スーツ

【2020年最新】スーツを43ブランドまとめてみた

2020.06.18

スーツを選ぶ際、デザインや素材など、購入する上で重視する点はさまざまだが、どのブランドで購入するかというのも重要な要素のひとつである。ブランドによってそれぞれのスタイルがあり、そのなかから自分に合う一着を探すというのは楽しいもの。今回、さまざまな切り口で43ブランドを紹介する。ぜひ、ご自身のスタイルに合うブランドを見つけてほしい。

100年の歴史を持つ老舗

ダンヒル

写真・図版
スーツ¥310,000、シャツ¥40,000、タイ¥20,000、シューズ 参考商品/すべてダンヒル(ダンヒル/リシュモンジャパン 03-4335-1755

馬具専門製造卸売業として創業した『ダンヒル』。1893年には衣類の生産を開始し、英国モダンラグジュアリーの代表的存在として知られるように。現代風に解釈したブリティッシュスタイルを得意としている。今シーズンは同ブランドのハウスシルエット「ベルグレイブ」をベースに、サムライブルーを纏ったサッカー日本代表オフィシャルスーツを展開。ナチュラルショルダー、薄めの芯地を採用し、リラックス感のある着心地を実現した。

エルメネジルド ゼニア

写真・図版
¥290,000/エルメネジルド ゼニア(ゼニア カスタマーサービス 03-5114-5300

1910年、起業家のエルメネジルド・ゼニアによって、北イタリアに位置するトリヴェロで創業。テキスタイルメーカーとしてスタートしており、オーストラリアから最高級のウールの原料を買い付けるなど、上質な生地にこだわる。こちらのネイビーブルーのスーツは、単色ながら繊細な織り柄がエレガントな雰囲気を演出。エルメネジルド ゼニアの中でも一番細身の「シティ」モデルを採用することで、全体的にスッキリとしたシルエットを叶えている。

ブルックス ブラザーズ

写真・図版
スーツ¥130,000、シャツ¥14,000、タイ¥12,000、シューズ¥60,000、/すべてブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-185-718

アメリカの老舗ブランド『ブルックス ブラザーズ』は、1818年にニューヨークで創業。同国初の既製服を売り出したことでも知られ、シアサッカー、マドラス、ノンアイロンシャツ、オリジナルポロカラーシャツといった数々のヒットアイテムを生み出してきた。また、メイドインUSAにこだわり、こちらのスーツもサウスウィックの自社工場にて縫製。スリムなシルエットと高めのゴージライン、幅の狭いラペルが、すっきりとした印象を与えてくれる。

ボリオリ

写真・図版
スーツ¥165,000、その他すべて参考商品/すべてボリオリ(三崎商事 03-5520-5011

19世紀末のイタリアでスタートした『ボリオリ』。「モダンとクラシック」をコンセプトに、時代を反映したクリエイションで魅了する。アンコンジャケットブームのきっかけとなった「Kジャケット」や「ドーヴァー」などの名品も生み出してきた。2019年には、イタリアの名門サッカーチーム「ACミラン」と契約を結び、選手の公式スーツも提供。写真のようなソラーロ生地をはじめ、シアサッカーなどリラックス感のある素材を採用している。

ヒューゴ ボス

写真・図版
スーツ¥105,000、その他すべて参考商品/すべてボス(ヒューゴ ボス ジャパン 03-5774-7670

ドイツのデザイナー、ヒューゴ フェルディナント ボスによって1923年に誕生した『ヒューゴ ボス』。当時は作業服を中心に取扱っていたが、1953年にメンズスーツを発表して以来、高級スーツブランドして知られるように。近年はサスティナビリティに貢献し、写真の「ヴィーガンスーツ」のような動物性素材を排したスーツも生産する。イタリア製オーガニックリネンで仕立てることで、夏でも快適な着心地を実現した。

