カジュアルウェア

ポロシャツのコーディネートのポイントとは?
着こなしや人気ブランドを解説

2021.10.19

写真・図版

ビジネスからカジュアルまで、幅広く活用できるポロシャツ。年齢を選ばず、着こなしのバリエーションも豊かなアイテムです。この記事では、ポロシャツの着こなしや人気ブランドについて解説します。

ポロシャツの歴史・素材

ポロシャツは、おしゃれなファッションアイテムとして幅広い年齢層の人々に愛用されています。ビジネスシーンやカジュアルファッションに積極的に採り入れられていますが、テニスやゴルフなどのスポーツでもユニフォームとして着用されている機能性の高いウエアです。

ポロシャツの起源は、有名なフランス人テニスプレーヤーのルネ・ラコステが開発したスポーツウエアだとされています。彼は、今日の「ラコステ」ブランドの創設者としても知られています。現役を引退後に彼がデザインしたのが、半袖襟付きのポロシャツです。

ポロシャツの「ポロ」とは、小型の馬に乗り、木製のT字型スティックを操りながら相手のゴールにボールを入れる競技のことです。日本ではあまり知名度は高くありませんが、世界で最も古い歴史のある競技のひとつとされています。イギリスをはじめとして世界各地の人々に愛されているスポーツです。もともとユニフォームがなかったポロの競技にルネ・ラコステが開発したシャツをユニフォームとして採り入れたことから、「ポロシャツ」の名称で世界に広まったようです。

一般的に、ポロシャツには鹿の子素材のニット生地が使われています。表面に凹凸があるので通気性がいい点や型崩れしにくい点が特徴です。

ポロシャツはテレワークでも最適

ポロシャツはスポーツウエアとして開発されたこともあり、機能性が高く着心地がいいのがメリットです。素材には、鹿の子織りの生地やパイル地、ニット素材などが用いられます。定番の鹿の子素材は表面に凸凹があるため、肌に接する面積が少なくなっています。通気性がよく、長い時間着ていてもさらりとした着心地を保てます。ニット生地のため腕や肩などが動かしやすく、デスクワークにも適しています。

また、ワイシャツよりもリラックス感のある着心地なのに、襟やボタンがついていることできちんとした格好に見えるのもポイントです。特に、ニット素材のポロシャツはドレッシーな印象を与えます。エレガントさを保ちつつもかしこまりすぎず、親しみやすい印象を与えてくれます。

ビジネスにもカジュアルにもさまざまなスタイルに使える。ポロシャツのコーディネート例

写真・図版

さまざまなシーンで採り入れてみたいポロシャツ。手持ちのアイテムと組み合わせてファッションを楽しむことができます。ポロシャツのコーディネートの幅の広さをチェックしていきましょう。

無地のポロシャツ×アンクルパンツ

アンクルパンツとは、足首のくるぶしがやや見える丈のパンツのことです。上品さを保ちながら抜け感を演出し、メンズコーディネートの幅を広げてくれる便利アイテムです。上質な無地のポロシャツにアンクルパンツを合わせるだけのベーシックなコーディネートで、スマートな印象を演出できます。

無地だからこそ、ポロシャツは素材やフィット感を重視して選びたいもの。清潔感を感じさせる白や知的な印象を与える黒など、好みのブランドで何色かそろえておくとコーディネートに幅が出ます。

また、アンクルパンツはチノパンタイプやスラックスタイプなど種類はさまざまです。細身のシルエットを持ってくると、こなれ感を出しながらもスマートな印象に仕上がります。スニーカーはポロシャツと同じ色でシンクロさせると、全体のスタイルがまとまりやすくなります。

黒いポロシャツ×白パンツでモノトーンスタイル

白は、シャツやニットウエアなどビジネスでもカジュアルでも定番として採り入れられるカラーです。清潔感がありクリーンな印象を与えるため、大人のコーディネートでうまく使うと周囲から好感を得られます。この白をパンツに採り入れると、スタイリッシュでおしゃれな印象に。

白パンツはほかの人とかぶることも少なく、実は手持ちの定番アイテムとも組み合わせやすい便利なファッションアイテムです。黒いポロシャツに白パンツを合わせると、きちんと感が出てビジネスシーンでも違和感なく着用できます。カジュアルスタイルでは、知的で大人っぽい印象を与えられるでしょう。

白は膨張色でもあるので、ワイドフィットよりは細身シルエットやジャストサイズを選択するのがおすすめです。

クロップドパンツで親しみやすさをプラス

フルレングスのボトムスは知的で大人っぽい印象を与えますが、重い印象になってしまうこともあります。トップスに品のいいポロシャツを持ってくる場合は、クロップドパンツを合わせて軽やかさを演出するのもおしゃれです。

クロップドパンツは裾が六分丈から八分丈のサイズに切り取られたパンツのことです。カジュアルな雰囲気になりすぎたり子どもっぽい印象になることがありますが、上品なポロシャツを合わせるとバランスが取れます。

ビジネスとカジュアルの両方で活用するには、八分丈の長さがいちばん使いやすいでしょう。素材はスラックスタイプを選ぶと大人らしいコーディネートになります。クロップドパンツはスタイルアップがしやすく、適度なこなれ感で周囲に親しみやすい印象を与えます。

白ポロシャツ×ジャケットスタイル

襟付きでエレガントな雰囲気のポロシャツは、ジャケットと合わせたコーディネートも楽しめます。白ポロシャツは爽やかな印象で、グレーやネイビーのジャケットと合わせやすいです。また、スラックスの色によっても全体のイメージが変わります。

ネイビーやブラックのポロシャツもジャケットと相性がよく、知的で大人っぽい印象を与えます。グレーやベージュ、もしくは同系色のジャケットと合わせるのが定番ですが、もっと個性を際立たせたい場合は白スーツに挑戦するのもいいでしょう。

ポロシャツには、しっかりと仕立てられたテーラードジャケットを合わせるのがポイントです。スーツスタイルのきちんと感とポロシャツのこなれ感がいいバランスでミックスされ、おしゃれに見えます。

次ページ2ページへ

1 2 3 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    メンズのダウンジャケット選びで
    知っておきたい15ブランドとは?

    カジュアルウェア

    2021.11.25

  2. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階
    紳士靴 副店長 那須一輝さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2021.11.26

  3. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ125
    ユニクロから、デザイナー ジル・サンダーとコラボした+Jがついに本日発売!
    イチ推しはオン・オフで使えるダッフルコート。

    カジュアルウェア

    2021.11.12

  4. 写真・図版

    メンズトレーナーの人気ブランド10選!
    お気に入りを選ぶポイントとは?

    カジュアルウェア

    2021.11.30

  5. 写真・図版

    ヒルトングループが初めて京都に!
    アジア初進出のリゾートホテル
    「ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts」が誕生。

    週末の過ごし方

    2021.11.11

紳士の雑学