旅と暮らし

西郷どんが見つめる上野。近代建築を巡る大人散歩
その① 国立科学博物館

2018.04.12

写真・図版

突然、主人公が未来や過去へとタイムスリップ。洋画、邦画を問わず、時間旅行を用いた映画作品は多い。京都など歴史ある寺社が並ぶ観光スポットの散策も、過去へタイムスリップした気分を楽しめるものだ。

時間や時代を飛び越えるタイムトラベル的な散歩を楽しめる場所は少なくないが、東京の真ん中にも主人公になって訪れてみたい場所がある。

それが、上野公園と言ったら意外かもしれない。上野公園と言えば、西郷隆盛像、パンダ、花見のイメージが強い。しかし、明治から昭和にかけて日本が歩んだ近代化の薫りを楽しめる建築物が多く、当時の姿をいまに伝えている。

今回、国立科学博物館、東京国立博物館、国際子ども図書館を巡る時間旅行に出発することにした。

写真・図版

倒幕・維新の立役者のひとりであり、日本を近代化へ導く礎の一翼を担った西郷隆盛。その像をあとにして、都会の喧騒を忘れ、広大な公園ならではの空の広さを感じながら歩いていくと、国立西洋美術館の先に、国立科学博物館の美しい日本館(旧本館)が見えてくる。

文部省の設計によりネオ・ルネサンス様式を基調にして、1931年(昭和6年)に竣工。重厚な建物であるこの国立科学博物館の日本館は、2008年(平成20年)、国の重要文化財に指定された。

写真・図版
写真・図版

館内で中央ホールを見上げれば、その美しさに、つい感嘆の声をもらしてしまう。その天井を目指して上層へ。大理石やタイルを用いた階段部分も当時の面影を残す。

3階まで訪れれば、漆喰(しっくい)による天井の装飾に加え、四方に配置されたステンドグラスにも目を奪われる。

陽光が、鳳凰をモチーフにしたステンドグラスを通り抜けて、やわらかに、ブルー、グリーン、レッドの色彩をまとう。それが白さ際立つ漆喰の装飾と組み合わされ、往時へのタイムスリップに誘ってくれる。この悦楽は、国立科学博物館での密かな楽しみになるはずだ。

写真・図版
写真・図版
写真・図版

国立科学博物館の日本館を上空から見ると当時最先端の科学技術の象徴だった飛行機の形をしているという。正面の秀逸な建築を愛(め)でてから館内に入るのもいい。館内を楽しんでから、外観を愛でるのもいい。

ディテールを含め、当時の建築の巧みさに感服するのは、大人ならではの楽しみにほかならない。

<訪れた場所>
国立科学博物館
自然史・科学技術史に関する国立の唯一の総合科学博物館。1877年(明治10年)の創立で、日本で最も歴史のある博物館のひとつ。創立当初は同じ上野公園のエリアながら東京芸術大学の位置にあったが、1889年(明治22年)に湯島に移転。1923年(大正12年)の関東大震災により、施設、標本のすべてを消失。1931年(昭和6年)、現在の地に。いまでは、日本館のほか2004年(平成16年)にグランドオープンした地球館があり、膨大な数の展示物がある。常設展のほか、特別展や企画展も催され、訪れるたび、そのすごさに驚かされる。

開館時間:9:0017:00、金曜日・土曜日9:0020:00(入館は各曜日とも閉館30分前まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、年末年始
夏季およびゴールデンウイーク期間中や特別展開催中は、開館時間・休館日が変更になることがあります。
入館料:一般620円(65歳以上と小・中・高校生は無料)
東京都台東区上野公園7-20 03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://www.kahaku.go.jp

サファリジャケット¥98,000/シーラップ、スカーフ¥9,000/ジエレ、パンツ¥39,000/ザネッラ(すべてSDI 03-6721-1070)、バンドカラーシャツ¥30,000(サルバートレ ピッコロ/トゥモローランド丸の内店 03-5220-2391)、シューズ¥108,500/サントーニ(リエート 03-5413-5333)、カメラ本体¥340,000、レンズ¥145,000/ともにライカ(ライカサポートセンター 0120-03-5508

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

その②はこちら>>

Photograph:Hiroyuki Matsuzaki(INTO THE LIGHT)
Styling:Tomohiro Saitoh(GLOVE)
Hair & Make-up:Ryo(COME HAIR)
Edit & Text:Haruhiko Ito(office cars)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    女優・浜辺美波、相手を思うキモチ【前編】
    [MUSE]

    旅と暮らし

    2018.06.26

  2. 写真・図版

    誰もが魅了される9頭身のヘルシーボディー、朝比奈 彩

    旅と暮らし

    2017.06.27

  3. 写真・図版

    ザ・ノース・フェイスのリュック
    自転車通勤にうれしいスペックが満載。

    旬のおすすめ

    2018.05.17

  4. 写真・図版

    スーツにハイソックスを履いていないことは恥であると知るべし
    [男の服飾モノ語り]

    紳士の雑学

    2017.12.01

  5. 写真・図版

    一度着ればやみつきになる極上VネックTシャツ

    旬のおすすめ

    2018.06.27

紳士の雑学

調べ・見立て