職人技が光るイタリアブランド

イザイア

写真・図版
スーツ¥400,000、シャツ¥51,000、タイ¥30,000、チーフ¥17,000/すべてイザイア(イザイア ナポリ 東京ミッドタウン 03-6447-0624

1957年、ナポリで創業した『イザイア』。クラシコイタリア協会にも所属するほどの名門ながら、現代的な雰囲気が漂うモダンサルトリアーレとしても知られる。ナポリならではの柔らかな仕立てや芸術的なカッティング、端麗なドレープラインなどが特徴的。写真のスーツでは、すっきりとした「フェルディナンド」モデルを採用している。個性が引き立つ幅広シングルピークドラペルや、同ブランドらしい大柄チェックが配されているのも見逃せない。

カナーリ

写真・図版
すべて参考商品/カナーリ(コロネット 03-5216-6521

80年以上の歴史を誇る『カナーリ』は、ミラノらしいラグジュアリーさとエレガントな空気感を持つブランド。メイド・イン・イタリーならではの高品質な素材と卓越した職人技は、ヨーロッパや欧米まで幅広い層から支持されている。今年の春夏コレクションはリラックス感のあるアイテムが多く、アンコン、ノーライニングといった仕立てが中心となっている。素材はリネンなどの天然素材を使用し、ソフトなシルエットを演出している。

ブルネロ クチネリ

写真・図版
スーツ¥510,000、セーター¥88,000、シューズ¥100,000、チーフ¥27,000/すべてブルネロ クチネリ(ブルネロ クチネリ www.brunellocucinelli.com

カシミアを中心に、スポーツ シック・ラグジュアリーをコンセプトに掲げる『ブルネロ クチネリ』。本拠点であるイタリア・ソロメオ村では多数の地元職人が服作りに携わり、数々の名品を生み出している。スーツはエレガントかつスポーティなデザインが多く、フォーマルからカジュアルまで幅広い着まわしが可能だ。写真のモデルは、ヒップまわりがゆったりとしたダブルタックのパンツで構成されており、スニーカーやエスパドリーユ、Tシャツなどとの組み合わせも楽しめる。

デ ペトリロ

写真・図版
¥158,000/デ ペトリロ(ビームス オンラインショップ https://www.beams.co.jp/

ナポリの伝説的サルトリアで経験を積んだ、ベネデット・デ・ペトリロ氏が立ち上げたブランド。2006年設立と比較的若いブランドながら、伝統的なテーラリングとモダンなデザインで人気を博している。コンパクトなアームホールやシェイプの効いたウエストラインにこだわっており、写真のモデルのようなフィット感のあるシルエットが多い。チェンジポケットやグレンチェックとオーバーペーンを施された生地は、クラシックな印象を与えてくれる。

ラトーレ

写真・図版
すべて参考商品/ラトーレ(コロネット 03-5216-6521

イタリア南部の都市、バーリを代表する『ラトーレ』。高い技術力に定評があり、著名なグローバルブランドの生産も手がけている。その反面、創業から50年以上経った現在でも地元紳士たちの注文服を手作業で仕立てるなど、地元に密着したテーラーとしても知られている。今シーズンは、刷新的な男性のクラシックなワードロープをテーマに、タイムレスなアイテムを提案。無地スーツのほか、レジメンタルやチェックパターンも取り入れている。

スティレ ラティーノ

写真・図版
¥260,000/スティレ ラティーノ(ビームス オンラインショップ https://www.beams.co.jp/

ナポリの伝統的なサルトリア・アットリーニ家の長男によって2004年に設立。昔ながらのテーラードを守りつつ、陽気なラテン系を意識したシルエットを展開する。皮膚のように身体にぴったりと吸い付くような着心地も魅力で、写真のようなボディラインに沿った美しいモデルも特徴だ。ジャケットは肩パッドなし、ハーフキャンバス、やや細身のドロップ8、パンツは2アウトプリーツ、サイドアジャスターといったディテールが採用されている。

