バッグ

ダンヒル
クラス感を上げるバックパック。②
[リモートワークに最適なビジネスカジュアル]

2021.08.04

働き方改革に伴うワークスタイルのカジュアル化において、注目を集めているのがバックパック。機能を優先してナイロン系を選ぶのは否定的ではないが、スニーカー同様に着こなしの格上げを望むのであれば、上質なレザー製がファーストチョイスになる。レザーといっても軽さや使い勝手の向上したタイプが増えている。ビジネスの場がオフィスに限らない現代、バックパックの便利さがアクティブなビジネスパーソンの味方になる。

写真・図版
縦41×横32×幅12センチ。バックパック¥237,600、コート¥209,000/ともにダンヒル(リシュモン ジャパン 0120-914-675

DUNHILL(ダンヒル)

アーカイブのビンテージアイテムからインスピレーションを受けたバックパック。細かなシボの入った柔らかいレザーを用い、ダンヒルのアイコンであるエンジンターン模様のファセット型のロックが特徴になっている。ノーブルさが際立った仕上がりで、スポーティーなバックパックであってもスプリングコートをはおったワークスタイルの気品を高めてくれる。

掲載した商品はすべて税込み価格です。

<<クラス感を上げるバックパック。①コーチ はこちら

「アエラスタイルマガジンVOL.50 SPRING / SUMMER 2021」より転載

Photograph: Masanori Akao (whiteSTOUT)
Styling: Masayuki Sakurai, Akihiro Mizumoto
Hair & Make-up: Masayuki (The VOICE)
Edit & Text: Kenji Washio

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ 118
    97年前のパリオリンピックのころのスーツを着こなす激レアさんに銀座で遭遇。
    いまマニアックなスーツが再注目されるわけとは?

    カジュアルウェア

    2021.09.17

  2. 写真・図版

    リュックとバッグどっちがいい?
    ビジネスバッグの機能性やブランドを紹介

    スーツ

    2021.09.15

  3. 写真・図版

    お昼限定のコース料理が楽しめる!
    京都の人気料亭「京都和久傳」の
    お取り寄せグルメで食卓に華やぎを。

    週末の過ごし方

    2021.09.13

  4. 写真・図版

    バサっとシャツ感覚で採り入れられる、
    バナナ・リパブリックのジャケット
    【ニューノーマル時代に寄り添うビジネスウエア】

    スーツ

    2021.09.03

  5. 写真・図版

    使う人の大切な荷物を守り抜く、
    スーリーのバックパック
    【現代のビジネスパーソンに贈る仕事鞄】

    バッグ

    2021.09.14

紳士の雑学