腕時計

ティソが、銀座・中央通りに旗艦店となる
ブティックを2021年1月30日(土)にオープン!

2021.01.25

写真・図版

創業以来168年の長い歴史を有する、スイスの時計ブランド「TISSOT(ティソ)」が、2021年1月30日(土)、東京・銀座中央通りに面したニコラス・G・ハイエックセンターの地下1階に「ティソ ブティック銀座」をオープンする。

“INNOVATORS BY TRADITION(伝統に根ざし、伝統を打ち破るイノベーター)”として、世界中で愛されるウォッチメーカーとしての地位を確立してきたティソ。「ティソ ブティック銀座」は、国内の路面店としては「ティソ 代官山 コンセプトストア」「ティソ ブティック戎橋(えびすばし)」に続き3店舗目となる。

最新のグローバルデザインコンセプトを採用した「ティソ ブティック銀座」のブティック内には、世界初のお披露目となる「TISSOT L'Atélier(ティソラトリエ)」を設置。時計のチェックアップやベルトのコマ詰め、ストラップのパーソナライゼーションなどが可能なカウンターを設け、より豊かなブランド体験をしていただきたいという思いから、充実したサービスを提供する。

写真・図版

店内は、まるでスイスの自然の中にいるような、ウッドの温かみのある居心地のいい空間が広がる。気軽に時計を試すことができる新しいフリーアクセスのディスプレーとともに、伝統と技術、そして革新に裏打ちされた最新のコレクションが楽しめる。

「ティソ ブティック銀座 」のオープンを記念した
限定モデル3種類が登場。

写真・図版

さらに、「ティソ ブティック銀座」のオープンを記念して、限定モデル3種類が登場する。ベースとなるのはメンズ モデルのTissot Gentleman Automatic(ティソ ジェントルマン オートマティック)2種と、レディースモデルのTissot T-My Lady Automatic(ティソ T-マイ レディ オートマティック)1種の計3種。各30本での限定発売となる。

その特徴はなんと言ってもイラストレーターの遠山晃司氏がケースバックに描いた「GINZA×TISSOT」。洗練されたモデルにあしらわれる遊び心にあふれた文字は、見ているだけでも心が弾むというもの。

ティソの世界観が広がる「ティソ ブティック銀座」へ、ぜひ足をお運びいただきたい。

写真・図版

ティソ ブティック銀座
住所/東京都中央区銀座7-9-18 ニコラス・G・ハイエック センター 地下1階
2021年1月30日(土)オープン予定
TEL/03-6524-5321
www.tissotwatches.com

問/TISSOT(ティソ) 03-6427-0366

Text:AERA STYLE MAGAZINE

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    【腕時計】
    メンズのおしゃれに欠かせない人気ブランドを紹介

    腕時計

    2021.02.22

  2. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ94
    ニューノーマル時代に対応したルイ・ヴィトンの新作。
    トートバッグとボディーバッグどちらを選ぶ!?

    カジュアルウェア

    2021.02.12

  3. 写真・図版

    ビジネスマンに似合う腕時計とは?
    選び方やつけるときのマナーや専門用語を解説

    腕時計

    2021.02.19

  4. 写真・図版

    スマートウォッチはどう選ぶ?
    特徴や基本機能、おすすめブランドを解説

    腕時計

    2021.02.25

  5. 写真・図版

    腕時計とメンズスーツのおしゃれなコーディネート
    ポイントとマナーを解説

    腕時計

    2021.02.18

紳士の雑学

調べ・見立て