ブリオーニ

写真・図版
スーツ¥450,000、その他すべて参考商品/ブリオーニ(ブリオーニ ジャパン 03-6264-6422

ローマ発の『ブリオーニ』では、ハンドテーラリングや最高級生地の採用にこだわり、軽く柔らかなスーツを提供している。また1着を仕立てるのに、220もの作業工程、22時間以上を費やすなど、非常に丁寧な仕立てで人気を集めている。ブランドの象徴的なテーラリングを現代的に解釈した「プリモ」は、ブリオーニのモデルのなかでも最もスレンダーなシルエットが特徴。アームホールやフロントボタンにはハンドステッチを用いることで、快適な着心地を叶えている。

ジョルジオ アルマーニ

写真・図版
Ph Giulio Rustichelli
スーツ¥400,000、シャツ¥115,000/ジョルジオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070

「モード界の帝王」と呼ばれるジョルジオ・アルマーニによって創設された、ミラノ発のブランド。クラシックで構築的なスーツを提案しており、シンプルな中にもエレガントさが漂う雰囲気を得意とする。今季はニューヨークのマディソン街をイメージした、スリムでモード感の強いモデルを展開。写真のスーツでは、幅広ラペル、6つボタンのダブルブレストという男前なシルエットを、ウールフランネルのチョークストライプ生地で仕立てている。

正統派な着こなしが楽しめる英国スーツ

ハケット ロンドン

写真・図版
¥150,000/ハケット ロンドン(ハケット ロンドン 銀座 03-6264-5362

1985年、紳士服の世界で「ミスタークラシック」と呼ばれるジェレミー・ハケットによって創業。その本格的なブリティッシュスタイルは、世界中のジェントルマンから支持されている。なかでも最上級ライン「ハケット サヴィル ロウ」では、モダンとクラシックを融合させた最新パターン「ウィンザー」を採用。トラディショナルなディテールはそのままに、現代的なシルエットを叶えてくれる。フォーマルな印象のピークドラペルや1つボタンも美しい。

ポール・スミス

写真・図版
スーツ¥85,000、シャツ¥24,000、その他すべて参考商品/すべてポール・スミス(ポール・スミス リミテッド 03-3478-5600

幅広い年齢層から愛されている同ブランドは、伝統的な雰囲気の中にも遊び心が散りばめられたデザインが特徴。スーツはフィット感のある着心地が楽しめる。春夏シーズンでは、写真のようなウール100%のウォッシャブルスーツを提案する。素材が持つ本来の通気性、抗菌性、伸縮性、防シワ性、難燃性、柔らかな風合いなどはそのままに、洗濯可能な仕様にするなど、使いやすさを重視した1着となっている。

マッキントッシュ ロンドン

写真・図版
ジャケット¥59,000、シャツ¥21,000、タイ¥16,000、タイバー¥10,000、パンツ¥29,000、その他すべて参考商品/すべてマッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI カスタマーサポート 0120-340-460

イギリスを代表するアウターウェアブランド『マッキントッシュ』のDNAを受け継ぎ、伝統と時代性を両立したトータルウェアブランド。英国のトラッドスタイルを、現代の日常におけるさまざまなシーンにマッチする洗練されたコレクションで提案する。写真のセットアップでは、スーツとジャケットのために開発された専用生地「ウェザー ウーステッド ウール」を使用。ウール100%ながら高い撥水性とナチュラルストレッチを備えるほか、シワになりにくいなど優れた機能性を発揮する。

デザインワークス

写真・図版
ジャケット¥53,900、パンツ¥30,800/すべてデザインワークス(デザインワークス オンラインストア http://abahouse.jp/mens/designworks/

1995年のロンドンでスタートした『デザインワークス』。伝統的な雰囲気に現代の感性をプラスした、華やかで艶っぽいスタイルが特徴だ。こちらのセットアップではイタリアの上質機能素材を用いて、ストレッチ性、ウォッシャブル性、リンクルフリーといった春夏にうれしい機能を搭載。1枚仕立てにすることで軽量化を図りつつ、高めに設定されたゴージライン、シェイプを効かせたウエストなどが、テーラードらしいきちんと感も演出してくれる。

