カジュアルウェア

70年代のアメリカ西海岸の風が薫る、
ティーエムティーのTシャツ
【夏気分を盛り上げる一枚。其の2】

2021.07.26

写真・図版
¥9,680/ティーエムティー

いまや一年中袖を通すとはいえ、やはりTシャツが主役になるのは夏である。ただ、素材やデザインなど千差万別あるなかで、何を選べばいいのか決め手を欠く諸兄のために、スタイルや色柄などタイプ別に厳選して紹介。今回のテーマは、“夏気分を盛り上げるTシャツ”。南国のリゾート地で優雅なバカンスはおろか、気の置けない仲間と騒ぐことすら難しいこのご時勢。いつもとはまったく違う夏になろうとも、せめてTシャツくらいは季節感を採り入れて気持ちを高揚させたい。

素材にはブランド定番のラフィ天竺(てんじく)を採用。甘めの編み地とスラブ調の表情が、ビンテージTシャツのような柔らかな手触りと自然なフェード感を創出する。デニムの聖地、岡山県倉敷市の児島地域の工場で、生地の洗いや染色などの二次工程をすべて手がけるというから、その卓越した技術力に舌を巻く。フロントには控えめなロゴとポケットを配し、背面にアメリカ西海岸におけるユースカルチャーの中心地、ベニスビーチにたたずむカリフォルニアガールをあしらった。プリント位置や写真の構図とロゴのバランスなど、その時代の空気感ごと閉じ込めたような夏らしさ全開の一枚。

問/TMTジャパン 03-5770-3788

掲載した商品は税込み価格です。

Photograph: Ryohei Oizumi
Styling: Hidetoshi Nakato(TABLE ROCK.STUDIO)
Text: Tetsuya Sato

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    バサっとシャツ感覚で採り入れられる、
    バナナ・リパブリックのジャケット
    【ニューノーマル時代に寄り添うビジネスウエア】

    スーツ

    2021.09.03

  2. 写真・図版

    お昼限定のコース料理が楽しめる!
    京都の人気料亭「京都和久傳」の
    お取り寄せグルメで食卓に華やぎを。

    週末の過ごし方

    2021.09.13

  3. 写真・図版

    リュックとバッグどっちがいい?
    ビジネスバッグの機能性やブランドを紹介

    スーツ

    2021.09.15

  4. 写真・図版

    使う人の大切な荷物を守り抜く、
    スーリーのバックパック
    【現代のビジネスパーソンに贈る仕事鞄】

    バッグ

    2021.09.14

  5. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館7階 メンズオーセンティック
    ウールリッチ伊勢丹新宿店 店長 大山 敦さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2021.09.10

紳士の雑学