腕時計

ヴァシュロン・コンスタンタン 銀座本店で
「風神雷神図屏風」から着想を得た2モデルを特別展示

2022.11.28

写真・図版

17世紀の江戸寛永年間に活躍した琳派の画家、俵屋宗達の代表作として知られる建仁寺所蔵(現在は京都国立博物館に寄託)の国宝「風神雷神図屏風」。これを着想源として、ジュネーブの名門ウォッチメゾン、ヴァシュロン・コンスタンタンの熟練職人が完成させた特別なタイムピースが、ヴァシュロン・コンスタンタン銀座本店で12月1日までの期間限定で特別展示されている。

「レ・キャビノティエ・エクストラフラット・ミニットリピーター-風神-」と「レ・キャビノティエ・エクストラフラット・ミニットリピーター-雷神-」の2モデルの文字盤上の“風神”と“雷神”は、彫金とエナメル技法の粋を凝らして描かれたものだ。18Kイエローゴールドの文字盤に、まず不規則な格子模様の沈み彫りを施し、透明な溶剤を施して窯で焼き、金箔装飾を思わせる質感に素地を整える。その上からグラン・フー・ミニアチュール・エナメルのペイントによって風神、雷神の姿を描き、色を定着させるために焼成工程を6~7回もくり返し、最終研磨まで100時間以上を費やして完成に至っている。

風神仕様のケースとベゼルには、風が吹いて千切れた雲を表現した彫金が施され、ミニット・リピーターのスライドレバーには6個のバゲットカット・ツァボライトをセット。雷神仕様では、稲妻を表現した螺旋模様の彫金を施し、スライドレバーに6個のバゲット・カットルビーをセットした。

それぞれ、創業者ジャン=マルク・ヴァシュロンの生誕年を冠した自社製ミニット・リピーター・キャリバー1731を搭載する。メゾンのミニット・リピーター・ムーブメントでは最薄となる厚さ3.9㎜でありながら、65時間ものパワーリザーブ誇る。また特許取得の静音性の高いフライング・ストライク・ガバナーを備え、音響性を考慮してガスケットを排し、ゴングをケースに直接つなげるなどの独自の技術の採用により、透明感のある明瞭なチャイム音を響かせる。

写真・図版

この2作品は、2022年春にヴェネチアのサン・ジョルジョ・マッジョーレ島で開催された、第2回「ホモ・ファーベル」展に出品された。「ホモ・ファーベル」とは、ラテン語で“作る人”を意味し、20世紀前半のフランスを代表する哲学者ベルグソンが「人間の本質は、物をつくりおのれを形成する創造活動にある」として、この言葉を提唱した。

世界中の卓越した職人技の存続を支援するためにスイスで創設されたミケランジェロ財団が主催するこのエキシビションは、2018年に第1回が開催され、今春の第2回では日本を主賓國に、日本の人間国宝12名の作品の展示のほか、日本に関連した15の特別な展示に世界30カ国400点以上が集結した。

写真・図版

ヴァシュロン・コンスタンタンと日本との関係は江戸末期に遡る。創業者から4代目に当たるシャルル・セザール・ヴァシュロンが、1862年にジュネーブ州の使節団の一員として来日し、スイスと日本との間に修好通商条約を結ぶ素地を築く。

以降、日本との絆を深めてきた歴史に向き合い、「風神雷神図屏風」を「ホモ・ファーベル展」への参加作品の着想源に選んだ。俵屋宗達のオリジナルのほかに、琳派の尾形光琳、酒井抱一が、これを模写し、おのおのの創造性をつけ加えた作品も知られている。ヴァシュロン・コンスタンタンの2作品も、宗達の四曲一双の屏風絵を元にしながら、独自の技法や表現が加えられていることが興味深い。

ヴァシュロン・コンスタンタンは、2019年以来パートナーシップを締結しているルーブル美術館とともに、「ホモ・ファーベル」展に参加した。ヴァシュロン・コンスタンタンは、ルーブル美術館の所蔵作品を着想源に、ミニアチュールペインティング、エナメル、エングレーブ、ジェムセッティングなどの技法などを駆使した、芸術性の高いタイムピースを数々制作し、伝統の職人技の継承・発展に尽力している。この2作は、そんなメゾンのスタンスと、ルーブル美術館とのパートナーシップを象徴するものだ。

写真・図版

ヴァシュロン・コンスタンタン銀座本店には、この特別な2モデルに加え、「風神雷神図屏風」から着想を得たルーブル美術館の額装工房が、オーク材に風神と雷神を彫刻し、金色仕上げを施して、「ホモ・ファーベル展」に出品した四曲屏風も展示されている。さらに日本を代表する工芸である蒔絵技法による「メティエ・ダール・ ラ・サンボリック・デ・ラック」コレクションの2モデル「鯉と滝」(2011)、「花見(春)」(2012年)、及び1924年に製造された懐中時計「侍」(ref.11272)も並び、じっくりと鑑賞できる。

ヴァシュロン・コンスタンタンの卓越した技術力と伝統工芸に対する情熱、さらに日本との絆への理解を深める絶好の機会に足を運びたい。

  • 写真・図版
    「レ・キャビノティエ・エクストラフラット・ミニットリピーター-雷神-」。手巻き、ケース径41㎜、ホワイトゴールドケース×アリゲーターストラップ。
  • 写真・図版
    「レ・キャビノティエ・エクストラフラット・ミニットリピーター-風神-」。手巻き、ケース径41㎜、ホワイトゴールドケース×アリゲーターストラップ。

特別展示詳細

「レ・キャビノティエ」特別来日展示
期間:20221122日(火)~121日(木)
場所:ヴァシュロン・コンスタンタン 銀座本店
住所:東京都中央区銀座 4-3-9 2階
TEL03-6862-1755
営業時間:月曜日-日曜日 12:0020:00
来店前に必ずお電話にて空き状況を確認ください。

Text:Yasushi Matsuami

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    グレースーツを「睦月」にまとう。

    週末の過ごし方

    2023.01.17

  2. 写真・図版

    「てのしま」の寿司詰め合わせ
    すべて実食!自慢の手土産 #103

    週末の過ごし方

    2023.01.20

  3. 写真・図版

    リモートワークに便利な一着。
    ポロニットを選ぶときの条件は!?

    AERA STYLE MARKET

    2023.02.01

  4. 写真・図版

    帽子の裏歴史と意外と語られないコーディネートの基本
    ファッショントレンドスナップ171

    カジュアルウェア

    2023.01.31

  5. 写真・図版

    リゾートに革命を起こしたレジェンド
    日本に旅館をつくる
    【センスの因数分解】

    週末の過ごし方

    2023.02.01

紳士の雑学