伝統とトレンドが融合したアメリカブランド

トミー ヒルフィガー

写真・図版
ジャケット¥39,000、パンツ¥16,000、その他すべて参考商品/すべてトミー ヒルフィガー(トミー ヒルフィガー カスタマーサービス 0120-266-484

クラシックなアメリカンスタイルの中に、現代的な雰囲気が漂う『トミー ヒルフィガー』。ジーンズやスポーツアイテムまで、幅広いシーンに対応可能なアイテムを揃える。スーツスタイルでもアメリカの伝統を継承しつつ、洗練されたイメージを取り入れている。今シーズンは独自に開発した360度ストレッチ素材「THフレックス」を中心に、リラックス感のあるモデルを展開。涼しげなシアサッカー地のおかげで、夏でも快適な着心地を叶えた。

バーニーズ ニューヨーク

写真・図版
スーツ¥110,000、シャツ¥21,000、シューズ¥36,000/すべてバーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-137-007

1923年に創業したアメリカのスペシャリティストア『バーニーズ ニューヨーク』。1990年には日本へ上陸し、現在も全国へ店舗を拡大し続けている。オリジナルのスーツコレクション「マンハッタン」では“ソフィスティケイテッド”をテーマに、細身シルエットのスーツをラインナップ。生産は日本で行っており、写真のモデルでは「キリンテーラーズ」の江利角卓也氏にパターンを依頼。よりモダンなムードが漂う1着に仕上がっている。

バークレイ

写真・図版
ジャケット¥63,000、ベスト¥29,000、シャツ¥17,000、タイ¥17,000、パンツ¥26,000、チーフ¥4,500/すべてバークレイ(ダイドーフォワード 0120-17-0599

20代〜40代をターゲットに、ビジネススーツからドレススタイルまで提案する『バークレイ』。プレッピーをベースに、モダンかつ遊びを効かせたデザインを得意とする。春夏コレクションは、イタリア・ベニスの街が着想源となっており、リゾート感のあるアイテムを展開する。こちらのスーツでは、表面温度を下げる効果を持つレダ社の「アイスセンス」を使用。涼しげな着用感とシャープなシャドーストライプ柄が、夏らしい表情を演出してくれる。

ヒッキー・フリーマン

写真・図版
スーツ¥210,000、タイ¥18,000、チーフ¥6,000、帽子¥33,000、その他すべて参考商品/ヒッキー・フリーマン(トレンザ 03-3664-2911

1899年にニューヨークで誕生し、120年以上もの歴史を持つ『ヒッキー・フリーマン』。手仕事による「ソフトテーラリング」にこだわり、柔らかな風合いのスーツを仕立てる。春夏コレクションでは「ニューフロンティア」をテーマに、時代に見合った新たな素材やスタイリングを取り入れる。象徴的なルック「オフィス カウボーイ」には、グレイッシュなアレンジを施したソラーロファブリックを採用。クラシカルな素材をモダンに仕上げ、アメリカらしい自由なムードを表現した。

日本発ワンランク上のオーダースーツ

カシヤマ ザ・スマートテーラー

写真・図版
スーツ¥60,000〜、シャツ¥8,900、タイ¥7,500、チーフ¥2,500、その他すべて参考商品/すべてカシヤマ ザ・スマートテーラー(カシヤマカスタマーサポート 0800-111-1570

90年以上の歴史を誇る「オンワードグループ」が始動したオーダースーツブランド。自宅などでもフィッティングできる出張採寸サービス、3万円からオーダー可能な価格帯、業界最速の1週間での納品、2着目からはオンラインで注文できるなど、自分に合った1着を気軽に見つけられるのが魅力だ。今シーズンは、カノニコ社イチオシのハリコシ、防シワ性、耐久性を持つ素材「21マイクロン」に撥水加工をプラスするなど、別注素材も採用している。

