旅と暮らし

メルセデス・ベンツCクラス カブリオレは高級なだけのオープンか?

2017.08.31

写真・図版

先日、久しぶりにメルセデス・ベンツのシートに座った。まずは知人のドライブするW212型(先代)Eクラス・セダンの助手席に、そして2度目は、わけあってその知人から数週間ほど借り受けることになったS210型(3世代前の)Eクラス・ワゴンのドライバーズシートにだ。

一貫した印象は「やはりメルセデスはいい」と思える魅力に満ちていることだった。後者のS210型においては新車からすでに15年もの時が過ぎ、走行距離は12万km超に達する。しかし、今なお、色あせないよさにあふれている。

写真・図版

日々の足としてメルセデスにじっくり乗るのは、新車を乗り継いだ自身の3台、合わせて12年間の年月以来だが、飽きのこないデザインの確かさ、次もメルセデスを選びたいと思わせるしつらえや快適性など、そのよさを挙げたらきりがない。

写真・図版

「最善か無か」(Das Beste oder nichts.)とは、創業者のひとりゴットリープ・ダイムラーの言葉である。妥協のない設計姿勢が表れた言葉で「世界最高に意味があり、最高でないものは不要だ」という意味合いだと筆者は解釈しているが、メルセデスの各モデルにおいて、作りのよさ、仕立ての見事さ、安全性の揺るぎなさ、走りの安定性などすべてに、その孤高の精神が貫かれている。

写真・図版

日本における現在のメルセデス・ベンツは、SUVモデルが多数ラインアップに加わり、その一方で、クーペモデルが続々と新型へと切り替わっている。そしてそのS、E、Cの各クラスのクーペそれぞれをベースにするカブリオレを用意する。最も買いやすい価格レンジから用意されるCクラスのカブリオレは、C180カブリオレ スポーツ、AMG C43 4マティック カブリオレ、AMG C63 Sカブリオレの3タイプ。3車のうち2タイプは走行性能を極めたAMGとなる。

写真・図版

ソフトトップは、センターコンソールのスイッチひとつで、約50km/hまでの車速であれば、走りながら約20秒でオープンおよびクローズが可能だ。4シーターだから、日常の足にも使える実用性を備える。もちろん、助手席にゲストを招いても、ひとりで流すクルーズでも、メルセデス・ベンツ全モデルに共通する魅力に包まれる時間となる。

ただ、メルセデスを選ぶには、覚悟が必要だ。それは、一度、乗ると次もメルセデスを選びたくなる魔法が、簡単には解けないからだ。

※写真は、実際の日本導入モデルと仕様が異なります(日本未導入モデルを含みます)。

※価格はすべて税込みです。

<データ>
車名:メルセデスAMG C43 4マティック カブリオレ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4705×1810×1410mm ホイールベース:2840mm 駆動方式:4WD エンジン:3リッターV6DOHC24Vツインターボ トランスミッション:9速AT エンジン最高出力:270ps(367kW)/5500~6000rpm エンジン最大トルク:53.0kg-m(520N-m)/2000~4200rpm タイヤ:前225/40R19、後255/35R19 車両本体価格(税込み):¥9,780,000 メルセデスコール 0120-190-610
https://www.mercedes-benz.co.jp

Text:Haruhiko Ito(office cars)
Photograph:Daimler AG

SHARE

写真・図版

メルセデス・ベンツCクラス カブリオレは高級なだけのオープンか?

シェアする
Hatena Bookmark

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッション トレンド スナップ8「イタリアでアメカジが流行中!?」

    旬のおすすめ

    2017.08.28

  2. 写真・図版

    メルセデス・ベンツCクラス カブリオレは高級なだけのオープンか?

    旅と暮らし

    2017.08.31

  3. 写真・図版

    大人の余裕を感じさせる色気のあるドライブスタイル

    旬のおすすめ

    2017.09.15

  4. 写真・図版

    同僚からの信頼を獲得する有能なVゾーン

    紳士の雑学

    2017.09.12

  5. 写真・図版

    『スター・ウォーズ』ファン注目! 人気キャラクターのクリスタル・オブジェが登場

    旬のおすすめ

    2017.09.13

紳士の雑学

調べ・見立て