散歩の途中、靴がつくりたくなって。

2021.06.23

ファッションエディターの審美眼にかなったいま旬アイテムや知られざる名品をお届け。

写真・図版
1973年創業の老舗登山靴店「ゴロー」。登山靴づくりで余ったドイツ製の革を利用する『ゴロッパ』は、隠れた人気アイテムだ。ブラウンカラーもあり。¥22,000 ※オーダーメイドは¥3,300増し/ゴロー (ゴロー 03-3945-0855

コロナ禍によって強制的に変化を迫られた、人々のライフスタイル。それは決して悪いことだけじゃなくて、僕の場合は散歩という健康的な習慣が身についた。ライターならではの不健康自慢もしゃれにならないお年頃だし、クルマを流していたら気づけなかった、穴場な景色やお店だって見つけられる。最初は近所をうろうろする程度だったのに、気がついたら2時間は余裕で歩けるようになってしまった。

そんな散歩の途中、千石から巣鴨を目指して歩いているときに通りがかったのが、「ゴロー」という小さな靴屋さんだった。通りから店内をのぞいてみると、本気の登山ブーツからノルウェージャン製法のチロリアンシューズまで、その品ぞろえは超本格派。僕のような軟弱者が入っていいの?と思わなくもなかったが、勇気を出して足を踏み入れたところ、まさにいまの生活にぴったりの一足が見つかった。

その名は『ゴロッパ』。スリッパをモチーフにした名前とデザインだが、すこし浅めのヒールがついているし、ステッチダウン製法で底付けしているし、これは立派なウォーキングシューズ。革質もよく、なによりもコロンとしたフォルムがかわいらしい。たった3000円のチャージでオーダーメイドできると聞いて、すぐに注文した。

「ちょっと大きめのほうがかわいくないっすか?」という僕の切腹モノの提案はもちろん無視しつつ、ていねいな採寸を経て約1カ月。左右でサイズの違う僕の足に合わせた『ゴロッパ』が完成したのだった。

以来、散歩のときは決まってこの靴を履いているのだが、程良い重さや履くほどに沈み込むインソールが実に快適で、いくらでも歩けてしまう。チノパンやデニムとの相性も抜群だ。いつかはイギリスでビスポークシューズをつくって、スリーピーススーツと合わせてみたいけれど、いまの僕にとっては、『ゴロッパ』こそが最良の靴。

山下英介(やました・えいすけ)
ライター・編集者。1976年生まれ。『LEON』や『MEN'S EX』などの編集や、『MEN’S Precious』のクリエイティブ・ディレクターに従事した後、独立。趣味はカメラと海外旅行。

掲載した商品はすべて税込み価格です。

<<ストレスフリーな、究極の普通のブルゾン はこちら

「アエラスタイルマガジンVOL.50 SPRING / SUMMER 2021」より転載

Photograph: Yuji Kawata(Riverta Inc.)
Styling: Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ110
    夏の必需品、短パン選びの新基準!
    女性の視線を釘付けにする花柄短パンの魅力とは

    カジュアルウェア

    2021.07.07

  2. 写真・図版

    雪駄(せった)を現代的にアップデートさせた、
    トウキョウ サンダルのサンダル。

    2021.07.27

  3. 写真・図版

    メンズスーツが際立つ
    ワイシャツのおすすめブランドを紹介

    スーツ

    2021.07.27

  4. 写真・図版

    不朽の名作を夏仕様にモディファイした、
    コンバースのサンダル。

    2021.07.06

  5. 写真・図版

    ボタンダウンシャツの
    着こなしのマナーやおすすめブランドを紹介

    スーツ

    2021.07.29

紳士の雑学

調べ・見立て