麻布テーラー

写真・図版
スーツ¥40,000〜、ベスト¥13,000、シャツ¥7,000〜(ともにオーダー価格)、タイ¥9,000、チーフ¥3,500/すべて麻布テーラー(Y&Mプレスルーム 03-3401-5788

1999年に設立された『麻布テーラー』。明快なオーダーシステムの導入や、トレンドを意識したスタイリング提案を行うことで、オーダースーツをより身近な存在にした。生産は日本国内の直営工場で行われ、5種類の仕立てを選ぶことができる。例えばこちらの「サルトリア仕立て」は馬の尻尾の毛をふんだんに使ったフル毛芯仕立てにより、重厚感のあるつくりを実現。着ることで格上の佇まいを演出してくれる。

ストーリー アンド ザ スタディー

写真・図版
スリーピーススーツ¥196,000(本体価格¥178,000、オプション価格¥18,000)、シャツ¥14,000、タイ¥12,000、チーフ¥5,000/すべてストーリー アンド ザ スタディー(三陽商会 カスタマーサポート 0120-340-460

三陽商会が70年以上にわたって築き上げた技術に、最先端のデジタルテクノロジーを融合させたパーソナルオーダースーツブランド。4万9000円からオーダー可能なうえ、熟練したテーラーの採寸と、3D解釈ツールを用いたデジタル採寸を行うことで、どんな体型にも対応できるスーツを実現した。生産は福島の工場で行われ、1着の縫製に対し約70人もの職人が携わっている。写真は、英・ラッシャーミルズ社のハリコシのある素材をイタリアンモデルで仕上げたもので、軽やかな着心地が楽しめる。

オンリー

写真・図版
スーツ¥58,000(オーダースーツ価格)、シャツ¥7,800、タイ¥7,800、チーフ¥2,800、シューズ¥19,000/すべてオンリー(オンリー 0120-945-045

京都で開業したテーラーを前身に、1976年に創業。製造から販売までを自社で一貫して行うことで、3万8000円~のテーラーメイドを可能にするなど、ハイクオリティなものを手の届く価格で提供している。佐賀の自社工場では、年間約2万着のオーダースーツを生産。春夏シーズンは、ラグジュアリーな伸縮素材「ドラゴ スウィング」を採用しコレクションを展開する。さりげないチェック柄やチェンジポケットを配したブラウンスーツからは、英国調の雰囲気が漂っている。

五大陸

写真・図版
スーツ¥89,000〜、ベスト¥18,000、シャツ¥12,000、タイ¥12,000、チーフ¥5,500、その他すべて参考商品/すべて五大陸(オンワード樫山 お客様相談室 03-5476-5811

「日本発世界服」をコンセプトに、英国、フランス、イタリア、アメリカの要素に、日本の繊細な技術を融合した『五大陸』。過剰に装飾しすぎない、日本ならではの引き算の美学を意識した洋服づくりを行う。生地は日本の尾州をはじめ、イタリアのビエラ、英国のハダースフィールドといった最高級の素材を厳選。写真はドーメル社のストレッチ機能素材によるモデルで、艶のある表情と着心地の良さを同時に堪能することができる。

タケオキクチ

写真・図版
スーツ¥89,000〜、シャツ¥12,000、タイ¥10,000、タイバー¥10,000、チーフ¥3,600、シューズ¥25,000、バッグ¥14,000/すべてタケオキクチ(ワールド プレスインフォメーション 03-6851-4604

東京発のブランドとして1984年に設立。日本のモノづくり技術に注目し、日本ならではの手法や柄、色を現代的に解釈した「プロダクト ノーツ ジャパン」を提案する。スーツシーンでは既製品をはじめ、独自システム「タケオキクチ スカルプチュア」でパターンオーダーも行っており、ここでも日本文化を取り入れたデザインが楽しめる。写真は、エレガントなブリティッシュモデルを採用した1着。生地には、市松紋の織り柄があしらわれている。

