旬のおすすめ

カジュアルの夏 シャツ編

2017.07.07

写真・図版
ブラックのオープンカラーシャツは、旧式のシャトル織機でゆっくりと高密度に織り上げたコットン100%のファブリック。袖口にボタンがなく、まくり上げやすい。オリーブカラーのグルカパンツを合わせて、男らしい配色の着こなしに。シャツ¥22,000/オーラリー(クリップクロップ 03-5793-8588)

何を選ぶか迷いがちのカジュアルスタイルはアイテム3点をセットにすると簡単明瞭。今年の夏はリバイバルしたシャツ、パンツ、シューズの着こなしで、バカンスを楽しもう。今回はその第2回目となるシャツ編。

OPEN COLLAR SHIRT
ゆったりとしたシルエットが理想のリラックス感を生む

写真・図版

白無地でもオープンカラーになると、こんなにも新鮮。吸水速乾性にたけた「クールマックス®ファブリック」を使用。脇のマチが大きく、腕の可動域が広いつくり。¥17,000/ナナミカ(ナナミカ 代官山 03-5728-6550)

写真・図版

ニューヨークコレクションに参加するブランド、デヴォーから。インクブルーの染色が絶妙。コットンにシルクを混紡しているため、なめらかな風合いで光沢感がある。¥40,000/デヴォー(エディフィス渋谷 03-3400-2931)

写真・図版

「タイプライター」と呼ばれる高密度に織ったファブリック。パリッとした質感が魅力だ。袖は細めで、裾はラウンド。¥13,000/バイオレット バッファロー ワロウズ(メルチェリア ドレステリア 恵比寿店 03-5475-8498)

写真・図版

かなり細いストライプで、コットン100%のハリがあるファブリック。身頃も袖もゆったりとしたパジャマ風のデザインが、リラックスした雰囲気を生み出す。¥22,000/オーラリー(クリップクロップ 03-5793-8588)

写真・図版

丸い肩のラグランスリーブやテロッとしたレーヨンのファブリックが、オープンカラーシャツの解放感をさらに高める。両胸のボタン付きのポケットも目を引く。¥30,000/サンカッケー(▽三角形︎ 03-6438-9309)

写真・図版

着まわしやすさで選ぶなら、ネイビーの無地を。デザインもシンプルで、身幅が広めのボックス型シルエット。素材はコットン。¥12,000/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)

掲載した商品はすべて税抜き価格になります。

Photograph:Masanori Akao(whiteSTOUT)
Styling:Tatsuou Sakai
Hair & Make-up:Masayuki(The VOICE)
Edit & Text:Kenji washio

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    3%台の超難関テスト、出費、体力消耗……
    過酷な女子プロゴルフ界で際立つ鉄人・小祝さくら。

    週末の過ごし方

    2022.06.15

  2. 写真・図版

    時間を忘れる喫茶店
    [部長の名店。ひとり気ままにノスタルジックランチ]
    パーラーキムラヤ

    接待と手土産

    2022.06.17

  3. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ144
    レザースニーカーの新エースは、オン・オフ使える二刀流。
    おまけにイタリア生まれでコスパ最強!?

    カジュアルウェア

    2022.06.14

  4. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ145
    夏の定番スタイルをオシャレに激変させる究極の一撃!
    その必殺技アイテムの使い方を解説。

    カジュアルウェア

    2022.06.20

  5. 写真・図版

    俳優・塩野瑛久が魅了する、ジュエリーの真価。
    #02 フレッド

    小物

    2022.06.22

紳士の雑学