週末の過ごし方

ラリックがディクタドールと初コラボ。
カリブ海の美をインスピレーションにした
クリスタルボトル入りの貴重なラム酒を発表!

2021.04.19

写真・図版

クリスタルガラスの最高峰「LALIQUE(ラリック)」が、コロンビアの最高級ラム酒ブランド「Dictador(ディクタドール)」とコラボレーション。カリブ海の幻想的な美しさにインスピレーションを得たクリスタルガラスのアートピース・ボトルに貴重なビンテージラムを詰めた「Dictador Generations En Lalique(ディクタドール・ジェネレーションズ・アン・ラリック)」を発表した。

写真・図版

2つの名門ブランドの感性が融合して生み出された希少なラム酒「ディクタドール・ジェネレーションズ・バイ・ラリック」は300本限定で生産。「ナンバー0(ゼロ)」のシリアルナンバーを持つプロトタイプは、Sotheby's(サザビーズ)のオンラインオークションにおいて30,000ポンドという高値で落札され史上最も高価なラム酒のひとつに。

ラリックのアーティスティック&クリエイティブ・ディレクターMarc Larminaux(マーク・ラミノー)が手がけたボトルデザインは、カリブ海の幻想的でミステリアスな美しさ、まばゆく光を反射しきらめく水面、クリスタルのような海を望むビーチに穏やかに押し寄せる波の音からインスピレーションを得ている。ラミノーは、ランダムな水のパターンによってこのカリビアンムードを捉え、アイコニックなラリックのスタイル、すなわちサテンとクリアのクリスタルのコントラストを駆使するテクニックによって思いがけないような光の戯れを生み出し、“カリビアンスピリット”を際立たせている。

写真・図版

このアートピースに収められているのは、アメリカンオークのポートだるで熟成させた1976年ビンテージの貴重なラム酒で、ディクタドールの三代目マスターブレンダーとなるHernán Parra(へルナン・パーラ)が父親のDario Para(ダリオ・パーラ)と共に手がけた唯一のブランド。宝物のようなこの熟成ラム酒は、1913年からコロンビアのカルタヘナでラム酒を造りつづけるパーラ家へのオマージュを込めて「ディクタドール・ジェネレーションズ」と名付けられ、キャラメルとココア、ローストしたハチミツ、コーヒーのニュアンスが感じられる、やわらかくなめらかな味わいを持っている。

希少価値の高いワインやスピリッツの市場価値が高騰し世界的に投資対象としての関心を集めるなか、ディクタドールはコレクター向けの熟成ラム酒として市場での地位を切り開く存在になっている。世界でも最大規模の熟成ラム酒を貯蔵しており、最も古いビンテージは45年熟成に及ぶ。これにより他社の追随を許さない革新的かつ極めて上質で希少なラム酒の数々を発表して高級ラム酒における新たなラグジュアリーカテゴリーを創出し、数々の賞を受賞して世界80カ国で展開。ラリックとのコラボレーションボトル「ディクタドール・ジェネレーションズ・アン・ラリック」のオークションにおける驚くべき結果は、高級かつ希少なラム酒の市場におけるポテンシャルの現れでもある。

オークションに出品されたボトルには、マスターブレンダーのへルナン・パーラとラリックのマーク・ラミノーによる直筆のレターに加え、カルタヘナにあるディクタドールの蒸留所への現地ツアー招待が付随している。またオークションによる収益は、コロンビアのジャングルの保全とストリートアートカルチャーの普及を目指す慈善団体「Art Masters(アートマスターズ)」に寄付される。

写真・図版

DICTADORE GENERATIONS EN LALIQUE

¥2,750,000/700㎖(シリアルナンバー入り、世界300本限定)
専用のプレゼンテーションケースと30㎖のテイスティングサンプル、証明書付き。
ボトルの素材:クリスタルガラス
2021年4月より、受注販売商品

掲載した商品はすべて税込み価格になります。

問/ミリオン商事 03-3615-0411

Text:AERA STYLE MAGAZINE

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ106
    イタリア生まれのGジャンが人気急上昇。
    そのブレークの理由とは?

    カジュアルウェア

    2021.06.02

  2. 写真・図版

    1970年代と“いま”をつなぐ、
    オニツカタイガーのスニーカー。

    2021.06.22

  3. 写真・図版

    より開かれたパブリックな建築へ。
    気鋭建築家ふたりが語る
    新たな価値としての“別荘”とは?【後編】

    週末の過ごし方

    2021.06.22

  4. 写真・図版

    こと足りてないのがこれからのぜいたく。
    気鋭建築家ふたりが語る
    新たな価値としての“別荘”とは?【前編】

    週末の過ごし方

    2021.06.16

  5. 写真・図版

    昨年登場し大ヒット!
    梅雨の季節に使いたい、
    マッキントッシュのおすすめアイテム。

    小物

    2021.06.17

紳士の雑学

調べ・見立て