旬のおすすめ

子どもっぽく映らない、大人のベースボールキャップ

2018.07.04

写真・図版

もはやその線引きは不要と思えるほど、シームレスにつながった感のあるストリートとラグジュアリー。多くのハイブランドからストリートファッションの象徴とも言えるキャップがリリースされている。ただ選択肢が増える分、普遍的なアイテムだけにデザインや素材にこだわった品を選ぶことで、大人としての違いを演出したいもの。あえて、かぶり方やコーディネートを深く考える必要はない。いつものスタイルにひとつ採り入れるだけで、グッと“いま”っぽく見えるはずだから。

写真・図版

写真左から>>
1/細畝(ほそうね)のコーデュロイにカモフラ柄を合わせてもアメカジライクに見えないのは、上品なロゴ使いによるところが大きい。バックストラップには、トリコロールカラーをあしらうエスプリをひとさじ。 ¥39,000/モンクレール(モンクレール ジャパン 03-3486-2110

2/クラシカルな6パネルのキャップ。ワインレッドとブラックのシックなカラーリングも絶妙だが、刺繍(ししゅう)とプリントを組み合わせたロゴや、つばのステッチのアレンジなど、細部に至るまで芸が細かい。 ¥10,400/アルマーニ エクスチェンジ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070

3/グッチ特製のヤンキースキャップと聞けば、それだけでも心が躍る。さらにサイドにはバタフライのアップリケとブランドロゴを素朴な刺繍であしらうなど、ユーモア漂うバランス感覚が秀逸。 ¥47,000/グッチ(グッチ ジャパン カスタマーサービス 0120-88-1921

4/ポップアートをほうふつさせる色鮮やかな柄は、ブランドが有するさまざまなアーカイブロゴとグラフィティを組み合わせたもの。浅めのかぶりと長いつばのバランスは、絶妙としか言いようがない。 ¥40,000(予定価格)/バーバリー(バーバリー・ジャパン 0066-33-812819

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

<<特別なギフトにも。エルメスのハンカチボックス

  雨の日が待ち遠しい理由は、ハンターのレインウエアがあるから>>

Photograph:Yoshinori Eto
Styling:Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Text:Tetsuya Sato

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    できるビジネスマンがクォーツ式時計を選ぶべき理由

    紳士の雑学

    2019.09.12

  2. 写真・図版

    アンダー5万円で手にする堅実なる靴

    旬のおすすめ

    2019.09.12

  3. 写真・図版

    手巻き? 自動巻き?
    機械式時計の仕組みと魅力を徹底解説!

    紳士の雑学

    2019.09.10

  4. 写真・図版

    田中 圭と海。

    旬のおすすめ

    2019.09.13

  5. 写真・図版

    トマトとパセリのソースで味わうラムチョップのソテー
    [長尾智子 料理の歳時記]

    旅と暮らし

    2019.09.12

紳士の雑学

調べ・見立て

迷ったら聞く。
ASM webは
チャットを装備!

気になるアイテムがあれば、すぐにチャットで相談。着こなしに迷ったら、すぐにチャットで相談。
ギフトで購入するものに迷ったらチャットで相談。簡単な会員登録で、店舗のお調べや予約もできます!
※14時~20時の間はチャットコンシェルジュがお待ちしております。

特典

着こなしで困らない!
有人のチャットに相談

どう着る?何を買う?
着こなしコンシェルジュが回答します

特典

買い物で困らない!
取り置き&予約が可能

購入を検討したい店舗への
訪店予約が可能!(一部ブランドのみ)
※取り置き&予約サービス利用には
会員登録が必要となります。

特典

ギフト選びで困らない!
チャットで良品をお見立て

あの人に贈るには、何がいい?
そんなときにはチャットで相談

close