旅と暮らし

東京を代表する江戸前天麩羅の老舗
風格ある店構えもごちそう
[部長の名店]

2018.01.16

東京を代表する江戸前天麩羅の老舗<br>風格ある店構えもごちそう<br>[部長の名店]
天麩羅を揚げるには高めの180˚Cで素材によって揚げ加減を変える。写真は『小巻エビと青柳の小柱と三つ葉のかき揚げ』と『ししとうの天麩羅』。ししとうの中には小巻エビしんじょうが詰められている。夜は12品のAコース(9720円)と15品の特コース(1万2960円)の2コース。昼は6450円、9720円、1万2960円の3コース。追加注文可。

さまざまな企業で働く部長たちに聞いた「名店」をご紹介します。

創業132年。初代が屋台を引いた天麩羅屋は、明治40年に日本橋に店を構え、昭和22年に現在も続く風情ある建物となった。暖簾をくぐる瞬間から、これから始まる充実した時間を確信できる。

400_MST4588

天麩羅を揚げていたのは4代目。初代から続く江戸前の天麩羅にこだわる。旬の素材をごま油で丁寧に揚げるのが江戸前だ。創業以来、白ごまを炒って搾ったものを使用しているという。カウンターから店主の手元をのぞけば、真っ黒な油。香ばしい香りが店内に広がり、それが素材を引き立てる。なるほど、江戸の人々がごま油を好んだのは、この油切れのよさからか、と納得できる。選び抜かれた素材を殺さない、胃にもたれない天麩羅だ。

1050_MST4576

少人数ならカウンターを。調理する音、油の香りをじかに感じるぜいたくはもちろん、天麩羅を揚げる様を見ているだけで特別感がつのる。ハレ感のある会や接待なら、8名まで利用可能の座敷を。名店リストに老舗があれば、自らの格が上がる気がする。

Photograph:Reiko Masutani
Text:Sachiko Ikeno

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で<br>マッチが“昭和”にタイムスリップ!? <br>マッチと町中華。【第13回】

    笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で
    マッチが“昭和”にタイムスリップ!?
    マッチと町中華。【第13回】

    週末の過ごし方

    2024.04.26

  2. 俳優・町田啓太と考える、装う美学。<br>心を解き放つ、「皐月」のスーツ。<br>【第二期】

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    心を解き放つ、「皐月」のスーツ。
    【第二期】

    週末の過ごし方

    2024.05.17

  3. 時を駆けて、クラシックを知る。<br>─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    時を駆けて、クラシックを知る。
    ─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    特別インタビュー

    2024.05.10

  4. 水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】<br>─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】
    ─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    特別インタビュー

    2024.05.09

  5. ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、<br>トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは? <br>ファッショントレンドスナップ199

    ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、
    トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは?
    ファッショントレンドスナップ199

    カジュアルウェア

    2024.05.14

紳士の雑学