腕時計

腕時計を着ける男、本を読む男。

2024.03.26

400_03-027

世の中には、ふたつのタイプの男が存在する。腕時計を着ける男と、着けない男。腕時計を着けない男は、スマホで時刻を確認しているらしい。時刻に限らず、ニュースも為替の相場も、仕事のメールも、自分の健康状態さえも。世の中のすべてとは、スマホでつながっている。

あくまでも個人的な見解ではあるが、私はそういう人を信用しない。スマホの充電が切れた途端に、閉店ガラガラ。世の中が、仕事が、健康が、スマホの機嫌次第というのは、どうもいただけない。

腕時計を着けている男からは、自分自身で事に当たろうとする意志を感じる。スマホ頼み、ひと頼み、会社頼みではなく。時間をコントロールして、人との約束を守り、自分の価値基準で世の中を把握する。そんな人を「男前」だと、私は感じる。

スーツに似合う腕時計を語るとき、これまでであれば「視認性のよい3針」「エレガントな革ストラップか機能的なメタルストラップ」といった条件を挙げてきた。いま、働き方も大きく変わり、それに伴ってスーツの着こなしも自由になった。その日の仕事内容や働く場所によって、タイドアップでもストールでもニットでもはばかられることはない。であれば、腕時計選びも自由でいい。ピンクの文字盤も、スポーティーなクロノグラフ計も、ツートーンのリボンストラップもスーツに着けるのを解禁していいだろう。

ここに並んだ腕時計の共通点は、機械式であること。意志ある男の腕元には、ゼンマイの力で駆動する機械式時計がよく似合う。いま、機械と呼ばれるもののほとんどは電気の力で動いている。もちろん、スマホもそのひとつ。機械式時計は、ゼンマイを巻けば動く。しかも正確に。このシンプルな仕掛けは、男たちの相棒と呼ぶに値する。

もうひとつ言うならば、世の中にはふたつのタイプの男が存在する。本を読む男と、読まない男。自分だけの見識に頼らず、先達の知恵に学ぶ。そんな、本を読む男を私は信用している。

「アエラスタイルマガジンVOL.55 AUTUMN/WINTER 2023」より転載

Photograph:Masanori Akao(whiteSTOUT)
Styling:Masayuki Sakurai
Hair & Make-up:Shotaro(SENSE OF HUMOUR)
Edit & Text:Kenji Washio

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. なじみの街、浜松町「東海飯店」で<br>MCマッチ!?が餃子を頰ばり“生トーク”!<br>マッチと町中華。【第11回】

    なじみの街、浜松町「東海飯店」で
    MCマッチ!?が餃子を頰ばり“生トーク”!
    マッチと町中華。【第11回】

    週末の過ごし方

    2024.03.29

  2. ホテルインディゴ軽井沢で、<br>憧れの“別荘時間”を楽しむ。

    ホテルインディゴ軽井沢で、
    憧れの“別荘時間”を楽しむ。

    週末の過ごし方

    2024.04.15

  3. 半蔵門『三貴苑』で“麺喰い”マッチも驚く<br>絶品つけめんに舌つづみ!<br>マッチと町中華。【第12回】

    半蔵門『三貴苑』で“麺喰い”マッチも驚く
    絶品つけめんに舌つづみ!
    マッチと町中華。【第12回】

    週末の過ごし方

    2024.04.12

  4. 祈りのアーティスト・小松美羽、<br>高野山の霊性と大気を描く。

    祈りのアーティスト・小松美羽、
    高野山の霊性と大気を描く。

    週末の過ごし方

    2024.04.16

  5. 発売を記念したポップアップストアも登場!<br>「ボス」のブランドアンバサダー・大谷翔平選手との<br>新作カプセルコレクションを発表。

    発売を記念したポップアップストアも登場!
    「ボス」のブランドアンバサダー・大谷翔平選手との
    新作カプセルコレクションを発表。

    カジュアルウェア

    2024.04.11

紳士の雑学