ダーバン

写真・図版
すべて参考商品 ※現在パターンオーダーの受注は中止中/すべてダーバン(レナウン プレスポート 03-4521-8190

今年50周年を迎える『ダーバン』。「妥協することなく、納得できるまでやり直す」をモットーに、数々の上質なアイテムを輩出してきた。日本ならではの丁寧なモノづくりを得意としており、その確かな技術はオーダースーツにも反映されている。例えば写真のモデルでは、伊・トラバルド・トーニャ社の「Sessera」に、同ブランド独自の加工をプラス。特別な仕上げを施すことで、よりシャイニーで柔らかな風合いを可能にしている。

リングヂャケット

写真・図版
スーツ約¥300,000〜/リングヂャケットマイスター(リングヂャケット マイスター 206 青山店 03-6418-7855

1954年、大阪で創業した『リングヂャケット』。「注文服のような着心地の既製服」をコンセプトに、高品質かつユーザーの嗜好性を追求したスーツを生産する。オーダーでも手作業工程を多く用いた「高品質な既製服」をベースに、一人ひとりの体型に合わせた1着を提案。今シーズンは、エレガントなゆとりと低いゴージ位置、幅広いラペルを持つ新モデルを展開する。パンツは股上を適度に深くし、2プリーツにすることでクラシカルな印象に仕上げている。

オンオフ着回せるセレクトショップオリジナル

ビームス

写真・図版
¥72,000/ビームスF(ビームス オンラインショップ https://www.beams.co.jp/

1976年に創業した、日本のセレクトショップの草分け的存在『ビームス』。バラエティ豊富なオリジナルレーベルを揃え、幅広いシーンに対応する。1978年に始まったレーベル「ビームスF」では、ヨーロッパのクラシック感にモダンな要素を取り入れたスタイルを提案。写真のイージースーツでは「イー・トーマス」社のコットン生地を用いて、柔らかなタッチに仕上げている。パンツの内側には収納可能なドローコードを施すなど、リラックスした着心地も楽しめる。

シップス

写真・図版
ジャケット¥39,000、パンツ¥18,100、セーター¥15,400、シャツ¥12,700/すべてシップス、シューズ1万7200円/ピエーヴェ(すべてシップス 渋谷店 03-3496-0481

1952年、『三浦商店』として上野・アメ横に出店したのをきっかけに、1977年、銀座に1号店をオープンした『シップス』。きれいめなアイテムを中心に扱っており、大人のムードが漂うスーツを得意とする。なかでも「シップス ドレス コンフォート ライン」では、休日でも仕事でも使えるクリーンなアイテムを展開。こちらのセットアップは、ジャケットの胸ポケットやステッチを省略するなど、ラクに着られるシンプルな設計が魅力だ。

エストネーション

写真・図版
ジャケット¥37,000、パンツ¥18,000、シューズ¥34,000/すべてエストネーション、シャツ3万円/カルーゾ(すべてエストネーション 0120-503-971

“ファッションで心を動かす”をテーマに掲げるセレクトショップ『エストネーション』。「手の届く上質さ」をコンセプトに、東京のエネルギーを投影したファッションを提案する。ビジネスシーンで活躍するアイテムも多数取り揃えており、機能性とデザイン性を兼ね揃えた服が手に入る。なかでも写真のセットアップは、ドット状に穴が空いた合繊素材を用いることで通気性をアップ。撥水性も搭載しているため手洗いができるのもポイントだ。

トゥモローランド

写真・図版
ジャケット¥74,000、パンツ¥27,000/すべてトゥモローランド ピルグリム(トゥモローランド 0120-983-522

メンズニットメーカーとして創業した同店は、ラグジュアリーなラインナップが魅力。オリジナルレーベル『トゥモローランド ピルグリム』では、上品さを残しつつ遊びを効かせたドレススタイルが楽しめる。写真のスーツでは、ゼニア社の名作素材「トラベラー」にナノスフィア加工を施したトゥモローランドのエクスクルーシブファブリックを使用。ゲリラ豪雨にも対応可能な高い撥水性と防汚性を搭載するなど、機能性に優れた1着となっている。

