カジュアルウェア

ファッショントレンドスナップ147
この夏注目のホワイトシャツは、
個性的なオシャレが際立つ、超クールな優等生。

2022.06.28

写真・図版
オーダーのオープンカラーシャツ¥63,800〜+生地代/カミチェリア エリ https://www.instagram.com/camiceria_eri/ (注)お問い合わせはインスタグラムのメッセージにて

今回のジェントルマンが着ていたオープンカラーシャツは、裾がパンツにインされていたのでわかりませんでしたが、代表的なものは裾がストレートにカットされています。これは、裾を出して着たときにきれいに見え、かつ風が抜けやすいので涼しいという効果も。

最近よく見かけるようになったオープンカラーシャツですが、色物や半袖は見つかるのですが、上質素材のホワイトの長袖となるとなかなか見つけられないというのが現状。

その解決策は、オーダーでオープンカラーシャツを作るという荒技。きっとミラノのジェントルマンのシャツもオーダーだと思います。

素材は夏用と考えるとリネンがベストですが、最近はポロシャツ生地のような凹凸感があり風通しのいいものも出てきているので、そうした生地でオーダーするのも面白いと思うのですが、いかがでしょうか!?

写真・図版

イタリア流のオープンカラーシャツは、襟のデザインがワンピースカラーとかイタリアンカラーと呼ばれるもので、襟から前立て部分までが一枚になった作りになっているものが主流です。

上の写真では第2ボタンを留めていますが、そこを開けるとスナップのジェントルマンのようなVゾーンに。ここを開ける、開けないでクラシックに見えたりセクシーに見えたりするので、シーンによって使い分けるといいのではないかと思います。

このシャツを作ったのは、東京にあるオーダーシャツ工房のカミチェリア エリ

店名が示すように女性のシャツ職人が生地のカットから手縫いボタンホールまですべて手がけています。仕上がったシャツを手にすると、ナポリにあるシャツの名店「アンナ・マトッツォ」と同じような女性ならではの感性と、日本人ならではの細かな手作業が絶妙にミックスされた唯一無二の存在感があふれています。

写真・図版

カミチェリア エリのオープンカラーシャツは、第1ボタンを留めると普通のシャツのようにネクタイが締められる工夫がされています。こうしたことができるのはオーダーならでは。イタリアのオーダーシャツ店でもなかなか見られないもので、高い職人技が要求される仕様。

写真・図版

袖口は、手首に近くなるにつれて細く絞り込んだようなデザイン。イタリアの高級シャツによく見られるディテール。

裾のサイドには、伝統的なオープンカラーシャツと同じスリットが入っています。

写真・図版

カミチェリア エリのシャツでスナップの再現コーディネートを作るとこんな感じです。第2ボタンを開けるとイメージがかなり変わってくるのがよくわかると思います。腕まくりも重要なテクニックなのでお忘れなく。

トレンドスナップのまとめはこちら

Photograph & Text:Yoichi Onishi

1 2 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴
    スタイリスト 佐藤 魁さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2022.09.16

  2. 写真・図版

    ローマの旅路動画を公開!
    アンバサダーである山下智久が、
    ブルガリ本店&工房を訪問。

    週末の過ごし方

    2022.09.12

  3. 写真・図版

    黒スーツ(ブラックスーツ)はビジネスでOK?
    着こなしのポイントやコーディネートを解説

    スーツ

    2022.09.16

  4. 写真・図版

    「ポアール・デ・ロワ」のフルーツソルベ
    自慢の手土産 #98

    接待と手土産

    2022.09.21

  5. 写真・図版

    岩井千怜、川崎春花、尾関彩美悠 新ヒロイン続々誕生の一方で、
    ベテランが抱く思い「あと何回ゴルフが……」。

    週末の過ごし方

    2022.09.26

紳士の雑学