カジュアルウェア

ファッショントレンドスナップ 118
97年前のパリオリンピックのころのスーツを着こなす激レアさんに銀座で遭遇。
いまマニアックなスーツが再注目されるわけとは?

2021.09.17

写真・図版

リモートワークやネット会議が当たり前のこととなり、ネットではビジネススタイルが、どんどんカジュアル化してきているといった話題が目につきます。しかし、そうした時流とは逆行する「スリーピーススーツをビシッと決めるとやる気が出る!」とか「こだわりの手縫いスーツを仕立てるのが趣味」といった人たちがSNS上で頭角を現してきているのもまた事実。

そうしたスーツ保守派のなかでは、派閥がいくつかありますが、有名なのはイタリアのサルトリア派とロンドンのサヴィル・ロウ派。いまは前者の勢力が強くなっていますが、後者も巻き返しを狙っています。銀座にブリティッシュスタイルのオーダースーツの店がオープンしたり、ロイヤルウエディングのモーニングコートを仕立てたというサヴィル・ロウで働いていた日本人の職人さんが帰国したとか、話題に事欠きません。

写真・図版

ということで、今回はスリーピーススーツのジェントルマンのご登場。このカットを軽く見ただけだと、クラシックなスーツだな……というくらいの印象ですが、隅々を見れば見るほど、ただならぬオーラがにじみ出ています。

今回のジェントルマンは、「スローン レンジャー トウキョウ」のオーナーの大西慎哉さん。このお店は、ブリティッシュスタイルのスーツのオーダー、英国軍のウエアをアレンジしたオリジナルアウター、20世紀初頭から1990年のテイストが感じられるビンテージなどなど、かなりエッジの利いた商品がセレクトされています。

お店は銀座にあるのですが、そのビルがなんと1932年建造の「奥野ビル」という建築マニア必見のビルの中。今回は、そんなビンテージビルで撮影させていただきましたが、大西さんのスーツとの相性は抜群。

なんでもこのスーツのコンセプトは、1924年のパリオリンピックを舞台とした映画『炎のランナー』の登場人物のスーツを再現したものだとか。

次ページ現代のスーツにはないディテールに注目。

1 2 3 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ミリタリーなディテールがひと際目を引く、
    ハンティング・ワールドのトートバッグ
    【現代のビジネスパーソンに贈る仕事鞄】

    バッグ

    2021.10.25

  2. 写真・図版

    俳優・町田啓太さんの先出しカット第二弾!
    アエラスタイルマガジン秋冬号は11月5日(金)発売

    週末の過ごし方

    2021.10.22

  3. 写真・図版

    端正なたたずまいにエンブレムがクラス感を添える、
    モンブランのトートバッグ
    【現代のビジネスパーソンに贈る仕事鞄】

    バッグ

    2021.10.22

  4. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ 120
    『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』でボンドが着たセーターは着まわし力抜群。
    キャンプから街着にまで使えるよきバディ。

    カジュアルウェア

    2021.10.01

  5. 写真・図版

    日本をベンチマークに! 本国イタリアから『マセラティ』を託された男

    特別インタビュー

    2021.10.20

紳士の雑学