エディフィス

写真・図版
ジャケット¥32,000、パンツ¥16,000/すべてエディフィス(エディフィス 新宿 03-5366-5481

フレンチトラッドをベースに、洗練されたアイテムで魅了する『エディフィス』。エレガント、コンテンポラリー、クリーン、コンフォートの4つをキーワードに、デイリーカジュアルからドレスウェアまでを扱う。スーツやセットアップは立体的な縫製が特徴で、写真の新モデル「CRS」も奥行きのあるフォルムに仕立てられている。ジャケットは軽さを追求し1枚仕立てになっているため、暑い季節でもサラッと着られるのがポイントだ。

テイジンメンズショップ

写真・図版
スーツ¥99,000、その他すべて参考商品/すべてテイジンメンズショップ(テイジンメンズショップ銀座本店 03-3561-7519

1960年、銀座にオープンした『テイジンメンズショップ』。トラッドを基調に、ブリティッシュとイタリアンクラシックの要素を融合させたスタイルを発信している。オリジナルスーツも多数揃えており、ショップを代表する「NO1」モデルでは段返り3つボタン、サイドベンツ、ナチュラルショルダーといったディテールを採用。生地は老舗毛織メーカー・今信毛織に別注し、長時間着用しても型崩れしにくい工夫がされている。

ユナイテッドアローズ

写真・図版
ジャケット¥32,000、トラウザーズ¥16,000/すべてユナイテッドアローズ、ポロシャツ¥10,000/ソブリン(ユナイテッドアローズ 原宿本店 03-3479-8180

“豊かさ・上質感”をキーワードに、ドレスシーンを軸としたライフスタイルを提案する同店。日本と西洋の文化や伝統を融合させたトラッドマインドを持ち、世界中から選び抜いた上質な生地を用いて、日本人の体型にあったスーツを仕立てている。写真のセットアップでは、非常に軽量なナイロンサッカー素材を使用。ジャケットはウェルトポケットなし、パンツはウエストの後ろ側のみギャザー仕様にするなど、リラックス感が漂う1着となっている。

機能性を追求したラクチンスーツ

トライアーノ

写真・図版
ジャケット¥79,000、シャツ¥27,000、パンツ¥35,000、その他すべて参考商品/トライアーノ(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-137-007

2016年にスタートした『トライアーノ』。オーナーであるフィリッポ・コルナーギ氏の先代がスポーツウェアの素材開発に携わっていた影響もあり、動きやすい素材を独自に開発している。写真のモデルでも、伸縮性、防シワ性、通気性、防臭性、ウォッシャブル、ノーアイロンといったイージーケア機能を搭載。また精巧な技術を用いて生地に服地のプリントを施すことで、抜群の着心地を保ちながらベーシックな見た目も叶えた。

ベルヴェスト

写真・図版
¥159,000/ベルヴェスト(八木通商 03-6809-2183

イタリア北東部に位置するパドヴァで創業した『ベルヴェスト』は、クラシコ・イタリア協会にも所属する正統派。端正で上質なスーツを仕立てることで知られ、一流メゾンのプレタポルテも請け負っている。アンコンジャケットの代表「ジャケット イン ザ ボックス」シリーズでは、箱に入るほど柔らかな仕立てが楽しめる。写真のジャケットは同シリーズによる新作で、珍しいポリアミド製のからみ織りで仕上げ、軽さと自然な伸縮性を両立させている。

カルーゾ

写真・図版
¥135,000/カルーゾ(ビームス オンラインショップ https://www.beams.co.jp/

ナポリでテーラーを営んでいたラファエロ・カルーゾが、自身の名前を冠して1958年にパルマでスタートさせたブランド。ベーシックな中にも旬なディテールを加え、現代のドレスシーンにマッチしたスーツを展開している。また伝統あるハンドメイドと最先端のマシン技術を融合させた生産方法も特徴的。写真のモデルのように、絞りすぎないボックスシルエットやカジュアルなパッチポケットなど、軽快なディテールにも注目したい。

