小物

ベルトの種類と選び方やコーディネートのポイント・人気ブランドを解説。
フォーマルやビジネスなど着用シーンを考慮しよう

2022.09.16

コーディネートに合わせたベルトの選び方

前段落ではメンズベルトの種類、その特徴とそれぞれに相応しい使い方があることをお伝えしました。ここからは、実際にベルトを選ぶときに役立つ基準や、ベルトを格好よく着こなすためのコーディネートのポイントをより詳しく解説します。

バックルやカラー、ブランドだけではなく、幅に着目した選び方をする

メンズベルトの選び方のひとつに、ベルトの幅を目安にするという方法があります。バックルのデザインやベルトのカラー、ブランドは気にしても、幅はそれほど気にしないという方が多いようですが、実は数ミリの幅の違いがそのベルトの用途を左右するのです。一般的に、3cm未満の細いベルトはフォーマルなスーツスタイル用、3~3.5cmの中間の太さのベルトはビジネススタイルとカジュアルスタイル兼用、4cm以上の太さのベルトはカジュアルスタイル用とされています。

もちろん厳格なルールではありませんが、わずか0.5cmの違いで用途が変わってしまうので、ひとまず「ビジネスとカジュアル、どちらにも対応するのは3~3.5cm」ということを覚えておくと便利です。特に個性的なファッションよりもオーソドックスなファッションが好きな方、きれいめのコーディネートを好む方は、この幅で品質のよいベルトを1本持っておくと着まわしが利きます。

革製プレーンベルトではステッチの有無や厚みもチェックする

革製のプレーンベルトにはステッチ (縫い目) が入ったものと入っていないものがあります。細かい部分なので見落としがちですが、ベルト選びでは案外重要な要素になります。ステッチレスのものはフラットで、スタイリッシュな美しさがあるため、一見するとどんなシーンでも使えるように思えるかもしれませんが、実は結婚式などのフォーマルなシーンでは、ステッチの入ったベルトを選ぶのが正解。ステッチレスのものはカジュアル感が強いと見なされます。あらたまったビジネスシーンでも同様です。

ステッチの入ったベルトのなかには、レザーと異なる色のステッチや、線が太めのステッチを入れたものもありますが、こちらもフォーマルには向きません。フォーマルスタイルではあくまでレザーと同色の、細やかなステッチが配されたものを選びましょう。

ちなみにトラッドな本革ベルトではほどよい厚みのあるものが高級感を醸し出すとされているので、革製品にこだわりのある方はベルトの厚みにも注目してみてください。

スーツを着るときはベルトと靴の色を合わせる

ベルトはファッションアイテムのなかでは小ぶりですが、体の中央付近にあしらうため意外と目立つアイテムでもあります。そのためベルト選びに失敗すると、全体が残念な印象になってしまうことも。そこで実践したいのが、ベルトと靴の色を合わせること。これはコーディネートに統一感を出すためのテクニックのひとつで、特にスーツを着用するスタイルではもはやセオリーとなっています。

ベルト本体、靴本体の色に加え、細かいパーツの色や素材感も合わせれば、格段に洗練された印象になります。たとえば、モンクストラップシューズ、ビットローファーなど金具付きの靴を履くときは、靴の金具とベルトの金具を同じ色で統一しましょう。

ベルトを購入する際は、こうした着こなし術も考慮して選ぶと経済的かつ効率的。普段黒い靴をよく履くのであればベルトも黒を選ぶというように、靴の色をベースに選ぶのがポイントです。

プレーンベルトでもメッシュベルトでもサイズ(長さ)をチェックする

ベルトのサイズは、ウエストのサイズに合わせて選ぶのが基本ですが、それに加えて、きつく締めるか緩く締めるか、さらに、ウエストの高い位置で締めるか低い位置で締めるかなども考慮する必要があります。

プレーンベルトでは、穴がサイズの目安になります。5個穴があれば、そのうち3つ目の穴、つまり真ん中で留まるものが体形に合っており、見た目も整います。商品のサイズ表記に示されている数値も、バックルの付け根部分から真んなかの穴までの長さです。

「穴のどれかに留まればいい」というのも間違いではありませんが、基本的に真ん中以外の穴は、購入後に体形が変わったときや食事を食べすぎてしまったときなど、ライフスタイルのなかで調節するためのもの。やはり購入時はジャストサイズを選ぶことがベストです。

なお、メッシュベルトのような穴のないタイプの場合は、留めた後に先端が余りすぎたり足りなかったりせず、パンツのベルトループにバランスよく収まる長さを選べばOK。

着用シーンや着こなしのスタイル、TPOを考慮する

ハイクオリティーのブランドものやデザイン性の高いベルトでも、TPOに合っていなければその魅力はフルに生かされません。例えばフォーマルなパーティーでダークカラーのスーツやジャケットを着るときに、リングベルトやガチャベルト(GIベルト)を着用するのは明らかに違和感がありますし、キャンプや釣りなどのアウトドアシーンで細いプレーンベルトを着用するのは機能面でも見た目にもミスマッチです。外出前のスタイリングの際は、着用したいベルトが着こなしや TPOに合っているか再度チェックしましょう。

既に解説したとおり、プレーンベルトはオン・オフどちらにも使えますが、TPOにフィットしたおしゃれを追求する場合は、あらかじめベルトをビジネススタイル用とカジュアルスタイル用に仕分けしておくのもオススメ。「平日は革靴、休日はスニーカー」というように靴を切り替えている方も多いようですが、ベルトも同様です。オン・オフを分けておくことでうっかりコーディネートに失敗することを防げます。また、長年の経年変化により使用感が出てきたレザー製のベルトは、フォーマルやビジネスでは使用せず、革のエイジングを生かせるカジュアルスタイルに回しましょう。

次ページ3ページへ

1 2 3 Next

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  2. 写真・図版

    トム・クルーズが引き金? ボア付きジャケットの人気が再燃!
    着こなし方のポイントを解説。
    ファッショントレンドスナップ 166

    カジュアルウェア

    2022.12.02

  3. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  4. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第5回 下北沢 胃袋にズキュン はなれ

    週末の過ごし方

    2022.11.30

  5. 写真・図版

    ジョージ ジェンセン
    [俳優・桜田 通、美しきジュエリーと。]

    小物

    2022.12.01

紳士の雑学