいる。

■古くて新しいネグローニ
<材料/1杯分>
ドライジン 30ml
ヴェルモット 30ml
チナール※ 30ml
ガーニッシュ:オレンジの皮
※ チナールとは、ワインベースのアーティチョーク使ったリキュール。手に入らなければ、カンパリでもOK。

<作り方>
氷を入れてたオールドファッショングラスもドライジン、ヴェルモット、チナールを注いでステア。オレンジの皮を飾る。

写真・図版

ブラッディ・メアリーのジンバージョン、レッドスナッパーで爽やかに

ブラッディ・メアリー とは、ウォッカをベースのトマトジュースを用いたカクテルで、ウォッカをジンに替えたバージョンをレッドスナッパーと呼ぶ。

血塗られたメアリーや、魚の名前の赤いフエダイなど、ちょっと怖いネーミングだが、トマトジュースたっぷりの爽やかな味わいは、休日のブランチなどにもぴったりだ。ジンベースなので、アルコール濃度を容易に調節できる点もいい。

■レッドスナッパードライジン 
<材料/1杯分>
ドライ・ジン
トマトジュース 
タバスコ 
ウスターソース
レモンジュース
ガーニッシュ:黒コショウ、セロリ、レモンスライス

<作り方>
グラスに氷を入れてステアし、ドライジン適量を注ぐ。トマトジュースでグラスを満たし、タバスコ、ウスターソース、レモン汁少々でアクセントをつけ、レモンスライスを飾る。

写真・図版
左から エスプレッソマティーニ、レッドスナッパードライジン

カクテルの王様・マティーニのアレンジ版

ドライジンにドライ・ベルモットを加えたカクテル、「マティーニ」と言えば、カクテルの王様。なぜ王様と言われるのかは、歴史的な著名人が愛し、名作映画にも度々登場していたからだろう。

イギリスの元首相チャーチルや文豪ヘミングウェイがこよなく愛したと言われるなど、有名人をあげれば枚挙にいとまがない。007のジェームズボンドが「ウォッカマティーニを。ステアせずにシェイクで」というオーダーをすることでも有名。

ドライ・ベルモットとは、ハーブを加えた白ワインのことで、チンザノが有名。ここではエスプレッソ風味のアレンジマティーニを教えてもらった。食後に最適な1杯。

■エスプレッソマティーニ
<材料/1杯分>
ドライ・ジン 30ml
カルーア 15ml
エスプレッソ30ml
シロップ 5ml
ガーニッシュ:コーヒー豆

<作り方>
コーヒー豆以外のすべての材料をシェーカーに入れてとろりとするまでシェイクする。冷やしたグラスに注ぎ、コーヒー豆を浮かべる。

Text: Hiroko Komatsu
Photograph: Sho Ueda

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    『007』シリーズを彩ってきた歴代ボンドモデルを振り返る

    腕時計

    2020.12.02

  2. 写真・図版

    女優 石橋静河 未来はわからない。だから美しい。
    [MUSE]

    特別インタビュー

    2020.11.06

  3. 写真・図版

    スーツに合うバッグとは?
    種類やおすすめのブランドを解説

    スーツ

    2020.12.01

  4. 写真・図版

    年を重ねることで似合う、
    本格派のダッフルコート
    週末、コートを着て中禅寺湖へ。②

    コート

    2020.12.02

  5. 写真・図版

    チャンピオンとの出合いが人生を変えたかも?
    [渋谷直角 男が憧れる、男の持ち物。]

    特別インタビュー

    2020.12.01

紳士の雑学

調べ・見立て