ドレイクス

写真・図版
¥202,000/ドレイクス(ドレイクス 銀座店 03-6263-9955

1977年、アクアスキュータムのアクセサリーデザイナーとして活躍したマイケル・ドレイクによってロンドンにて設立。2010年に片腕として活躍していたマイケル・ヒルがクリエイティブディレクターに就任し、トータルブランドへと成長。上質な素材を用いたタイムレスなアイテムを揃えている。こちらのスーツは、メンズテーラリングの中でも洗練されたパターン、クラシックなグレンチェックを配した1着。リネン100%素材を使用しているため通気性がよく、軽い着心地が得られる。

人気ブランドのセカンドライン

ランバン オン ブルー

写真・図版
スーツ¥90,000、シャツ¥21,000、タイ¥14,000、その他すべて参考商品/すべてランバンオン ブルー(ジョイックスコーポレーション 03-5213-2510

フランス発のブランド『ランバン』の日本向けラインとしてデビュー。「シックで生意気(CHIC et GAVROCHE)」をキーワードに、不変的なエレガンスを表現している。春夏シーズンは「L‘EVEIL –目覚め-」をテーマに、スマートかつ優雅な印象を強調したフレンチスタイルを提案。写真のように、衿部分のストレートなゴージライン、低めに設定された第一ボタンやポケット位置など、随所にパリのエッセンスが感じられるスーツを展開する。

マッキントッシュ フィロソフィー

写真・図版
ジャケット¥40,000、シャツ¥12,000、タイ¥12,000、パンツ¥22,000、その他すべて参考商品/すべてマッキントッシュ フィロソフィー(SANYO SHOKAI カスタマーサポート 0120-340-460

英国の老舗ブランド『マッキントッシュ』のセカンドラインとして、2008年に誕生。同ブランドのモノづくり精神やクラシックかつモダンなスタイルを継承したトータルコレクションを展開する。なかでも機能性に優れた「トロッター」シリーズは人気が高く、多くのビジネスマンを魅了してきた。写真のモデルは同シリーズの新作で、メッシュ素材で通気性があるうえ撥水性を備えるなど、梅雨の時期でも快適に過ごせる仕様となっている。

CK カルバン・クライン

写真・図版
ジャケット¥43,000、ポロシャツ¥16,000、パンツ¥21,000、シューズ参考商品/すべてCK カルバン・クライン(オンワード樫山 お客様相談室 03-5476-5811

アメリカのファッションブランド『カルバン・クライン』のコンテンポラリーライン。流行に敏感な若者向けのラインとして、上品な色気とトレンドをバランスよくミックスさせている。スーツやセットアップはスタイリッシュな印象のものが多く、こちらのモデルでも浅めの股上やすっきりとしたヒップ周りが特徴となっている。さらに特殊開発素材であるナイロンPUのダブルカバーヤーンを使用することで、驚異的なストレッチ性も実現している。

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

Text:Yasuhiro Okuyama(POW-DER)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    キーホルダーは、自分に似合わないものを。
    [渋谷直角 男が憧れる、男の持ち物。]

    特別インタビュー

    2021.01.13

  2. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館 地下1階
    紳士靴スタイリスト 齋藤里沙さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2021.01.18

  3. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ90
    しゃれたコートの着こなしはこれ!!
    決め手はインナーに合わせたフーデッドパーカ。

    カジュアルウェア

    2021.01.14

  4. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ91
    エルメス、ルイ・ヴィトンだけじゃない!!
    日本で根強い人気のフランスの老舗「パラブーツ」の魅力を探る

    カジュアルウェア

    2021.01.19

  5. 写真・図版

    ユナイテッドアローズが別注した「剣」、
    150年以上の伝統を誇る英国傘の真価。

    小物

    2021.01.05

紳士の雑学

調べ・見立て