旅と暮らし

東京を代表する江戸前天麩羅の老舗
風格ある店構えもごちそう
[部長の名店]

2018.01.16

写真・図版
天麩羅を揚げるには高めの180˚Cで素材によって揚げ加減を変える。写真は『小巻エビと青柳の小柱と三つ葉のかき揚げ』と『ししとうの天麩羅』。ししとうの中には小巻エビしんじょうが詰められている。夜は12品のAコース(9720円)と15品の特コース(1万2960円)の2コース。昼は6450円、9720円、1万2960円の3コース。追加注文可。

さまざまな企業で働く部長たちに聞いた「名店」をご紹介します。

創業132年。初代が屋台を引いた天麩羅屋は、明治40年に日本橋に店を構え、昭和22年に現在も続く風情ある建物となった。暖簾をくぐる瞬間から、これから始まる充実した時間を確信できる。

写真・図版

天麩羅を揚げていたのは4代目。初代から続く江戸前の天麩羅にこだわる。旬の素材をごま油で丁寧に揚げるのが江戸前だ。創業以来、白ごまを炒って搾ったものを使用しているという。カウンターから店主の手元をのぞけば、真っ黒な油。香ばしい香りが店内に広がり、それが素材を引き立てる。なるほど、江戸の人々がごま油を好んだのは、この油切れのよさからか、と納得できる。選び抜かれた素材を殺さない、胃にもたれない天麩羅だ。

写真・図版

少人数ならカウンターを。調理する音、油の香りをじかに感じるぜいたくはもちろん、天麩羅を揚げる様を見ているだけで特別感がつのる。ハレ感のある会や接待なら、8名まで利用可能の座敷を。名店リストに老舗があれば、自らの格が上がる気がする。

Photograph:Reiko Masutani
Text:Sachiko Ikeno

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    いまっぽい親近感を生む汎用性の高いデザイン。
    [働くバッグの新定番。]トートバッグ編

    旬のおすすめ

    2020.05.26

  2. 写真・図版

    アニエスベーは大人の階段だった。
    [渋谷直角 男が憧れる、男の持ち物。]

    紳士の雑学

    2020.05.27

  3. 写真・図版

    サーフィンがコンセプト
    MINIの限定車は、シティ派にも似合うのか?

    旅と暮らし

    2020.05.29

  4. 写真・図版

    絶対に泊まりたいホテルと食したいグルメ
    西オーストラリアの魅力を探る旅<1>

    旅と暮らし

    2020.05.29

  5. 写真・図版

    欧州料理と豊富なワインで
    上質な時間を演出できる名店[部長の名店]
    ローディ

    旅と暮らし

    2020.05.27

紳士の雑学

調べ・見立て

迷ったら聞く。
ASM webは
チャットを装備!

気になるアイテムがあれば、すぐにチャットで相談。着こなしに迷ったら、すぐにチャットで相談。
ギフトで購入するものに迷ったらチャットで相談。簡単な会員登録で、店舗のお調べや予約もできます!
※14時~20時の間はチャットコンシェルジュがお待ちしております。

特典

着こなしで困らない!
有人のチャットに相談

どう着る?何を買う?
着こなしコンシェルジュが回答します

特典

買い物で困らない!
取り置き&予約が可能

購入を検討したい店舗への
訪店予約が可能!(一部ブランドのみ)
※取り置き&予約サービス利用には
会員登録が必要となります。

特典

ギフト選びで困らない!
チャットで良品をお見立て

あの人に贈るには、何がいい?
そんなときにはチャットで相談

close