週末の過ごし方

福島・双葉はアートと
ものづくりで蘇(よみがえ)る
【センスの因数分解】

2022.06.08

写真・図版

福島第一原発の事故から11年、双葉町は県で唯一、いまだに全町避難が続いています。今年目黒区に燗酒専門の料理店『高崎のおかん』をオープンさせた高崎 丈さんは、この福島県双葉町出身。昨年、アートをはじめとした個性豊かな復興をスタートさせました。

「ある日、お客さまでアートプロジェクトを手がけている方がいらしたんです。マナー違反かと思ったんですが、カウンター越しにぜひ双葉でもと口説きました」

その人物とはOVER ALLsの赤澤岳人代表。話は進み、アーティストの山本勇気副代表と共に双葉町を訪れ、かつて店鋪があった双葉駅前の壁面に作品を描いてもらうことになりました。

写真・図版
「燗酒の素晴らしさを世界に伝えたい」と高崎 丈さん。『高崎のおかん』は料理と燗酒のペアリングをここだけのプレゼンテーションで楽しめるカウンター8席の小さな店。アペリティフは町おこしにもなっている『クラフトジンふたば』のジン・トニック。復興への思いを込め、器も地元陶芸家の作品をそろえている。

「しかしいざ現場に行くと、山本さんから“この場で感じる事柄が多すぎていま壁面に画を重ねることができない”と言われたんです。そして出直すこととなりました。言うのは簡単ですが、東京から往復8時間の道のりです。それなのに彼は、再び時間や労力をかけて、真摯(しんし) にこのプロジェクト(PJ)に向き合ってくれました」

2度の訪問を経て2021年6月に完成したのが、“HERE WE GO”のメッセージと地面を指差す手の作品。この作品が、高崎さんにとって大きな転機となりました。「視覚でしか感じないはずの壁画なのに、五感のすべてが揺さぶられたような衝撃を受けました。ひるがえって私が提供する燗酒や料理は、五感の要素を網羅していますが、それを超えられるものではないようにそのとき思ったんです。それが、『高崎のおかん』という店舗につながっていきます」

写真・図版
HERE WE GO!!! と指差された場所から再び始めようというメッセージが込められた壁画。

高崎さんはこのアートから始まるともしびを消してはならぬと、さらに動きます。双葉町に会社を設立。現在はアートPJと並行し行政への働きかけや、仲間と一緒に“クラフトジンふたば”という再生応援ジンを造るなど精力的に活動をしています。ひとりの故郷への思いからスタートした取り組みは、次第に町の希望に様変わりしてきたようです。

「地元の人たちが協力し合ってリデザインしていこうという気運が高まり、少しずつプレーヤーが集まってきています」

現在双葉町は、6月の避難区域解除を目指し、官民一体となって準備にあたっています。まだまだ課題は多いなか、高崎さんのように“理屈抜きに訴えかけるなにか”に動かされ、行動を起こす人も増えています。故郷を追われて十余年、双葉町の民と未来に幸あれと願うばかりです。

高崎のおかん
東京都目黒区青葉台3−10−11 青葉台フラッツ 101
https://booking.teriyaki.me/ja/store-detail/123

「アエラスタイルマガジンVOL.52 SPRING / SUMMER 202」より転載

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    1億円のコラボ作品も⋯⋯
    多才なアーティスト・三浦大地、
    自身初の個展を伊勢丹新宿店で開催中。

    特別インタビュー

    2022.07.29

  2. 写真・図版

    『TIME』誌で“世界一快適な靴”と称された、
    オールバーズのスニーカー

    2022.08.01

  3. 写真・図版

    井桁弘恵さんと巡る、TOKYO写真探訪。
    第3回 ライカ銀座店

    週末の過ごし方

    2022.08.03

  4. 写真・図版

    天然成分で染め上げた優しい色合いが目を引く、
    コンバース オールスター

    2022.07.28

  5. 写真・図版

    「帝国ホテル」の黒毛和牛のローストビーフ
    自慢の手土産 #93

    週末の過ごし方

    2022.07.26

紳士の雑学