美しい時計

イタリアを代表するウォッチブランド
ユーボートが日本再上陸!

2018.08.07

写真・図版

1942年、精密機械技師であるイルボ・フォンタナが、イタリア海軍のためにデザインした時計がある。しかし、その時計は戦局の悪化が原因で、結局生産されることはなく、最後まで日の目を見ることはなかった。

だが、この時計を復活させた男がいた。それがイルボ・フォンタナの孫であり、「ユーボート」の創設者であるイタロ・フォンタナだ。彼はこのデザインにインスパイアを受け、「ユーボート」の始まりとなる時計を製作。以降、ユーボートは次々に印象的かつユニークなモデルを作り、世に送り出してきた。左に位置した大型のリュウズは、いまやブランドを象徴するデザインといってもいいだろう。

写真・図版
クラシコ チタニウム/タングステン スケルトン
Ref.8060 (限定299本)、ムーブメント:自動巻きクロノグラフ、ケース:チタニウム 直径45mm、¥880,000(税抜価格)

そして今年の4月、ユーロパッション株式会社が、ユーボートの日本総代理店業務を再開。それに伴い、直営店並びに有名百貨店、時計専門店で手にすることができるようになった。“伝説”と呼ぶにふさわしい時計に注目してほしい。

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

問/ユーロパッション株式会社 03-5295-0411
http://www.europassion.co.jp/u-boat/

Text:AERA STYLE MAGAZINE

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    SIHH2019 ジュネーブサロン・リポート
    IWC

    美しい時計

    2019.02.15

  2. 写真・図版

    コーチの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.29

  3. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ36
    スーツの着こなしに異変あり!?
    ピッティもカジュアル化が止まらない!?

    旬のおすすめ

    2019.02.14

  4. 写真・図版

    フルラの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.28

  5. 写真・図版

    コクがあるのに爽やか、アンチョビとオリーブのとろとろマッシュポテト
    [長尾智子 料理の歳時記]

    旅と暮らし

    2019.02.14

紳士の雑学

調べ・見立て