特別インタビュー

人生という絵を自分で描くために。
そうだ、新しい時計を買おう

2021.01.19

写真・図版

腕時計が時刻を確認するためのものであることは、言うまでもありません。だからこそ各ブランドは、精度や視認性や機能を競っているのです。

改めて考えてみましょう。時計の役割は、それだけでしょうか? 問うた直後に回答してしまえば、「腕時計は時刻を知るためだけのものにあらず」だと思うのです。

男性ビジネスマンの皆さんは、乗っているクルマと着けている時計について、「なぜそれを選んだのか?」を問われた機会があるでしょう。それは、どのブランドのクルマや時計を選ぶかによって、その男性のキャラクターが透けて見えてしまうからです。「なるほど、あなたは質実剛健な人だ」とか「意外にもエレガントさを重視するのですね」といった具合。

今年の新作時計には、いくつかの潮流があります。ブランドのアイコンと言える名作を進化させた腕時計、陰鬱(いんうつ)な時代を切り開く鮮やかな色文字盤、実用的な機能の強化、レトロな時代へのオマージュ。腕時計とファッションが、より近くなっているのを感じます。

先日、ある時計ブランドの社長をインタビューする機会がありました。そのときにハッとさせられたのは、「スマホやスマートウォッチと争って、腕時計が時刻の正確さを競う時代は終わった」という言葉。「では、何を追い求めるのか」と問うてみました。返ってきた回答は明快でした。「モノ語り」。つまり、ブランドのアイデンティティを追求することが、これまで以上に、ますます大切になるという意味でしょう。

「モノ語り」は、腕時計を選ぶ私たちの側にもあります。どんな腕時計を、なぜ選び、誰と、いつ購入したのか。その時計と共に、どのように時を刻んでいくのか。そして、誰に譲るのか。

そう考えると、腕時計を選ぶことは、人生を選ぶことと似ています。もちろん、偶然の出合いや予期せぬ展開もあるでしょう。それでも、いろいろな選択をして、1分、1時間、1日、1年と時間を進めていくのは、自分自身です。 昨年、30年以上続けてきた社員編集者の人生にピリオドを打ち、新しいチャレンジを始めました。スタートしてみると、1時間、1日の意味が、以前とは異なっているのに気が付きます。何をやりたいか、誰と進めるのか、いつやるのか、そして何ができたのか。毎日毎日がクッキリと違う色で、描かれていくのです。

自分自身の「モノ語り」を、共に刻んでいく腕時計。そんな新しい相棒が、ちょうど欲しくなってきました。

写真・図版

服飾ジャーナリスト 山本晃弘(ヤマカン)
AERA STYLE MAGAZINE創刊編集長。現エグゼクティブエディター兼WEB編集長。現在は服飾ジャーナリストとして、ビジネスマンのリアルな視点に応える執筆活動を行っている。2019年4月にヤマモトカンパニーを設立。執筆書籍に、「仕事ができる人は、小さめのスーツを着ている。」がある。

「アエラスタイルマガジンVOL.49 HOLIDAY 2020」より転載

Illustration: Michiharu Saotome

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    都民も知らない「東京」に出合う。
    ザ・ペニンシュラ東京でステイケーション

    週末の過ごし方

    2021.03.05

  2. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ97
    オン・オフで使えるバブアーの新定番
    「ニューバーレイ」の人気の秘密を深掘り!

    カジュアルウェア

    2021.03.03

  3. 写真・図版

    新しい生活スタイルにフィット!
    コーチから機能性抜群の
    新コレクション「リーグ」が発売。

    バッグ

    2021.03.04

  4. 写真・図版

    スマートウォッチはどう選ぶ?
    特徴や基本機能、おすすめブランドを解説

    腕時計

    2021.02.25

  5. 写真・図版

    ALOX LIMITED EDITION 2021!
    ビクトリノックスから、
    限定カラーのコレクターズナイフが発売

    小物

    2021.03.05

紳士の雑学

調べ・見立て