美しい時計

高級時計の最高峰「グランドセイコー」をそろえたセイコーの旗艦店、
ロンドンにオープン!

2017.09.13

写真・図版

高級デパート「ハロッズ」の並び、ブロンプトン通りにロンドン初のセイコー直営店がオープン。高級ブランド「グランドセイコー」の世界最大級の品ぞろえを誇る同店には、世界に8本しかないという、クレドールのFUGAKU(5,000万)も展示。ヨーロッパの拠点として重要視されている。

日本の大手時計メーカー、セイコーウオッチのモノづくりの理念やブランド哲学、矜持などが体現されているハイエンド・ブランド「グランドセイコー」。同社はこの3月、「グランドセイコー」を個別ブランド化し、文字盤の12時位置に「SEIKO」ではなく「Grand Seiko」のロゴを冠した。グローバルな市場拡大を視野に入れた、「グランドセイコー」の新たな戦略を象徴する大きな決断であり、世界の時計業界関係者から大きな注目を集めている。さらにその一環として、この8月、老舗デパート「ハロッズ」や高級ブティックが軒を連ねるナイツブリッジ地区に、ロンドン初の路面店「セイコーブティック ロンドン」をオープン。8月10日には、在英日本大使夫妻や世界各国からのジャーナリストが顔をそろえた、同店のローンチ・レセプションが華やかに開催された。

写真・図版
グランドセイコーのブランドカラーであり、日本の伝統色の「紺色」がひときわ目を引くエレガントな店内。藍染のなかで最も濃く、染めに手間がかかる「紺色」を、職人の手仕事が生み出すグランドセイコーに重ねているという。

セイコーはグローバル戦略として、セイコーのみを取扱う専門店「セイコーブティック」の第一号店を2004年にパリにオープン。その後、アムステルダム、ニューヨーク、フランクフルトなどで世界展開を図り、ロンドン店は77店舗目。高級感のある日本の伝統色「紺色」を基調にしたコンテンポラリーな店内には、アストロンや海外で多くのファンを抱えるダイバーズウオッチ、また昨年から海外展開を開始したプレザージュなどの商品約200点が一堂に会する。全アイテムのうち3分の1はグランドセイコーが占め、これは世界最大級の品ぞろえだとのこと。

写真・図版
「店の奥にグランドセイコーに特化した、ショップ・イン・ショップが設けられています。世界中から訪れるセイコーのファンの方々、時計ジャーナリストやウオッチコレクターの皆様からのご意見やご提案をいただく場として活用していきたい」とセイコーの高橋社長。

日本から、直営店のオープニングに駆けつけた同社社長の高橋修司氏は、「ロンドンはプレステージが高く、世界中から富裕層が集まるインターナショナルな市場です。この店舗を旗艦店として、“グランドセイコー”を世界に向けて発信していきたい。特に、時計の本場であるここヨーロッパにおいて、ジャパン・クオリティーを極めた同ブランドをアピールしたい」と語る。
スイスのブランドは、製品の開発や製造の一部を外部企業に発注して製品化する“水平分業”が一般的。一方グランドセイコーは、ムーブメントの設計から開発、製造、組立、調整、検査、出荷までを自社ですべて担う 「マニュファクチュール」ブランドだ。アメリカを拠点とする権威ある時計雑誌「リボリューション」の編集長、キース ・W・ストランドバーグ氏は、「私は日本に2度赴き、実際に“マニファクチュール”を目の当たりにしてきました。“グランドセイコー”のクオリティーは実に素晴らしい」と話す。錚々(そうそう)たる時計ジャーナリストたちをうならせる、世界最先端の技術と匠の技、 時計づくりへのパッションが見事に融合するグランドセイコー。ヨーロッパをはじめ、グローバルに展開する同社の挑戦に、今後も目が離せない。

掲載した商品はすべて税抜き価格になります。

PhotographKumi Saito
TextYuka Hasegawa

SHARE

写真・図版

高級時計の最高峰「グランドセイコー」をそろえたセイコーの旗艦店、
ロンドンにオープン!

シェアする
Hatena Bookmark

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ダウンベストを着こなすときに気にするべき2つのポイント。

    旬のおすすめ

    2017.11.02

  2. 写真・図版

    名物ぞろい! 昭和のパワーランチを生んだ〝街の中華店〞
    [部長の名店]

    旅と暮らし

    2017.11.14

  3. 写真・図版

    アウトドアウエアを街着としてアップデートする方法

    旬のおすすめ

    2017.11.17

  4. 写真・図版

    なぜBMWには「走りがいい」という形容が使われつづけるのか?

    旅と暮らし

    2017.08.08

  5. 写真・図版

    ラルフ ローレンで、これが欲しい。
    パッチワーク「風」が小粋なカシミヤジャケット

    旬のおすすめ

    2017.11.15

紳士の雑学

調べ・見立て