紳士の雑学

フォーマルは黒いスーツを着てればいい?スーツの着こなしQ&A

2017.06.24

ビジネスシーンで着用するスーツや、礼服と言われるスーツがあるが、黒ならばいずれもフォーマルなシーンで着用してもいいのだろうか?その答えは「NO」だ。同じ黒でも昼夜の区別、格式でルールが違う。ここではフォーマルなスーツの中でも代表的な4タイプを紹介する。

写真・図版

01.MORNING COAT モーニングコート

昼間の第一級とされる正礼装。別名、カッタウェイフロック。後裾の長い上着に共地のベスト(慶事はグレー系も可)、縞(しま)柄のパンツ、ウイングカラーのドレスシャツ、シルバー系の無地か縞柄のアスコットタイ、手袋を持つというのが基本的なスタイルである。

写真・図版

02.DIRECTOR’S SUIT ディレクターズスーツ

昼間の準礼装。モーニングの略装という位置づけ。シングル一つボタンのジャケット、もしくはダブルのジャケットに、グレー系のベスト、縞柄のパンツを合わせるのが基本。ただし、昨今ではハウンドトゥースや、グレンチェックのパンツにすることも多い。

写真・図版

03.EVENING COAT イブニングコート

夜間の第一級とされる正礼装。テールコート、燕尾(えんび)服と呼ばれることも。後裾の長い上着に、側章付きのパンツ、白のボウタイとベスト、ウイングカラーのドレスシャツ、足元にオペラパンプスを合わせるのが基本。皇室や政府主催のレセプションなどで見られる。

写真・図版

04.TUXEDO タキシード

ディナージャケットとも言う。ピークドラペルやショールカラーのジャケットに、側章付きのパンツ、ウイングカラーシャツに黒のボウタイ、カマーバンドかカマーベストを着用するのが基本。ブラックタイと指定されたときは、このスタイルが必須だ。

出典:永久保存版「スーツ」着こなし事典(朝日新聞出版)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ザ・ノース・フェイスのリュック
    自転車通勤にうれしいスペックが満載。

    旬のおすすめ

    2018.05.17

  2. 写真・図版

    スーツにハイソックスを履いていないことは恥であると知るべし
    [男の服飾モノ語り]

    紳士の雑学

    2017.12.01

  3. 写真・図版

    シャツやスーツの「シワ問題」。
    衣類スチーマーが解決するか?

    旅と暮らし

    2018.06.12

  4. 写真・図版

    ミーティングを兼ねた会食に最適のホテルダイナー
    [状況別、相手の心をつかむサクセスレストラン Vol.05]

    旅と暮らし

    2018.06.12

  5. 写真・図版

    ニューヨーク発「ベンジャミン ステーキハウス」が日本初上陸!

    旅と暮らし

    2017.07.07

紳士の雑学

調べ・見立て