旬のおすすめ

人気MA-1を品よくスマートに着こなす方法

2018.02.23

まだまだ寒さは和らぐことはなさそうだが、そろそろ春という季節に気分を向けて準備を進めたいところ。昨今のファッションシーンをにぎわす“ゆるさ”をまとった着こなしは、今シーズンも継続してトレンド傾向にある。そこに大人っぽさを加えた週末のカジュアルスタイルをここで紹介。

先週に引き続き、今週の主役もトップス。今季も継続して人気のMA-1を使用したコーディネートを披露する。

写真・図版
MA-1ブルゾン¥17,000(ビーミング by ビームス/ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ 048-788-1130)、ニット¥44,000(ストーンアイランド/トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567)、ジーンズ¥53,000(ヤコブ コーエン/ヤコブ コーエン GINZA SIX 03-3572-0017)、サングラス¥34,000(GLCO/ブリンク外苑前 03-5775-7525)、シューズ¥73,000(パラブーツ/パラブーツ青山店 03-5766-6688)

ワイドなものを選んでしまうと、着こなしのやぼったさが強調されてしまうため得策とは言えない。逆にタイトでスマートなシルエットのパンツを合わせることで、トップスとボトムのコントラストがつき、バランス良く着こなすことができる。ミリタリー由来のカジュアルなアイテムなので、ボトムもデニムでラフに合わせるのがセオリーだ。

写真・図版

今回のポイントはカラーリングにある。MA-1といえば、オリーブなどの色が主流だが、それをそのまま着てしまうと洗練性に欠ける。今回のスタイリングのように、ブラックのアイテムを合わせれば、アメカジ色の強いアイテムでも都会的に着こなせる。それに伴って、インナーやシューズをブラックやブルー系で統一することで、スタイリングに堅さが生まれ、カジュアルなアイテムでも品のあるスタイルをつくることができる。

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

Photograph:Sunao Ohmori (TABLE ROCK.INC)
Styling: Masahiro Tochigi (QUILT)
Text:Yuichiro Tsuji

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ザ・ノース・フェイスのリュック
    自転車通勤にうれしいスペックが満載。

    旬のおすすめ

    2018.05.17

  2. 写真・図版

    スーツにハイソックスを履いていないことは恥であると知るべし
    [男の服飾モノ語り]

    紳士の雑学

    2017.12.01

  3. 写真・図版

    シャツやスーツの「シワ問題」。
    衣類スチーマーが解決するか?

    旅と暮らし

    2018.06.12

  4. 写真・図版

    ミーティングを兼ねた会食に最適のホテルダイナー
    [状況別、相手の心をつかむサクセスレストラン Vol.05]

    旅と暮らし

    2018.06.12

  5. 写真・図版

    ニューヨーク発「ベンジャミン ステーキハウス」が日本初上陸!

    旅と暮らし

    2017.07.07

紳士の雑学

調べ・見立て