週末の過ごし方

旧グッゲンハイム邸
[俳優・大野拓朗、美しい神戸建築の旅へ。]

2021.07.20

写真・図版

洗練された和洋折衷が織りなす港町で受け継ぎ紡がれてきた物語に出合う。

海を望みたたずんで100年
クラシックで開放的な洋館

写真・図版

踏み切りを渡れば塩屋の海、広いサンルームに差し込む光と心地いい潮風に、遠く異国の地へ思いをはせたくなる。1908年ごろイギリス人建築家アレクサンダー・ネルソン・ハンセル氏の設計で建てられたと言われるコロニアル・スタイルの洋館は、複数の所有者を経ながら、長らく地域の人々に親しまれていた。そこには変わらない豊かさが存在する。

旧グッゲンハイム邸
兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5-17
078-220-3924

  • 写真・図版
  • 写真・図版
写真・図版
写真・図版

ジャケット¥74,800/チルコロ1901(トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567)、ポロシャツ¥30,800/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238)、パンツ¥22,000/ランバン オン ブルー(ジョイックスコーポレーション 03-5213-2532)、眼鏡¥29,700、クリップ¥15,400/ともにアイヴァン(アイヴァン PR 03–6450-5300)、ベルト¥23,100/マーガレット・ハウエル( アングローバル 03-5467-7864)、ソックス¥3,740/パンセレラ(真下商事 03-6412-7081)、シューズ¥143,000/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店 03-6805-1691

掲載した商品はすべて税込み価格です。

<<旧乾家住宅 はこちら

「アエラスタイルマガジンVOL.50 SPRING / SUMMER 2021」より転載

Photograph: Yuji Kawata(Riverta Inc.)
Styling: Masahiro Tochigi (QUILT)
Hair & Make-up: Maki Morioka
Text: Tomoko Komiyama

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ 118
    97年前のパリオリンピックのころのスーツを着こなす激レアさんに銀座で遭遇。
    いまマニアックなスーツが再注目されるわけとは?

    カジュアルウェア

    2021.09.17

  2. 写真・図版

    リュックとバッグどっちがいい?
    ビジネスバッグの機能性やブランドを紹介

    スーツ

    2021.09.15

  3. 写真・図版

    お昼限定のコース料理が楽しめる!
    京都の人気料亭「京都和久傳」の
    お取り寄せグルメで食卓に華やぎを。

    週末の過ごし方

    2021.09.13

  4. 写真・図版

    バサっとシャツ感覚で採り入れられる、
    バナナ・リパブリックのジャケット
    【ニューノーマル時代に寄り添うビジネスウエア】

    スーツ

    2021.09.03

  5. 写真・図版

    使う人の大切な荷物を守り抜く、
    スーリーのバックパック
    【現代のビジネスパーソンに贈る仕事鞄】

    バッグ

    2021.09.14

紳士の雑学