週末の過ごし方

『マーベラス・ミセス・メイゼル』
いま観るべき、おしゃれな海外ドラマとは? #4

2021.09.16

写真・図版

ストーリーを彩るファッションや街並みも注目

そんな自虐ネタが客に大ウケ。そのクラブの従業員スージーは彼女の才能を見抜き、マネージャーに志願、そこからミッジはスージーと共にコメディエンヌとして生きてゆくことを決意する。

ミッジがコメディエンヌとして活動してゆくうえで、たびたび女性差別的発言を浴びせられるが、それすらもジョークのネタにし、物おじせず反撃する。「女は捨て、キャラで売れ」と忠告されても、私は私と、自分らしさを貫く。

女性の社会進出が困難な時代で、悲劇にもなりうる事態をチャンスにし、力強く生きてゆく感動ドラマになりそうなところを、洪水のようなセリフとミッジの毒舌なコメディスキルでハートフルなコメディ作品に仕上がっている。もちろん感動する場面も多々あるのだが、ミッジの立ち直りの早さと、会話の速さのせいでコミカルに物語が進んでしまうのだ。

この作品を語るうえで欠かせないのが1950年代のNYの街並みやファッション、車、インテリア、内装、すべてが完璧に再現されているところだ。

終戦後に人々の心が解放され、1947年のクリスチャン・ディオールが打ち出した「ニュールック」を筆頭に、女性がファッションを楽しめるようになった時代。好景気により上流階級だけのものだったオートクチュールは中流階級にまで広がり、エレガントな装いがNYの街中にあふれている。新しい時代の幕開けにふさわしいカラフルな色使いが、見ているだけで心楽しませてくれるだ。

どんな問題にも真正面から向き合うミッジを見ていると、自然とポジティブな気持ちになってゆく。そんな不思議な魅力であふれている本作は、現在Amazon Prime Videoでシーズン3まで配信中で、シーズン4も年内に配信予定。もう待ちきれない!

Text:Jun Ayukawa
Illustration:Mai Endo

1 2 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ129
    ストールを1点プラスするだけで冬コーデが激変。
    そのテクニックを公開。

    カジュアルウェア

    2022.01.11

  2. 写真・図版

    進化を続ける老舗ホテル
    「帝国ホテル 東京」のダイニングエリアがさらに魅力的に

    週末の過ごし方

    2021.12.27

  3. 写真・図版

    ロレックス
    堅牢であれ/カテゴリー03
    【男たちよ、時計を愛せ。】

    腕時計

    2022.01.11

  4. 写真・図版

    伊勢丹新宿店メンズ館 1階 レザーグッズ、ジュエリー
    スタイリスト 折井正光さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2022.01.14

  5. 写真・図版

    元ラグビー日本代表キャプテン、HiRAKU代表取締役
    廣瀬俊朗の「新しいリーダー論」。[前編]

    特別インタビュー

    2022.01.12

紳士の雑学