旬のおすすめ

買い物はリネンシャツとスカーフのコンビが鬼に金棒

2018.07.20

夏本番、ギラギラと強い日差しが降り注ぐ熱い季節がやって来た。Tシャツに短パンで外へ出たいところだが、大人たるもの、夏のさまざまな場面に合わせてコーディネートを彩りたい。ということで、シーン別にスタイルを切り取った夏のスタイルを紹介しよう。

ショップでのセールが終わり、季節を先取りする人はすでに店頭に並ぶ秋冬のアイテムをチェックしている時期。ショッピングに繰り出すときこそ、おしゃれをして街に繰り出したいものだ。

写真・図版
リネンシャツ¥22,000(バグッタ)、スエードシューズ¥46,000(ソロヴィエール/ともにトゥモローランド 0120-983-522)ジーンズ¥32,000(フエテネ/ティンク 06-4704-2525)スカーフ¥9,500(フェアファクス/フェアファクスコレクティブ 03-3497-1281)腰に巻いたニット¥23,000(アンドレア フェンツィ/コロネット 03-5216-6521

リネンのシャツは蒸し暑い日本の夏に最適のアイテム。通気性がよく涼しいうえに、ドライな風合いが季節感を演出する。長袖であればショップでジャケットをはおる際もコーディネートがイメージしやすくなる。ボトムは主張を抑え、デニムでノーマルな組み合わせにするのが望ましいが、それだけでは物足りないので腰にニットを巻いてアクセントをつくるとバランスが取りやすい。足元は素足で履けるフラットシューズで、上品すぎずカジュアルすぎない適度なラフさを表現。

写真・図版

ポイントは首まわりにある。リネンシャツはどこかエレガントな印象があるため、前を開きすぎると軟派なイメージになってしまう。それを回避するのに有効なのがスカーフ。軽薄さが軽減されるうえに、コーディネートが上品に仕上がる。暗いトーンのアイテムを巻くと全体的に重たい印象になってしまうので、全体のバランスを見ながら夏らしい軽快なスタイルになるように意識することが大切だ。

掲載した商品はすべて税抜き価格です

<<夏のディナーシーンの着こなしは、軽さと華やかさがポイント

街着としても活躍するスイムウエアの着こなし方>>

Photograph : Sunao Ohmori (TABLE ROCK.INC)
Styling : Masahiro Tochigi (QUILT)
Text : Yuichiro Tsuji

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    耐久性に優れたナイロンを使用。
    ブリーフィングから
    防水仕様の新型バックパックが登場。

    バッグ

    2020.07.10

  2. 写真・図版

    「タケオキクチ」が考える、これからの仕事着。

    特別インタビュー

    2020.07.07

  3. 写真・図版

    牡牛座“ニューノーマル”と生きる
    財力開運アカデミー2020<下半期>

    週末の過ごし方

    2020.06.29

  4. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ73
    ちょっとしたお出掛けに役に立つミニショルダー
    英米の2強ブランドのいち押しはこれ!!

    カジュアルウェア

    2020.07.08

  5. 写真・図版

    天国の名にふさわしい楽園「ハレクラニ沖縄」
    特別宿泊プランの受け付けがスタート

    週末の過ごし方

    2020.07.08

紳士の雑学

調べ・見立て

迷ったら聞く。
ASM webは
チャットを装備!

気になるアイテムがあれば、すぐにチャットで相談。着こなしに迷ったら、すぐにチャットで相談。
ギフトで購入するものに迷ったらチャットで相談。簡単な会員登録で、店舗のお調べや予約もできます!
※14時~20時の間はチャットコンシェルジュがお待ちしております。

特典

着こなしで困らない!
有人のチャットに相談

どう着る?何を買う?
着こなしコンシェルジュが回答します

特典

買い物で困らない!
取り置き&予約が可能

購入を検討したい店舗への
訪店予約が可能!(一部ブランドのみ)
※取り置き&予約サービス利用には
会員登録が必要となります。

特典

ギフト選びで困らない!
チャットで良品をお見立て

あの人に贈るには、何がいい?
そんなときにはチャットで相談

close