使えば使うほど鮮やかな藍色に。
徳島の天然藍を使用したシューズが
オールバーズから限定発売!

2021.09.17

写真・図版

元プロサッカー選手のTim Brown(ティム・ブラウン)とバイオテクノロジーの専門家であるJoey Zwillinger(ジョーイ・ズウィリンジャー)のふたりが立ち上げた、サンフランシスコ生まれのシューズブランド「Allbirds(オールバーズ)」。

オールバーズの代表作である「Wool Runner(ウールランナー)」と、工房「Watanabeʼs(ワタナベズ)」の藍師・染め師である渡邉健太による天然藍とのコラボレーションで誕生したシューズ「Wool Runner- Watanabe’s Japanese Indigo(ウールランナー ワタナベズ ジャパニーズ インディゴ)」を、Allbirds原宿および丸の内店限定にて9月17日(金)より数量限定で発売する。

Wool Runner- Watanabe’s Japanese Indigo

写真・図版
Wool Runner- Watanabe’s Japanese Indigo ¥20,000
サイズ展開: 22~30cm

徳島の豊かな⾃然が育んだ天然藍と、最⾼品質のメリノウールは相性抜群。美しいほど奇麗に染まっており、使えば使うほど鮮やかな藍⾊へと磨かれ、永く⼤切に履ける逸品に仕上がっている。

渡邉氏が造る天然藍は土づくりから始まり、こだわりが詰まった⼟壌で、一年草「蓼藍(だてあい)」を育てて収穫し、細かく刻んで乾燥。そこに⽔を加えて発酵させたら、蒅(すくも)ができ上がる。次に、蒅に木灰汁や貝灰、麩(ふすま)を加えて発酵させ、染め液をつくる。こうして⻑い⽉⽇をかけてつくられた染め液にメリノウールをゆっくり沈め、引き上げて⽔気を切って酸化させて発色させる。この作業を何度もていねいに繰り返すことで、鮮やかで奥深い藍⾊に仕上がる。

天然藍の製造工程や渡邊氏の藍染めへの思いなど、インタビュー動画も公開中。

掲載した商品はすべて税込み価格です。

問/オールバーズ https://allbirds.jp/

Text:AERA STYLE MAGAZINE

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ミリタリーなディテールがひと際目を引く、
    ハンティング・ワールドのトートバッグ
    【現代のビジネスパーソンに贈る仕事鞄】

    バッグ

    2021.10.25

  2. 写真・図版

    俳優・町田啓太さんの先出しカット第二弾!
    アエラスタイルマガジン秋冬号は11月5日(金)発売

    週末の過ごし方

    2021.10.22

  3. 写真・図版

    端正なたたずまいにエンブレムがクラス感を添える、
    モンブランのトートバッグ
    【現代のビジネスパーソンに贈る仕事鞄】

    バッグ

    2021.10.22

  4. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ 120
    『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』でボンドが着たセーターは着まわし力抜群。
    キャンプから街着にまで使えるよきバディ。

    カジュアルウェア

    2021.10.01

  5. 写真・図版

    日本をベンチマークに! 本国イタリアから『マセラティ』を託された男

    特別インタビュー

    2021.10.20

紳士の雑学