旬のおすすめ

大人の鞄、良識ある選択 vol.4

2017.07.12

ビジネスで使用する鞄は相棒ともいえる大切なアイテムゆえ、機能や耐久性はもちろん、自分自身のプライドを託せる逸品からセレクトしたい。バッグの多様化が広がるなか、昨今は従来の型にはまらない突出したクオリティーや機能を誇るものが数多くリリースされている。なかでも見逃せない人気ブランドの最新作を披露する。

051217_AERA-STYLE-MAGAZINE81453_F02

フジタカ ギャラリー
伝承の技を有する職人と高感度なデザイナーが、タッグを組んで至高のバッグづくりを実践する日本のフジタカ。なかでも「名巧」は、素材や縫製にフジタカの総力を挙げた絶品バッグがそろう渾身(こんしん)のシリーズ。このビジネスブリーフも外装にドイツのワインハイム社製高級「ワープロラックス」革を、内装には優しい毛足のピッグスキンをぜいたくに用いたハイスペック。さらに堅牢になりすぎぬよう「割り・漉(す)き」工程を駆使し、実用性と同時に繊細な使い勝手にまで配慮している。(H27×W37×D7㎝)¥180,000(イケテイ ヴィラ トーキョー 03-3861-6276)

051217_AERA-STYLE-MAGAZINE81462_F02

ヴァレクストラ
多くのセレブリティーが愛用するだけでなく、ニューヨーク近代美術館にもその製品が永久所蔵されているイタリアのヴァレクストラ。定番のビシネスブリーフは、エレガントなソフトタッチと傷が付きにくい特性を備えた最高級のスタンプレザーを使用。しかもイタリアの老舗らしく、発色が素晴らしいところも見逃せないポイント。スモーキーなブルーのほか、レッドやホワイトなどのビビッドカラーも多数ラインアップ。また、シルキーな光沢を放つ内装は、特殊なウォッシャブル生地を採用している。(H30×W41×D8㎝)¥285,000(ヴァレクストラ・ジャパン 03-3401-8017)

051217_AERA-STYLE-MAGAZINE81476_F02

フルラ
エッジの利いたデザインにより、世界のファッショニスタから高い支持を得るイタリアのフルラ。その最新作はブリーフ、ショルダー、リュックに変形する3ウェイ型。極めて実用的でありながら、滑らかなカーフレザーを用いエッジやジップにビビッドカラーをあしらうなど、品よくモードなしゃれ感を楽しめる仕上がり。トレンドに敏感な自転車通勤者や常に携帯電話が手放せない人は、ぜひこんなバッグを手にしてほしい。ストレスフリーかつ個性豊かな通勤スタイルが構築できる。(H28×W42×D8㎝)¥112,000(フルラ ジャパン 0120-951-673)

051217_AERA-STYLE-MAGAZINE81467_F02

フェリージ
ナイロンとレザーのコンビバッグで一世を風靡(ふうび)したイタリアのフェリージ。今季新登場となるトートバッグは、ラグジュアリーな素材使いで話題をさらったオールレザーモデル。ヨーロッパの名門タンナーが手がける極上のカーフを、新規に採用しているのがポイントだ。ピッグスエードの内装と相まって、ラグジュアリーな雰囲気が匂い立つ仕上がり。開口部の両脇にはスナップボタンが配しており、気分によってボディーの形状に変化がつけられる趣向。女性との共用も可能なユニセックス型。(H32×W43×D18㎝)¥138,000(フェリージ 青山店 03-3498-6912)

掲載した商品はすべて税抜き価格になります。

←<Vol.3はこちら>

Photograph: Fumito Shibasaki(DONNA)
Styling: Takahisa Igarashi
Text: Tsuyoshi Hasegawa(04)

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で<br>マッチが“昭和”にタイムスリップ!? <br>マッチと町中華。【第13回】

    笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で
    マッチが“昭和”にタイムスリップ!?
    マッチと町中華。【第13回】

    週末の過ごし方

    2024.04.26

  2. 俳優・町田啓太と考える、装う美学。<br>心を解き放つ、「皐月」のスーツ。<br>【第二期】

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    心を解き放つ、「皐月」のスーツ。
    【第二期】

    週末の過ごし方

    2024.05.17

  3. 時を駆けて、クラシックを知る。<br>─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    時を駆けて、クラシックを知る。
    ─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    特別インタビュー

    2024.05.10

  4. 水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】<br>─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】
    ─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    特別インタビュー

    2024.05.09

  5. ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、<br>トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは? <br>ファッショントレンドスナップ199

    ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、
    トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは?
    ファッショントレンドスナップ199

    カジュアルウェア

    2024.05.14

紳士の雑学