旬のおすすめ

働く男のネイビージャケット 高機能編

2017.07.11

NEWYORKER
毎日でも持ち歩きたい高機能ジャケットの価値

写真・図版

どんなにクールビズが奨励されても、ビジネスマンにはジャケットを着なければならないシーンがある。急な会議や会合など、それは突然訪れる可能性もあり、やはりジャケットは常に備えておくのが理想といえる。ニューヨーカーのネイビージャケットは、そんな夏の毎日にうってつけの一着だ。
アクティブなビジネスマンをサポートするニューヨーカーの「フレキシー」シリーズのネイビージャケットは、からみ織りという製法で織り上げたポリエステル100%の生地を使用。通気性や吸水速乾性にたけ、さらにはシワにもなりにくい。ブリーフケースにたたんで入れておいてもシワが気にならず、取り出してすぐに着られるほど。これなら、たとえはおらずとも毎日持ち歩け、いざというときに節度あるビジネススタイルが装えるというわけだ。また、芯地類を用いないアンコン仕立ての「ブリーカー」モデルゆえ、着心地も驚くほど軽快。サマースタイルの頼れるワードローブとなる。

写真・図版

カチオン染めという染色法を用いた、からみ織りのポリエステルの生地。繊細で深みのあるネイビーがどんなアイテムともマッチする。

ジャケット¥39,000/(ニューヨーカー 0120-17-0599)、シャツ¥12,000/J.プレス(オンワード樫山 お客様相談室 03-5476-5811)、パンツ¥23,000/エキパージュ(シップス 銀座 03-3564-5547)、タイ¥14,000/ニッキー、シューズ¥24,000/ヒロシ ツボウチ×エディフィス(すべてエディフィス 渋谷 03-3400-2931)、チーフ¥4,600/エストネーション(エストネーション 03-5159-7800)、ベルト¥17,000/マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI カスタマーサポート 0120-340-460)

MIZUNOCREATION×SHIPS
スポーツウエアの機能とビジネスウエアの品格を融合

写真・図版

うだるような暑さのなか、人が最も涼しさを感じるのは、汗の蒸発に伴って気化熱が発散されるときだという。そうした生理学的メカニズムはスポーツウエアにおいては常識だが、ビジネスウエアに採り入れられることは少ない。“スポーツとファッションの融合”をいち早く掲げたミズノクリエーションがシップスにて限定展開するネイビージャケットは、まさにそうしたスポーツウエアならではの機能性を備えるビジネスウエアである。
昨年、シップスのみのエクスクルーシブプロジェクトとして待望の復活を果たしたミズノクリエーション。そのネイビージャケットには、ミズノが誇るスポーツウエア用の高通気素材「テックベント」を使用。生地の表面に設けた小さな通気口が驚くほど風を通し、汗を蒸散させるとともに熱を服の外へ逃す。さらに、運動性を損なわないストレッチ性やシワ耐性を備え、ビジネスウエアたる品格も申し分ない。これなら最高のパフォーマンスを発揮できるだろう。

写真・図版

通気性に加え、スポーツウエア譲りの多彩な機能性を備える「テックベント」。リップストップ風の表情はスポーティーで都会的な雰囲気。

ジャケット¥37,000/ミズノクリエーション×シップス、ベルト¥12,000/デュヴァレー(ともにシップス 銀座 03-3564-5547)、シャツ¥11,000/エストネーション(エストネーション 03-5159-7800)、パンツ¥26,000/マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI カスタマーサポート 0120-340-460)、シューズ¥57,000/ジョセフ チーニー(バーニーズ ニューヨークカスタマーセンター 0120-137-007)

BEAMS LIGHTS
日本が誇る先進生地で夏の欲しいを一着に集約

写真・図版

こと機能性に限っては、ビジネスウエアは冬用よりも夏用のほうが多くを要求される。涼しさの鍵である通気性はもとより、暑苦しさを軽減する軽量性や突然の雨対策となる撥水(はっすい)性など、挙げたらきりがないほどだ。その点、ビームス ライツが提案するネイビージャケットには、サマーシーズンに欲しい機能が満載されている。
ライフシーンすべてを旅と捉え、旅に最適な機能性重視のアイテムを展開するビームス ライツ。そのネイビージャケットに採用したのは、先進的な生地で世界をリードするファブリックメーカー、小松精練が開発した機能素材「クールドッツ」だ。高い通気性をはじめ、小雨を弾く軽撥水性やストレッチ性にも優れ、汗のまとわりつきによるつっぱりも軽減。また、一枚仕立てによる軽量性や汗をかくからこそ必要なウォッシャブル、ブリーフケースにも収められるパッカブルといった機能性まで備える。一着で夏対策は万全といっても過言ではないネイビージャケットだ。

写真・図版

裏地にメッシュ素材を用いることで「クールドッツ」ならではの高い通気性を損なうことなく、常にドライで涼しい着心地を味わえる。

ジャケット¥23,000/ビームス ライツ(ビームス ライツ 渋谷 03-5464-3580)、シャツ¥14,000/エストネーション(エストネーション 03-5159-7800)、パンツ¥30,000/ロータ(トゥモローランド 0120-983-522)、ベルト¥7,800/デュヴァレー(シップス 銀座 03-3564-5547)、シューズ¥80,000/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店 03-6805-1691)

掲載した商品はすべて税抜き価格になります。

Still Photograph:Takashi Nishizawa(DOUBLE ONE)
Styling:Masayuki Sakurai 
Text:Yasuhiro Takeishi(City Writes) Edit:Kenji Washio

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    「てのしま」の寿司詰め合わせ
    すべて実食!自慢の手土産 #103

    週末の過ごし方

    2023.01.20

  2. 写真・図版

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    グレースーツを「睦月」にまとう。

    週末の過ごし方

    2023.01.17

  3. 写真・図版

    コートスタイルをスマートに格上げするうわさのセーター。
    タートルネック、モックネックどちらが正解!?
    ファッショントレンドスナップ 170

    カジュアルウェア

    2023.01.24

  4. 写真・図版

    BEST BAGS FOR DIFFICULT REQUEST
    ラフに肩掛けしても様になるジョルジオ アルマーニ
    【“旅するバッグ”を探せ。】

    バッグ

    2023.01.04

  5. 写真・図版

    北海道ニセコの名宿「坐忘林」。
    美しくも厳しい自然と共存するソーシャルグッドな知恵と工夫。

    週末の過ごし方

    2023.01.20

紳士の雑学