旅と暮らし

料理も空間も過ごす時間もアートそのもの
とっておきの夜に選びたい店
[部長の名店]

2018.04.12

写真・図版
コースならストーリーを感じながら料理を楽しめる。うれしいのはおひとり様セットがあること。小皿4品と雑炊で締めるセットは3000円。また、料理に合わせて楽しむお酒も豊富。なかでも日本酒。酸が低く甘みの高い春、すっきりキレのいい夏、豊穣な秋、フレッシュな冬、と日本酒にも旬があることを意識して取りそろえている。スタッフと相談しながら選ぶべし。

接待、歓送迎会、家族の記念日に使うハレの店なら、部長に聞こう。今日は自分においしいランチを奢(おご)りたい、そんな日も部長に聞こう。そっと会社の近くのいい店を教えてくれるはずだから。

さまざまな企業で働く部長たちに聞いた「名店」をご紹介します。

暖簾をくぐると、ネオジャパネスクの世界が広がる。古くから名店が多いと言われる南青山のビルの地下1階、「アートのなかで食事する」というコンセプトのもとオープンして足掛け7年が過ぎた。店名の『東京十月』は、開業月から。加えて、東京で興味深い多くのアートイベントが開催される月だから。アートを楽しむ感覚で店をのぞいてほしいというオーナーの気持ちが込められている。

写真・図版

その思いのとおり、器はパリのブランド〝アスティエ・ド・ヴィラッド〞。店中央にある大テーブルは、彫刻家〝アンテ・ヴォルジュノヴィック〞の作品。テーブル中央にある水のスペースが店の空気を彩る。水を眺めながらの食事はなぜか落ち着く。店にあふれるアートは、共に過ごす人との会話の糸口にもなるだろう。

写真・図版

料理は美しい創作和食。アラカルトもいいが、コース(写真・7000円)がおすすめ。部長は「大人の空間が落ち着く」とのこと。推薦の弁どおり、印象深い夜を演出できること間違いなしの店だ。

<<東京フードカルチャーを牽引する人気店でリゾート気分のランチ

  日本の中華料理を牽引しつづける老舗中華の名店>>

Photograph:Reiko Masutani
Text: Sachiko Ikeno

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    1億円のコラボ作品も⋯⋯
    多才なアーティスト・三浦大地、
    自身初の個展を伊勢丹新宿店で開催中。

    特別インタビュー

    2022.07.29

  2. 写真・図版

    『TIME』誌で“世界一快適な靴”と称された、
    オールバーズのスニーカー

    2022.08.01

  3. 写真・図版

    井桁弘恵さんと巡る、TOKYO写真探訪。
    第3回 ライカ銀座店

    週末の過ごし方

    2022.08.03

  4. 写真・図版

    天然成分で染め上げた優しい色合いが目を引く、
    コンバース オールスター

    2022.07.28

  5. 写真・図版

    「帝国ホテル」の黒毛和牛のローストビーフ
    自慢の手土産 #93

    週末の過ごし方

    2022.07.26

紳士の雑学